<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 29日

甲府道祖神祭幕絵の流転

【峡中新聞 第四号】
f0191673_21151137.jpg  明治壬申(5年)11月発行の峡中新聞第四号に掲載されている、下記の「県庁布達写」のとおり、明治5年11月14日、山梨県令土肥實匡により、山梨県内各所で行われていた道祖神祭礼を取り締まるための「道祖神祭礼取締」が、山梨、八代、巨摩、都留各郡の正副戸長あて通達され、甲府城下町にあたる各町域の道祖神については、統合や寺社境内への移設が図られることとなった。

 このため、甲府道祖神祭も廃止され八日町、柳町、緑町、魚町、連雀町など各町内ごとに物語絵や名所絵などの画材を決め、江戸、京都の絵師により描かれた、甲府城下町全体で数百枚が存在しという飾幕絵もその役割を終え、処分、転用されていったという。



















【峡中新聞掲載の「道祖神祭礼取締」布達】
f0191673_21151493.jpg




























【「甲府道祖神幕絵 東都名所 目黒不動之瀧」(部分)】
f0191673_21152047.jpg 現在知られている甲府道祖神幕絵は、甲府緑町1丁目で飾られた山梨県立博物館所蔵の2代歌川広重筆の「東都名所 洲崎潮干狩」(山梨県指定文化財)、甲府柳町4丁目で飾られた県外個人所蔵の歌川芳年筆「太閤記 佐久間盛政 羽柴秀吉を狙ふ」及び「東都名所 目黒不動瀧」の3枚である。

 写真は「東都名所 洲崎潮干狩」と同様に山梨県指定文化財として山梨県立博物館が所蔵する「東都名所 目黒不動瀧」の飾幕絵である。

 甲府緑町1丁目の甲府道祖神祭幕絵は江戸名所を題材としたものであり、「東都名所 目黒不動瀧」も甲府緑町1丁目で飾られた飾幕絵の1枚であり、明治5年の「道祖神祭礼取締」による道祖神祭の廃止後、少なからぬ流転を経て平成17年度に県外の個人所蔵者から山梨県立博物館が購入し、山梨県指定文化財として同館が所蔵、現在に至っている。


【甲府市緑町の地籍図】
f0191673_21295582.jpg  甲府緑町1丁目の飾幕絵は明治5年の道祖神祭礼廃止後、町内の何軒かに分けられ、その内の「東都名所 目黒不動瀧」は甲府緑町15番地の米穀肥料卸商の平原家(甲府市緑町地籍図の赤書で囲んだ位置)が譲り受けることとなった。

 同家では祭礼の幕絵であり日常の使い道もないため、同家の屋敷神の祭りの際に使用していたが、後年、それを見た甲州財閥の若尾家三代目である若尾謹之助が、大正3~4年頃に浮世絵の研究資料にしたいとの意向から、平原家から譲り渡されたという。

 その後、昭和恐慌による若尾家の没落により、昭和5年に同家の整理がなされた際に人手に渡った後、東山梨郡塩山町(現在の甲州市)の某旧家が所蔵、その後、昭和11年の春頃に東京市の浮世絵商が所蔵することとなった。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-29 23:19 | Comments(0)
2015年 03月 22日

甲府道祖神祭礼幕と目黒不動

【歌川広重筆「甲府道祖神祭幕絵 東都名所 目黒不動之瀧」(部分)】
f0191673_09362748.jpg 甲府道祖神祭は、江戸中期以降の甲府商人の隆盛に伴い、当国一大盛事と称されるほど盛大となり、江戸後期に至ると人びとの関心は次第に商家の軒先に巡らせた長大な飾り幕へと移っていき、町内ごとに画題を定め江戸の浮世絵師に幕絵の製作を依頼し、趣向と贅をこらして競い合う祭りであった。
 明治期に入り、華美を誇った道祖神祭りも、その贅沢さと治安上の問題から明治5年11月14日の道祖神廃止令により廃止され、無用となった幕絵は処分・転用され、その殆どが失われ、現在確認されているのは三枚のみである。

