峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 21日

「たけくらべ」発表120年記念の一葉祭


【平成27年 一葉祭のチラシ】
f0191673_17422463.jpg【樋口一葉「たけくらべ」の世界展 チラシ】
f0191673_17423057.jpg



























 明治28年1月30日発行の「文学界」第25号に「たけくらべ」が掲載(以降、一年間にわたり断続的に掲載され、明治29年1月30日発行の「文学界」第37号を以て完結)されて、今年は120年の年にあたという。
 このため、台東区立一葉記念館では「「たけくらべ」発表120年記念特別展」として「樋口一葉「たけくらべ」の世界」展が平成27年10月1日から12月24日まで開催されている。
 また、恒例の一葉祭も、今年は「たけくらべ」発表120年記念として、11月21日から11月23日まで一葉記念館を会場に行われている。
 「一葉祭」初日の今日は「文化ボランティアガイドと行く「たけくらべ」ゆかりの地めぐり」が開催されるとのことから、事前に申し込みを行ったところ、運よく参加できることとなり10時30分出発の午前の部に参加し、一葉記念館周辺の「たけくらべ」ゆかりの地を巡ることができた。

 本日のコースは、下谷龍泉寺町の一葉旧居跡、飛不動、松大黒寮、見返り柳、吉原神社、大鳥神社、大音寺、千束稲荷神社である。
 今回巡った場所と「たけくらべ」や樋口一葉との関連事項などについては、引き続きこうした形で掲載していきたいと考えている。




【台東区立一葉記念館と一葉祭の横断幕】
f0191673_17565389.jpg 台東区立一葉記念館は、昭和36年5月11日に開館した女流文学者単独の記念館としては、国内第一号の記念記念館である。
 また、一葉記念館開館前の昭和23年には、一葉文学を顕彰しその功績を永く後世に遺していくとの趣旨から、地元の人々の熱意により「一葉協賛会」が結成され、記念館建設のための敷地が台東区に寄付されたことから、その熱意と努力に台東区が応える形で一葉記念館が開設されたという。
 なお、現在の一葉記念館は平成18年11月に建て替えられている。














【一葉記念公園内の「たけくらべ」記念碑】
f0191673_17573462.jpg 一葉記念館の前に位置する一葉記念公園内の一画には昭和26年11月に「一葉公園協賛会」により、「たけくらべ」を記念して建てられた、歌人の佐々木信綱の書によるものである。
 




















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-11-21 22:50 | 樋口一葉 | Comments(0)
2015年 11月 20日

オープン県庁敷地整備

【山梨県庁敷地整備に伴う愛称募集チラシ】
f0191673_16453200.jpg 山梨県庁構内の敷地については、県民に身近で利用しやすい開かれた敷地とするため、敷地境界にある門扉・フェンスをできる限り取り除き、県民や観光客などの通行を容易し、年間を通じて一般開放することによりオープン化を図るとともに、来庁者が安心して憩える場となるよう整備を進めてきており、平成28年4月から歴史と文化の香りが漂う憩いのスペースとして新しく生まれ変わるという。

 このため、平成27年11月25日(水)を締切日として、現在、山梨県庁敷地全体の愛称募集が行われている。




















【整備中の県庁構内】
f0191673_16451258.jpg 敷地整備の一環として、昭和39年4月に造営された、写真の山梨県庁旧庁舎前に昭和39年4月に野呂川流域総合開発事業の記念として造営された「白鳳の庭」と呼ばれた前庭が移設され、多目的に利用できるオープン広場として整備されることとなり、半世紀ぶりにかつての山梨県庁舎前の広場が復活する。

 左の建物は平成25年に竣工した山梨県防災新館、その奥には昭和38年に竣工した山梨県庁本館が建てられている。















【竣工当時の山梨県庁旧庁舎と旧山梨県立図書館】
f0191673_16454077.jpg 正面の山梨県庁旧庁舎は昭和5年3月に竣工し、平成21年12月24日には山梨県指定文化財に指定されるとともに、竣工当時の姿に改修され、平成27年4月2日には同庁舎内に「山梨県近代人物館」が開設されている。

 左の建物は根津嘉一郎の浄財により建設され、昭和5年9月に山梨県教育会附属図書館として竣工し、昭和6年4月1日に同会から山梨県に寄付され、その後は山梨県立図書館となっている。
 昭和45年に山梨県立図書館が新築移転してからは山梨県庁南別館として使用されていたが、防災新館の建設が計画された際、保存の声が高まり関係組織などからの保存要請がなされていたにも関わらず、醸成された県庁構内の近代建築の景観である旧山梨県立図書館は、平成23年に惜しくも取り壊されている。
 



「旧山梨県立図書館と県庁第一南別館」
http://kaz794889.exblog.jp/10658113/


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-11-20 06:32 | Comments(0)
2015年 11月 18日

山梨県民会館の取り壊し

【取り壊し工事中の山梨県民会館】
f0191673_23512072.jpg 昭和35年に内藤多仲の設計により完成した山梨県民会館は、その役割を終え、今年8月から取り壊し工事が始まっている。
 建物全体を囲っている工事用の外壁の高さから推察すると、8階、7階などの最上階部分の取り壊しは終了しているようである。
 工事用の外壁のため、その外壁に囲まれた段階で、その特徴的な県民会館の姿は見ることができない状態である。















【山梨県民会館】
f0191673_23513568.jpg これまで当たり前であった景観が、ここ何年かの間に甲府市街から相次いで失われている。
 半世紀以上の間、この一角のランドマーク的な存在として、また山梨県民の中にある「県民会館」という名前と語感が、取り壊し完了とともに失われることは、まさに惜別の感深しといったところ、それは、これまで過ごした時代や時間の中に普通に存在し、想いでの中の様々なシチュエーションとしての記憶が存在することによるのだろう。

















【山梨県民会館建設当時の案内パンフレット】
f0191673_23514759.jpg 県民会館建設当時の案内パンフレットである。
 その内容から、山梨県民会館に寄せた当時の山梨県の期待の大きさが感じられるものである。


























【山梨県民会館建設当時の案内パンフレット】
f0191673_23515662.jpg





























【山梨県民会館建設当時の案内パンフレット】
f0191673_23520065.jpg



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-11-18 00:34 | Comments(0)
2015年 11月 03日

甲州名物の葡萄

【甲州名物の葡萄】
f0191673_20521943.jpg 「昇仙峡と葡萄とは余りにも有名で秋の実る頃となれば観光客その後をたたず味覚に舌うつ事でしょう。」
 昭和30年代に発売されていた山梨の観光絵葉書セットの中の一枚と、その絵葉書に記載されている案内文である。

 戦前期のモノクロの絵葉書から、判型も大きくなったカラーの絵葉書に進化したといっても、モノクロ写真にいわゆる人工着色を施した、昭和20年代後半から30年代における一般的な絵葉書の形態の絵葉書であり、そこに写された観光的な葡萄の摘み取りの様子に、富める山梨を目指していた昭和30年代頃の郷土の情景といったものが感じられる。
 



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-11-03 21:07 | Comments(0)