峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 23日

明治天皇大橋御召換所趾

【明治天皇大橋御召換所趾】
f0191673_14072394.jpg 明治13年6月18日午前11時30分、明治天皇は北都留郡富浜村鳥沢(現在の大月市富浜町鳥沢)の旧上鳥沢宿の旧本陣であった井上家において御昼食、その後旧猿橋宿に至り、同地の猿橋警察署において御小休の後、板輿から馬車に乗り換えられ旧大橋宿(現在の大月市大月)に進まれ、甲州街道沿いの旧本陣であった、溝口家において御小休の後、ここから再度板輿に乗り換えられるため、御召換をされている。

 当時の旧本陣溝口家の位置が写真の場所である。












【「明治天皇御召換所趾」碑と副碑】
f0191673_14082473.jpg 御召換所とされた当時の建物は明治44年8月7日に火災により焼失しており、現在は、昭和9年に山梨県聖蹟として指定され、昭和12年6月18日建立された「明治天皇御召換所趾」碑と、「明治13年6月18日に大月町字大月(副碑建立当時の所在地)の先々代溝口五左衛門宅に明治天皇が御駐輦された由緒深き遺跡である」旨が刻まれた副碑(御召換所趾碑の左側)が残されている。

 
 













にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-12-23 15:00 | 明治天皇旧蹟 | Comments(0)
2015年 12月 20日

三島神社の大欅

【三島神社 東側参道の鳥居】
f0191673_12312259.jpg 大月市街、甲州街道沿いに鎮座する三島神社境内にはかつて4本の大欅がそびえていたという。
 大月の地名の由来は、この大欅を欅の古名である「槻(つき)」から、「大槻」と呼んだことによると云われているが、4本の大欅は枯死などにより現在は残されていない。 

 

















【三島神社 境内】
f0191673_12313821.jpg 三島神社境内にあった4本の大欅は、安政5年、万延元年、明治7年及び昭和30年に枯死しており、写真の手水舎の右側を始め、枯死した大欅に係る4基の記念碑が建てられている。





















【三島神社本殿脇の「三嶋神社ノ大欅」標石】
f0191673_12313143.jpg 昭和30年に枯死した大欅は、「史跡名勝天然記念物保存法」に基づき昭和3年1月に『大月町ノ大欅』として国の天然記念物に指定され、昭和5年4月には「三島神社ノ大欅」として名称が変更されている。
 「天然記念物 三嶋神社ノ大欅」と刻まれた本殿脇の標石は、この大欅に係るものであり、昭和5年3月25日に建立されている。

 この大欅について昭和5年3月に鉄道省が発行した『日本案内記 関東編』には「【大月の大欅】大月駅前の東、三島神社の境内にある。樹幹周囲目通り10米、根廻り12米7、神木として保護されて居る。同境内にはもと他に三株の大欅が存して居た。現存のものと共に四本木と称し、富士登り道者の昔から注目した大木であったと云ふ。指定の天然記念物である。」と記されている。
 
 現在は、残されたこの標石が、国指定の天然記念物であった大欅の存在を伝えている。







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-12-20 15:25 | Comments(0)
2015年 12月 17日

都留市・仲町大神宮附近の景

【仲町大神宮附近からの市街地】
f0191673_00033104.jpg 昭和29年5月の「昭和大戦顕彰碑」建設時における様子である。
 奥に写る石組みの先には、現在「ぴゅあ富士」が建てられている。
 また、家々の奥に写る大屋根の建物は、かつのて谷村町役場であり、当時の都留市役所の庁舎である。

















【現在の同位置】
f0191673_00032186.jpg 写真の左奥が仲町大神宮である。
 国道139号の大手前交叉点の一角に建てられていた旧都留市役所庁舎も現在は取り壊され、現在は空き地となっている。
 上記の写真に写る附近の家も、現在は全て立て替えられ、道筋も整備されている。
 





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-12-17 06:30 | Comments(0)
2015年 12月 15日

「谷村代官の治世と文化」展

【「谷村代官の治世と文化」展のチラシ】
f0191673_18194620.jpg 都留市の「ミュージアム都留」で開催中(平成27年11月8日~同28年1月17日)の、平成27年度企画展『谷村代官の治世と文化』を観覧した。