 「甲府道祖神祭幕絵 東都名所 目黒不動之瀧」は、現在確認されているものの内の一枚であり、甲府緑町一丁目の商家の軒先に巡らせた「江戸名所」を題材とした幕絵(11枚~12枚)の中の一枚であり、初代歌川広重により天保12年頃に製作されたものと云われ、平成16年5月6日には山梨県指定文化財に指定され、現在は山梨県立博物館に所蔵されている。
 幕絵に描かれた目黒不動の現在を訪ねてみた。 

【目黒不動境内の独鈷の瀧と垢離堂】
f0191673_09363892.jpg 幕絵に描かれた東都名所「目黒不動之瀧」は、東京都目黒区下目黒の、天台宗泰叡山瀧泉寺、いわゆる目黒不動尊の独鈷の瀧であり、近年水量は減ったということではあるが、1年中水が枯れることなく、現在も龍御神水として、幕絵にも描かれている銅製の灯篭を中心に、その左右に二条の清水として銅製の龍口から注いでいる。
 また、幕絵にも描かれている小堂は、写真に写る現在の垢離堂にあたる建物だろうか。















【独鈷の瀧と男坂】
f0191673_09364372.jpg 幕絵には独鈷の瀧の右側に男坂が描かれている。
 写真の赤幕の下に写る階段が、目黒不動の本堂に通じる男坂である。




















【仁王門】
f0191673_09364839.jpg

 弘治3年に修理造営を行った堂塔も、元和元年の火災により、その殆どが焼失したが、その後、目黒不動を深く尊信する徳川家光により、焼失た堂塔が再建。以来、江戸近郊における参詣行楽地となり、門前町もにぎわったというが、再建後の堂塔は昭和20年の戦災により大半が焼失し、本堂、書院、鐘楼などは戦災後に再建されている。

 幕絵に描かれている仁王門も戦災で焼失しており、写真右側に写る朱塗りの門は、昭和37年に再建された仁王門である。
 













にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-22 20:15 | Comments(0)
2015年 03月 21日

中央本線 大月駅の風見鶏

【山梨日日新聞 平成27年3月18日付紙面】
f0191673_16271108.jpg  3月17日に中央本線大月駅の上下線ホームエレベーター完成セレモニーの開催と、駅本屋の屋根上にかつて設置されていた風見鶏の復元のお披露目がなされたことを伝える山梨日新聞の紙面。


























【中央本線 大月駅本屋】

f0191673_15061772.jpg  大月駅は明治35年10月1日に開業し、現在の駅本屋は昭和3年11月に改築された二代目駅舎である。
 丸太造りの山小屋風駅舎であり、関東の駅百選にも選ばれている。
 写真は風見鶏復元以前の大月駅本屋である。


















【中央線大月駅前 桂川館ホテル発行絵葉書】
f0191673_15062222.jpg 近年、大月駅前を中心とした一帯が整備され、古い面影は失われているが、かつては駅前に数件の旅館が営業していた。
 写真の絵葉書は、大月駅前で営業していた桂川館ホテルが昭和初期に発行した絵葉書である。

 左下に写る建物が大月駅であり、「大月駅より見たる岩殿山」との説明が付されている。













【大月駅本屋】
f0191673_15062641.jpg 上記の絵葉書を拡大した写真である。
 現在は失われているが、駅本屋の屋根上に数段高く土台が築かれており、その上に東西南北を示す方角表示が建てられている。

 新聞報道によると、「風見鶏は、50年ほど前まで同駅の駅舎にあり、地域の象徴として親しまれていた。なくなった経緯は不明だが、住民から風見鶏を復活させてほしいとの要望を受け復元した。」、「新たに設置した風見鶏は、東西南北を示しているほか、富士山と鳥居の飾りが付いた矢の先が富士山の方角を示している。同社が持っていた昔の風見鶏の写真をもとに復原した。」とある。

