峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

穂坂国民学校 奉安殿

【穂坂国民学校の奉安殿】
f0191673_22070968.jpg 穂坂国民学校(現在の韮崎市立穂坂小学校)の奉安殿として使用されていた、「朝穂堰水配役人詰所文庫」である。

 朝穂堰は享保3年7月に完成した、総延長約15㎞キロメートルの堰である。
 堰の取水口と流末には幕府からの役人が駐在し、ここ三ツ沢に詰所が設置されている。
 写真の高石垣の文庫は、関係4ヵ村の夫役の提供により、その詰所屋敷の一角に建てられたものである。

 維新後の明治6年には山梨県布達により朝穂堰に関する官費支弁が廃止となり、その運営が民営となったことから、三ツ沢の詰所は不要になり、その後は穂坂尋常小学校、穂坂国民学校の奉安殿に転用され、終戦後の御真影奉還まで奉安殿とされていた。






【奉安殿正面】
f0191673_22071719.jpg この建物は、昭和46年7月10日に「朝穂堰水配役人詰所文庫」として韮崎市指定の文化財に指定されている。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-31 22:46 | 奉安殿 | Comments(0)
2015年 01月 25日

十日市場公会堂

【十日市場公会堂】
f0191673_22533621.jpg 南アルプス市の十日市場公会堂である。
 自治体によっても異なるが、いわゆる大字単位で公会堂が建てられていることが少なくない。
 こうした公会堂は大別すると、既に戦前期から公会堂として建設されたもの、戦前期に他の目的で建設された建物を後に転用したもの、終戦後の社会教育や自治制度のもとで全く新たに建てられたものがある。

 
 年月とともに建物の老朽化や機能の低下が進み、古い建物は淘汰されていくため、こうした風情の公会堂は少なくなっている。

 
 十日市場公会堂は昭和6年に建設された、かつての「養蚕組合共同稚蚕飼育所」の建物であり、昭和55年頃に改装して使用されているという。









【同公会堂の後方】
f0191673_22532099.jpg 建物の後方に共同稚蚕飼育所時代の建物構造が感じられる。























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-25 23:38 | 公会堂 | Comments(0)
2015年 01月 24日

武川国民学校 奉安殿 

【武川国民学校 奉安殿】
f0191673_10420748.jpg 武川国民学校奉安殿は、昭和3年6月21日に当時の富里尋常高等小学校の奉安殿として建設が起工され、同年10月19日に竣工、11月10日の御大典当日に落成式が挙行されている。

 昭和8年4月1日に北巨摩郡新富村と武里村が合併し武川村が発足したことにより、富里尋常高等小学校も武川尋常高等小学校と改称され、昭和16年4月1日には国民学校令に伴い武川国民学校となった。

 












【同奉安殿 側面】
f0191673_10421570.jpg 終戦後、昭和21年7月の文部大臣通牒により、同年8月2日に武川国民学校奉安殿の撤去作業が開始され、奉安殿は武川村役場の書庫として使用されることとなった。
 その後、昭和36年に現在地に移設されている。




















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-24 11:13 | 奉安殿 | Comments(0)
2015年 01月 18日

旧台ケ原郵便局

【旧台ケ原郵便局庁舎】
f0191673_16075376.jpg 台ケ原郵便局はかつての甲州街道旧台ケ原宿内り郵便局である。
 明治6年6月1日に巨摩郡台ケ原村300番戸で開局し、明治20年10月27日に北巨摩郡菅原村台ケ原324番地に移転、その後、明治25年6月1日に写真の旧庁舎が建つ、菅原村台ケ原2291番地に移転し近年まで業務を行っていた。

 現在は右隣接地に新庁舎を建設している。
 新庁舎の建設後、旧庁舎は相当改修(庁舎時代の出入口は正面左側の屋外機の位置であったなど)し、現在は住宅として使用されている。













【旧台ケ原郵便局庁舎の側面】
f0191673_16080284.jpg 写真右側の建物が現在の台ケ原郵便局である。






















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-18 16:27 | 郵便局・逓信 | Comments(0)
2015年 01月 11日

塩山国民学校奉安殿

【塩山国民学校奉安殿】
f0191673_21555891.jpg 塩山国民学校(現在の甲州市立塩山南小学校)のかつての奉安殿である。
 終戦後、殆どの奉安殿は取り壊し、撤去されているが、一部の奉安殿は当初設置されていた小学校の敷地から神社や寺院に移され、忠霊殿や社殿として残されている。
 
 塩山国民学校のかつての奉安殿も、現在は神社境内に移され英霊が祀られているという。

















【同背面】
f0191673_21560692.jpg 背面から見た奉安殿である。
 























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-11 22:12 | 奉安殿 | Comments(0)
2015年 01月 10日

