峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 15日

瑞泉寺の太子堂

【青龍山 瑞泉寺】
f0191673_935021.jpg




 瑞泉寺(甲府市中央3-7-17)は浄土宗府中五ヶ寺(誓願寺、尊躰寺、教安寺、来迎寺)の一つとして知られた古寺であり、明応7年(1498年)に武田氏の加護のもと、運公上人が鎌倉にあった錦屏山瑞泉寺を古府中に移し造立したのが始まりであり、文禄2年(1593年)に現在の場所に移されたという。


【瑞泉寺境内の太子堂】
f0191673_913622.jpg




 瑞泉寺本堂に向かう参道左側に建設された太子堂完成時の集合記念写真である。
 写真の撮影時期の詳細は不明であるが、左側に写る煙突と周囲の建物は、大正15年5月に創業した雨宮製糸場(山田町50番地)と思われる。


【現在の太子堂】
f0191673_93698.jpg




 瑞泉寺の本堂、庫裏などの堂宇は昭和20年7月の甲府空襲で焼失している。
 太子堂は戦前期と同じ位置に再建されているが、後方にあった製糸場はすでになくなっている。
 後方に写る建物は、製糸場があった奥(西側)に数十年前に建設されたマンションである。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-04-15 11:40 | 寺院 | Comments(0)


<< 山梨高等工業学校 体育デー運動競技会      甲府城二の堀 (宝一丁目地内) >>