峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 26日

釜右社

【釜右社】
f0191673_17233092.jpg

 釜右社(ふゆうしゃ)は明治13年11月11日に設立許可を得て、資本金5万円を以て明治14年1月5日から、巨摩郡藤田村藤田5番戸(後の中巨摩郡、現在の南アルプス市)に設立された銀行類似会社である。
 また、釜右社は、その資本金規模では北巨摩、中巨摩、南巨摩三郡の中では最大の銀行類似会社である。
 
 銀行類似会社は明治初期、金融機関の設立機運がの高まる中、銀行や金融会社の設立を出願する者が続出したというが、当時はこれらを監督規制する条例法規がなかったため、政府は公益を害さない限り人民相互の結約に任せて設立が認められた金融機関であり、為替、両替、貸付、預金の業務を営んでいた。
 なお、銀行類似会社は国立銀行条例の適用範囲外であったため、「銀行」の名称を用いることができず、一般には「銀行類似会社」と呼ばれていたという。

 


【釜右社申合規則】
f0191673_17233739.jpg

 明治26年12月、銀行条例施行に伴い、釜右社は資本金10万円の釜右株式会社に改組されている。
 明治37年に小林八右衛門が釜右株式会社の社長に就任した翌年、八右衛門は営業所を自宅(南巨摩郡増穂村舂米385番戸)へ移転し、同年3月15日に株式会社小林銀行と改称している。
 その後、小林銀行は昭和4年7月1日に富士井銀行、若松銀行の営業譲渡により小林富士井銀行に改称。昭和10年7月1日には小林富士井銀行と市川銀行、鳳嶺銀行、峡西銀行、秋山銀行の合同により山梨殖産銀行が設立。
 その後、昭和14年1月15日には有信銀行に買収され、同行は昭和16年に第十銀行と合併し山梨中央銀行となっている。












にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


# by kaz794889 | 2018-08-26 16:17 | 銀行 | Comments(0)
2018年 03月 17日

観光都市・甲府 駅前通り商店街の一角

【観光都市・甲府 駅前通り商店街の一角】
f0191673_11155107.jpg

 「観光都市・甲府 驛前通り商店街の一角」と表題のある昭和初期の絵葉書である。
 甲府駅前にあった、いわゆる三角地帯北側の田辺国産店等の土産物店である。三角地帯以外にも当時の甲府駅前に附近には水晶、印伝、葡萄などを中心とした土産物店が営業していた。
 左下は、昭和7年12月に開設された山梨電気鉄道(その後の、峡西電気鉄道、山梨交通)の甲府駅前に通じる軌道(昭和28年9月にルート変更)である。











【甲府市街中心部略図】
f0191673_11161328.jpg

 昭和初期の甲府市街中心部の略図である。
 青字の位置が上記の写真の場所であり、この一角がいわゆる三角地帯である。また、三角地帯の左に記されている線が山梨電気鉄道の軌道である。

 昭和20年7月の甲府空襲により、甲府駅本屋は焼失を免れたものの、駅前一帯は焼け野原と化している。
 終戦後の戦災復興に伴う甲府駅前の道路拡張等の整備に伴い、三角地帯は昭和26年の秋に撤去され、現在の甲府駅前の景観につながっている。
 










【現在の甲府駅前】
f0191673_11071939.jpg

 かつて三角地帯のあった位置の現状である。
 終戦後、整備が進められた甲府駅前であるが、平成25年11月に甲府駅南口の再整備事業が着工され、平成29年8月に再整備事業が概ね完了し、供用開始となっている。

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


# by kaz794889 | 2018-03-17 12:21 | 甲府市街点描 | Comments(0)
2018年 02月 18日

甲府市社会教育センター跡地の古塀

【甲府市社会教育センター跡地】
f0191673_12083594.jpg

 山梨県及び甲府市による「甲府城周辺地域活性化実施計画」に基づき、旧甲府税務署、甲府市社会教育センター跡地は歴史・文化ゾーンとして活性化されることとなり、甲府市社会教育センター跡地は当面の間、観光バス等の駐車場とされるようである。 

 昭和47年2月に完成し平成27年度末に閉鎖された甲府市社会教育センターは既に取り壊され、現在は更地となっている。
 かつて官有地であったというこの場所には、明治37年に甲府市紅梅町から移転した、山梨県内最初の幼稚園である進徳幼稚園が、湯村2丁目に移転する昭和40年までこの地に置かれ、その後、甲府市社会教育センターが建設されるまでは、移転前の進徳幼稚園の園舎をそのまま活用した甲府市立丸の内保育所が開設されていた。

 跡地の南側には、隣接地の境界として東西に古塀が建てられている。 
 写真中央の「青い○」で囲んだ位置にはレンガ風(正式な様式名があると思うが。)の塀が残されている。



【跡地から見えるレンガ風古塀】
f0191673_12100327.jpg

 前述のレンガ風の塀である。
 この場所が更地になる以前から、この塀の南側に続く面は見ることができたが、更地後は東西に続く面を見ることができるようになった。

 

















【レンガ風古塀】
f0191673_13294313.jpg

 既に塞がれているが、写真のとおり更地の南側隣接地から更地側に通じていたと思われる痕跡が認められる。




















【隣接地西側の古塀】
f0191673_12103290.jpg

 更地となる以前から見ることができた、隣接地西側の古塀である。























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


# by kaz794889 | 2018-02-18 14:01 | Comments(0)
2018年 01月 02日

海洲温泉旅館

【海洲温泉御案内】
f0191673_14475900.jpg

 海洲温泉は甲府市桜町68番地、現在の甲府市丸の内1-9-3の地で営業していた温泉旅館である。

※ 海洲温泉の歴史等は下記の記事を参照されたい。
 [小田切謙明と海洲温泉]http://kaz794889.exblog.jp/9781343/

 「海洲温泉御案内」には御客様方へとして『 当温泉
 は甲府市内に在って俗を離れ、皆様の御家庭の延長
 として御家族様御同伴、日曜日、大祭日定休日等一
 日の御保養によろしく、又永く御滞在の方々には真
 に「貴下」の御別荘として静かにお過ごしになれま
 す様設備がしてあります。』と、また設備として
 『普通温泉、内湯、温泉プールの三種が設備して有
 ります』と記されている。















【内湯旅館・海洲温泉 温泉場表入口】
f0191673_14475043.jpg

 昭和初期の海洲温泉本館前である。
 先頭の自動車左側の社殿が、明治21年9月に創建され明治33年にこの位置に遷座した、海洲温泉発見者、小田切謙明の生祠「海洲大権現」である。

















【現在の海洲温泉跡地】
f0191673_14484413.jpg

 現在は駐車場となっている海洲温泉跡地である。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


# by kaz794889 | 2018-01-02 23:35 | 旅館・ホテル | Comments(0)
2017年 12月 30日

100年前(大正6年)の歳暮大賣出し


【大正6年のお歳暮大売出し】
f0191673_17033136.jpg

 平成29年も残すところ本日を含め2日である。
 100年前の大正6年(1917年)、甲府市柳町の岡島呉服店(現在の岡島)が得意先に発出した「歳暮大賣出し」の案内である。
 案内に記載されている勅題、大正6年の歌会始の勅題は遠山雪であった。
 また、この年は、2月に甲府に初めて飛行機が飛来、4月に甲府城跡が村松甚蔵の寄附により国から県に払い下げがされた年でもある。

























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


# by kaz794889 | 2017-12-30 17:22 | Comments(0)