峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 08月 26日

亀甲橋

【亀甲橋】
f0191673_1342892.jpg


 山梨市の日下部地区と八幡地区を結ぶ道路中、笛吹川に架けられているのが亀甲橋である。
 現在の亀甲橋は三代目の橋梁として、長さ102.7m、幅員4.6mの三連アーチ橋として昭和8年10月に竣工、架橋されたものである。

【亀甲橋、日下部地区側の親柱】
f0191673_1355890.jpg



━差出之磯━
f0191673_13103144.jpg


 明治初年まで秩父往還は、上万力地区から差出の磯の裏を山越えして八幡地区に抜けていたため、この附近における経路は非常に不便な状態であったため、明治8年から翌年にかけて、差出の磯の切りさげ工事が行われた。
 この際、差出の磯から笛吹川をまたいで日下部地区に至る橋が建設され、長さ62間、幅員3間1尺5寸、総工費10,995円の木橋として、明治11年8月30日に竣工したのが、写真の初代亀甲橋である。

━(甲斐国) 差出の磯━
f0191673_13144980.jpg


  長さ61間、幅員2間のアーチ型木橋として明治44年4月3日に完成した2代目の亀甲橋である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-08-26 13:43 | | Comments(0)


<< 笹子隧道紀念碑      猿橋警察署庁舎 >>