<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 26日

太宰治と甲府 4 【御崎町の太宰治碑】

【御崎町の太宰治碑】
f0191673_14414816.jpg 昭和14年1月6日に太宰治は甲府市竪町93番地の寿館から、石原美知子との結婚後の新居となった同市御崎町56番地の建築請負業、穐山浅次郎の貸家に転居し、同年9月1日に東京府北多摩郡三鷹村下連雀113番地(現在の東京都三鷹市)の借家に転居するまでの8か月居住している。
 御崎町の太宰治記念碑(甲府市朝日5-8-11)は御崎町56番地の一角に平成元年6月11日に建立されている。
















【太宰治碑建立記念冊子】
f0191673_14421960.jpg 「太宰治僑居跡」と刻まれた御崎町の太宰治碑は、約400名からの募金によって集められた資金により建立され、平成元年6月11日に除幕式が行われている。
 写真の冊子は記念碑建立を記念して序幕式当日に配布されたものである。



























【昭和10年代の甲府市御崎町の地籍図】
f0191673_14423385.jpg 御崎町56番地(青字で囲んだ位置)は、旧制甲府中学校(現在の山梨県立甲府第一高等学校)に通ずる道に面しており、同番地右側の交叉点を北上すると甲府陸軍病院、歩兵第49連隊など陸軍の施設が置かれていた。




















【現在の御崎町56番地】
f0191673_14415826.jpg 記念碑後方の一画が御崎町56番地であり、写真に写るレンガ敷を進んだ奥に太宰が居住した借家が建てられていた。























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-10-26 15:39 | 太宰治と甲府 | Comments(0)
2014年 10月 19日

吉田初三郎の描く 夜の(甲府)銀座通り

【夜の銀座通り 吉田初三郎画伯筆】
f0191673_15390763.jpg 大正広重といわれ鳥瞰図で有名な吉田初三郎が描いた「夜の銀座通り」は、全日本産業観光甲府大博覧会事務局により発行された「甲府景勝絵はがき」と題する五枚一組の絵葉書の中の一枚である。
 全日本産業観光甲府大博覧会は斎木逸造甲府市長時代に甲府市制五十周年を記念し、昭和13年3月25日から5月13日までの五十日間、甲府市主催、山梨県、甲府商工会議所後援により舞鶴城公園とその附近及び遊亀公園を会場として開催を計画していたが、昭和12年7月7日の日華事変勃発により同年8月に開催中止が決定した幻の博覧会である。
  






















【観光都市・甲府 繁華街銀座通り一角】
f0191673_15391173.jpg 前記の「夜の銀座通り」と同じアングルの絵葉書である。
 奥に写る六階建てのビルは昭和12年10月2日に開店した松林軒百貨店である。また、手前の梅林堂は和菓子店であり階上は喫茶部となっていた。  
 甲府銀座通りは、戦前期の甲府市街における繁華街の一つであり三日町から西側に伸びる通りの突き当りは春日町の甲府館(映画館)である。


























【甲府銀座通りの東側入口】
f0191673_15391661.jpg 現在の甲府銀座通り東側入口である。
 この入口から西側の入口まで、甲府銀座通りはアーケードで覆われている。入口右側の空地の位置には。昭和16年に第十銀行と合併した有信銀行本店があった場所である。



















【現在の甲府銀座通り】
f0191673_15392446.jpg 甲府銀座通りは甲府空襲で両側の店舗が全て焼失しているため、戦前期の建物は現在全く残されていない。また、終戦後アーケードが掲げられたため、かつての雰囲気を感じることは難しい。
 写真の左側に青色の宣伝のぼりが掲げられた柱の先が、かつての梅林堂のあった位置である。



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-10-19 16:56 | Comments(0)
2014年 10月 11日

昭和10年増改築の岡島呉服店

【近代建築美 岡島の全景】 
f0191673_10545216.jpg 岡島呉服店は、大正11年に靴や下駄のまま買い物ができる新店舗を建築し、その後も南側に店舗を増築するなどしたが、隣接の土地を買収し昭和10年に店舗の本格的な増改築を行い、これまで二階建てであった店舗は三階建ての店舗となり、同年11月1日から全館開店祝賀大売出しを開催している。
 写真の店舗は昭和10年に竣工した岡島呉服店の新店舗である。 


 



























【店内断面案内図】
f0191673_10553204.jpg 三階建ての新店舗は、一階、二階を商品売り場、三階は食堂と休憩室、屋上を設けている。



















【店内商品陳列御案内】
f0191673_10552103.jpg 
 反物や衣料品を中心に、食品、文房具、玩具などを販売している。





















【屋上より観たる甲府市の遠望】
f0191673_10550531.jpg 屋上から北側を眺めた風景である。











【一階入口陳列の一部】
f0191673_10550936.jpg






























【一階陳列場之一部】
f0191673_10551346.jpg























【現在の店舗跡】
f0191673_10543500.jpg  昭和10年に増改築された店舗は、初代岡島定右衛門以来の甲府市柳町5番地(現在:甲府市中央2-13-4)に建設されていた。現在、その位置には岡島事務センターが建てられている。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-10-11 11:48 | 百貨店 | Comments(0)