 昭和初期の写真では、東西南北を示す方角塔はあるものの、飾りの付いた矢はなく、風見鶏という体も備えていないが、50年程前まで駅本屋の屋根上に風見鶏があったということから、復元された風見鶏は、終戦後に設置されたものと推測される。









にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-21 16:51 | 鉄道 | Comments(0)
2015年 03月 08日

特別展 富士山 「江戸・東京と練馬の冨士」

【「練馬区立石神井公園 ふるさと文化館」における同特別展のチラシ】
f0191673_13184186.jpg 平成27年2月7日付の毎日新聞山梨版でも報道された、練馬区立石神井公園ふるさと文化館(練馬区石神井町5-12-16)における「特別展 富士山 ━江戸・東京と練馬の冨士━」(開催期間 平成27年1月24日~3月15日)を昨日観覧した。

 同展開催にあたっての概要に「江戸・東京、練馬の人々と富士山の関わりをさまざまな資料から紹介する展覧会です。噴火を繰り返していた頃の富士山、江戸・東京の人々と富士山との関わり、富士信仰の流行と練馬の富士講、受け継がれる富士信仰と観光地としての冨士のテーマに分け、地誌や記録などの文献資料、『富嶽三十六景』や『不二三十六景』などの浮世絵、黄表紙や滑稽本などの版本、練馬区内や山梨県富士吉田市の御師宅に残る富士講装束や富士講による奉納物などの民俗資料を展示します。」
と記されているとおり、二つの展示室に関係するそれぞれの資料が展示されている。

 練馬区内には現在五基の冨士塚が残されているとともに、富士講の人々が富士山参詣に使用した道は今も富士街道と通称され、その道沿いには道標や富士山信仰に関わる石造物などが残されているとのことである。














【吉田ヨリ見タル富士】
f0191673_13185645.jpg 富士山北口(吉田口)から富士山に登る富士講の場合、上吉田に到着すると、左の写真に写る金鳥居から富士山に向けた道の両側に形成された御師町の定宿とする御師宅に宿泊していた。

 練馬区域の多くの富士講は、本御師である槇田家を定宿としていたため、同家には現在も練馬区域の富士講社が奉納した奉納物が保管されているということであり、今回の富士山展においても槇田家に現在も残されている神具を中心とした多くの資料が展示されている。

 









【同特別展の図録】
f0191673_13185158.jpg 同展の展示会図録(価格1,200円)である。
 練馬区域の富士講の信仰状況とともに、近現代の観光地としての富士山を紹介する本展について、様々な資料を用いて構成されており、特に山梨に関わる関係事項として、富士講社が定宿とする上吉田の御師宅と互いがどのように関わりあっていたかが詳しく記されているなど、資料的価値が高い図録である。

 

 
 
















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-08 14:46 | Comments(0)
2015年 03月 01日

石和の小松農園のこと

【小松遊覧農場の案内チラシ】
f0191673_17311937.jpg 小松農園は石和(現在の笛吹市)のJRAの場所にあった遊覧農場であり、その正式名称は小松遊覧農場であった。

 明治40年の大水害により笛吹川の本流が現在の流れに変わり、かつての笛吹川は廃河川となり、荒廃した土地を開拓した後に開設された施設が小松遊覧農場であり、山梨県内においては通称「小松農園」として親しまれていた。
 石和温泉は昭和36年1月24日の温泉噴出がその始まりであるが、先日の新聞記事(「やまなし戦後70年の軌跡 3」)によれば、小松農園では昭和31年9月に約30度の温泉が噴出しており、その温泉を約40度に加温した上で、農場内の「葡萄温泉」として利用していたという。
 チラシに写る建物は、葡萄温泉に付設された「大ローマ風呂」である。











【小松遊覧農場案内図】
f0191673_17312497.jpg 小松農園の敷地内には、案内図のとおり葡萄温泉の他にも遊園地や大食堂等の施設が設けられ、後年は動物園やイベントホールも建設されている。

 価値観の異なる現在にはそぐわない可能性もあるが、小松農園は大人も子供も楽しむことができる山梨県内の一時代における遊覧施設であった。





























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-01 22:17 | Comments(1)