高峯山 妙了寺

【妙了寺総門】
f0191673_15205304.jpg 高峯山妙了寺は南アルプス市上市之瀬の日蓮宗寺院であり、宗門の中でも甲府の遠光寺、鏡中条の長遠寺とともに甲斐国の触頭として「国三カ寺」と呼ばれていた。
 
 本寺は、日蓮の直弟子であった妙了日仏尼が日蓮の没後、故郷の中野村(上市之瀬の隣村)に戻り布教に専心し、中野村の真言宗寺院であった妙龍寺の住持と問答し法華経の道場へと改宗、開創された後、妙了日仏尼の子息である中道院日了上人により正応元年に開山している。

 






















【現在の妙了寺総門】
f0191673_15211546.jpg 妙了寺における年中行事である千部会(せんぶえ)が行われていた、昭和24年4月8日の午後3時頃、千部会の花火から発火し、堂塔伽藍三十余棟が立ち並んだ巨刹であった妙了寺は、経蔵、宝蔵、総門を残し境内伽藍は全て焼失している。

 写真は、その焼失を逃れた妙了寺の総門である。 

















【再建された現在の本堂】
f0191673_15212289.jpg かつての妙了寺千部会は4月8日を中心に三日間行われていたが、昭和24年4月8日の伽藍焼失後、4月8日をさけて4月9日に行われているという。
 また、焼失した同寺の本堂は昭和54年に再建落成している。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-10 17:18 | 寺院 | Comments(0)
2015年 01月 04日

甲州紀行 17 「窓のある土蔵」

【窓のある土蔵】
f0191673_22263599.jpg 門を中心に両側に土蔵を供えた豪農の屋敷である。
 屋敷の敷地を囲む土蔵は残されているものの、主屋は近年建設されたと思われる新しい建物に建て替わっている。

 二階の窓に特長があるので、土地の人に「この土蔵は何かに使われていたのか」と尋ねたが、特段の使われ方はしていなかったようである。
 洋風の窓とは言い難いが、窓枠と土蔵の壁に擬洋風建築の雰囲気を感じる建物である。













にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-04 22:42 | 甲州紀行 | Comments(0)
2015年 01月 03日

野牛島の能蔵池

【能蔵池】
f0191673_10185649.jpg 南アルプス市野牛島の能蔵池(のうぞういけ)は、噴き出していた御勅使川の伏流水をせき止めて造営された溜池であり、池の落水は野牛島から上高砂を東南に伸び、四ヶ村堰と交叉し神明川となって釜無川に注いでおり、かつては野牛島、上高砂、下高砂、徳永など各村の水源でもあったという。

















【能蔵稲荷】
f0191673_10181600.jpg 能蔵池に接して鎮座する能蔵稲荷である。
 























【能蔵稲荷の祠】
f0191673_10180600.jpg 能蔵稲荷の祠である。























【能蔵池の碑】
f0191673_10310962.jpg 能蔵池稲荷の境内に建つ「能蔵池ノ碑」である。
 この碑は建立当時の市川代官である森田行の撰文、前任の市川代官である荒井顕道の書、久貝岱の篆額により、安政4年10月に建碑された石碑である。





























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-03 12:33 | Comments(0)
2015年 01月 02日

塩山町 向嶽寺秋葉神社の忠魂碑

【向嶽寺秋葉神社の忠魂碑】
f0191673_07285464.jpg 向嶽寺の秋葉神社境内の忠魂碑(写真の右側)である。
 正面に「忠魂碑」と揮毫者である「廣瀬猛 書」の文字が、裏面には「昭和九年十二月 帝国在郷軍人会 塩山町分会」と刻まれている。

 揮毫者である廣瀬猛は、東山梨郡七里村(現在の甲州市)に明治15年1月5日に廣瀬久光の九男(廣瀬久政、若尾璋八の弟、廣瀬久忠の甥)として生まれ、陸軍士官学校、陸軍大学を卒業し、昭和7年4月に所沢陸軍飛行学校長、同年12月に陸軍中将となり、昭和8年3月に陸軍大学校校長となったが、同校長在任中の昭和9年7月17日に逝去している。

 
 










にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-02 13:20 | 忠魂碑 | Comments(0)
2015年 01月 01日

甲府・柳町通り 3

【(甲斐国)甲府市柳町大通り】
f0191673_12215237.jpg 明治40年代の甲府柳町通りである。
 現在の山梨中央銀行柳町支店の北寄りの位置から、通りの北側方向を写したものであり、右側の「松阪屋」(山田粂吉が経営していた足袋商)の看板を掲げた建物の右、東側方向が連雀町、柳町通りを挟んだ左、西側方向が桜町通りである。

 柳町通りの先、左側のドームを掲げた建物が有信銀行本店、通りを挟んだ右側の建物が佐渡幸旅館である。 










【現在の同位置】
f0191673_12285078.jpg 昭和20年の甲府空襲で柳町通りの街並みは全て焼失しているが、道筋だけは明治期と変わっていない。
 





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-01 17:36 | 甲府市街点描 | Comments(2)