 宝永元年12月、当時の谷村藩主であった秋元喬知に対し武蔵国川越への転封が命じられ、秋元家の所領である都留郡(現在の南、北都留郡)は、同時期に川越藩主から甲府藩主となった柳沢吉保の柳沢家預かり地支配となった。
 その後、正徳3年に幕府代官の支配となり、以降の郡内は幕末まで幕府領となっている。
 幕府代官支配となった後、当時の上谷村と下谷村の境界に位置した旧秋元家の家老であった高山甚五兵衛の屋敷地に谷村陣屋が置かれている。
 また、享保5年には谷村陣屋は出張陣屋となり、それ以降は主に石和代官所からの出張代官となるなどし明治維新を迎えている。

 本展は「Ⅰ 谷村代官所の成立と変遷」、「Ⅱ 谷村代官の活躍と事蹟」、「Ⅲ 江川太郎左衛門と西洋砲術」、「Ⅳ 谷村興譲館 現代に受け継がれる向学の精神」の四部構成による展示となっている。

 

 
 









【ミュージアム都留の全景】
f0191673_18185793.jpg 「Ⅰ 谷村代官所の成立と変遷」の展示では、かつての谷村陣屋の跡地に建つ甲府地方裁判所都留支部の新庁舎建設に伴う、山梨県埋蔵文化財センターによる発掘調査について紹介されている。
 
 



















【「ミュージアム都留」門前の案内表示】
f0191673_18192273.jpg
























【谷村陣屋跡】
f0191673_18193555.jpg 甲府地方裁判所都留支部の敷地正面横に建つ「谷村陣屋跡」碑である。
 前述のとおり、現在新庁舎の建設中であるため、敷地の周囲は工事塀に囲まれている。

 谷村陣屋跡に裁判所が置かれたのは、明治5年10月19日に谷村区裁判所が置かれたのが最初であり、開設当時は旧幕府時代に建築された陣屋の建物により執務が行われたという。
 その後、明治14年6月に木造瓦葺平屋建の新庁舎が竣工。同24年2月には木造瓦葺二階建本館及び附属建物による庁舎の改築がなされ、当該庁舎は昭和34年3月に新庁舎(現在の新庁舎建設工事により取り壊された庁舎)が竣工するまで庁舎として使用されている。

 なお、旧庁舎(昭和34年3月竣工した庁舎の以前の庁舎)は東京都立田園調布高校の山中寮として、山中湖村旭ヶ丘に移築されているという。
 





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-12-15 06:20 | Comments(0)
2015年 12月 05日

終戦後の春日町通り

【(観光都市甲府)春日町通り】
f0191673_15290449.jpg 終戦後、昭和20年代後半の春日町通りを北側に向けて写したものである。
 
 左側の建物は昭和21年12月に竣工した電気館とセントラル劇場である。
 電気館は甲府空襲により焼失したが前述のとおり終戦後に再建され、その後、昭和32年8月に鉄筋コンクリート造りの建物が新築され、昭和24年7月には隣接するセントラル劇場も改築落成している。

 また、正面右側奥の建物は岡島である。
 










【現在の同位置】
f0191673_15291507.jpg 春日町通りの現在の同位置である。
 写真左側の工事囲いは、昭和49年に建設された甲府銀座ビル(かつてのダイエー甲府店のビル)の取り壊しに伴うものであり、この位置が電気館の跡である。
 新聞報道によれば、甲府銀座ビルの取り壊し後、「デュオヒルズ甲府」を名称とする複合ビルが平成29年秋の完成を目指して建設されるという。

 甲府市街における繁華街の一つであった春日町通りも、現在は賑わったかつての面影が失われている。

 
 










にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-12-05 16:05 | 甲府市街点描 | Comments(0)
2015年 12月 02日

岡部国民学校 奉安殿

【岡部国民学校 奉安殿】
f0191673_23004096.jpg 東山梨郡岡部村(現在の笛吹市春日居町)の岡部国民学校(現在の笛吹市立石和北小学校)の奉安殿である。
 この奉安殿は、大正4年10月29日に当時の天皇、皇后両陛下(大正天皇、貞明皇后)の御真影が岡部尋常高等小学校に下賜され、同年12月に154円92銭5厘を以て御大典記念として御真影奉安庫として建設されている。
 
 また、大正8年9月に児童数の増加から同小学校の校舎が増改築された際、奉安殿は建設当初の校地内の位置から移動させたという。












【旧奉安殿の側面】
f0191673_23005085.jpg 
 昭和20年の終戦後、岡部国民学校の奉安殿と奉安殿内の奉安室が現在の神社境内に移築等され、奉安殿はそのまま神社拝殿西側に鎮座する稲荷社の鞘堂として使われている。
 なお、奉安殿内の奉安室の厨子は神社拝殿内に安置されているという。


















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-12-02 06:30 | 奉安殿 | Comments(0)