<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 29日

「花子とアン」とその時代 2

f0191673_12123057.jpg
【「第3週 初恋パルピテーション」から】
  翌朝、はなが川で水汲みをしていると、朝市も水を汲みにやってきた。はなは、兄妹たちが自分との間に壁を築いているような気がすると、つい本音を漏らす。朝市は何か言いたそうだ。
  「・・・はなにゃあ黙ってろ、口止めされたけんど・・・」年明け早々に、かよが製糸工場へ女工として働きに行くことになっているのだと、朝市は明かした。




【工女募集従業者之証 表面(右)・裏面(左)】
f0191673_12131639.jpg
  ドラマの時代背景である明治後期の甲府は、近代的な工場の勃興や水晶研磨工業が伸びていたものの、製糸は甲府の主要な工業であり、そこで働く工女は重要な担い手であった。
  明治40年前後、甲府市内には器械製糸工場が10数工場、座繰工場が70工場操業していたというが、明治42年には工場数が減少するなど、明治30年代から山梨県内の製糸工場は興亡を繰り返していた。
  こうした山梨県内の製糸業にとっての大きな打撃は、製糸女工の県外流失であり、明治36年の中央本線開通は県外への出稼女工の数を飛躍的に増加させた。
  明治44年当時、長野県諏訪地方を始めとした他府県から出願され山梨県庁の許可を得た女工募集数は12,000名達しており、その数は山梨県内で操業していた製糸女工数(明治44年現在、13,862名)に匹敵する女工が県外に流失していた。
  山梨県は、県外からの女工募集を取り締まる目的で「職工募集届出規程」等を制定し、契約内容の届け出を義務づけるまでしたが、製糸女工の県外流失は衰えなかったという。
  写真は大正7年に甲府警察署が発行した「工女募集従事者之証」である。
  山梨県内全域を募集区域とし、市内横沢町の民家に募集事務所を設けていた、長野県諏訪郡川岸村(現在の岡谷市)の製糸工場によるものである。


【製糸商標】
f0191673_12134345.jpg
  製糸工場(製糸生産者)は意匠をこらした商標(シルクラベル)を作成し、製糸荷につけて出荷していた。
  写真は「甲西社器械製糸」の製糸商標である。  



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-29 14:42 | 花子とアンとその時代 | Comments(0)
2014年 04月 28日

穂坂村 穂坂小学校の忠魂碑

【穂坂小学校旧学校敷地内の忠魂碑】
f0191673_19545670.jpg
  穂坂小学校(韮崎市穂坂町)の旧学校敷地内に建つ忠魂碑である。
  表面に「忠魂碑」と「陸軍大将 一戸兵衛 書」の文字が刻まれている。
  忠魂碑には建立年月日等の文字は刻まれていないため建設時期の特定はできないが、砲弾型の形式や土台の構造などから大正期頃のものと推測する。
  忠魂碑の後方にある堰を境に穂坂小学校の敷地と区切られているが、忠魂碑の建つ場所もかつては学校敷地と穂坂村役場の敷地であった。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-28 20:05 | 忠魂碑 | Comments(0)
2014年 04月 27日

「花子とアン」とその時代

【NHK 連続テレビ小説 『花子とアン』】
f0191673_0293790.jpg
  赤毛のアンの翻訳者である村岡花子の波乱万丈の半世紀として、NHK連続テレビ小説『花子とアン』が放送(平成26年3月31日~9月27日)されている。
  主人公である村岡花子は明治26年6月に父・安中逸平、母・てつの長女(8人兄弟)として甲府市に生まれ、2歳の時に日本基督教団甲府教会で幼児洗礼を受け、明治31年、5歳の時に一家は東京南品川に転居している。その後、東洋英和女学校高等科を卒業した花子は、甲府の山梨英和女学校の英語教師とし大正3年4月に着任し、退職した大正8年3月まで甲府で生活している山梨県ゆかりの文学者である。
  主人公である村岡花子が山梨県にゆかりがあるため、『花子とアン』には山梨を舞台とする場面が少なくない。もちろん、テレビドラマとしてその内容には、フィクションと事実をが織り交ぜられている。
  ドラマに出てくる山梨について、その内容と時代の状況を見ていきたい。




【歩兵第四十九連隊 行軍 桜町】
f0191673_030331.jpg
 第4週「嵐を呼ぶ編入生」が放送された週、4月26日の放送最終場面は、歩兵第49連隊が甲府入りし、徳丸と武の親子がこれで景気がよくなると気勢を上げている。
 
 歩兵第49連隊が甲府を衛戍地に定め、甲府に到着したのは明治42年4月22日である。
 明治38年4月に歩兵第49連隊が東京で編成され、その後日露戦争に伴う樺太進撃、3年間に渡る韓国警備を終え、同連隊は明治41年11月に内地に帰還し習志野の仮兵舎に入っている。
 その後、山梨県内において連隊誘致運動が進められることとなった。
 連隊誘致により兵営が甲府に設置されることとなれば、3000人の人員を擁する連隊が常駐することとなり、兵隊に対する物資の供給や、兵隊が甲府市内で消費することなどが、連隊誘致に向けた最大の理由である。 

  写真の絵葉書は歩兵第49連隊が桜町通りを北から南に向けて行軍する様子であり、歩兵第49連隊入峡記念のスタンプが押されている。




【明治42年3月の甲府市街図】
f0191673_0303398.jpg
  明治42年3月15日発行の甲府市街図である。歩兵第49連隊が甲府に設営される以前の発行によるものであるが、赤線で囲まれているとおり、既に歩兵第49連隊の位置と名称が記されている。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-27 01:55 | 花子とアンとその時代 | Comments(0)
2014年 04月 23日

東京宝塚劇場開場八十周年記念特別展「日比谷に咲いたタカラヅカの華」

【「日比谷に咲いたタカラヅカの華」チラシ】
f0191673_2325729.jpg
 昭和9年1月に開場した東京宝塚劇場が今年会場80年を迎えた。
 それを記念した「東京宝塚劇場開場八十周年記念特別展 日比谷に咲いたタカラヅカの華」が、日比谷公園内の千代田区立日比谷図書文化館で本日から開催(4月23日から6月22日まで)されている。  



【記念特別展ガイド】
f0191673_233248.jpg
 本展は「宝塚少女歌劇、東京の本舞台へ ~東京初公演は帝国劇場で」を始めとした六部の展示構成となっており、東京宝塚劇場八十年の歴史をポスターや写真などの公演資料が展示されている。
 写真のリーフレットは本展の会場で配布されているものであり、六部の展示構成単位の年表となっており、ミニ図録といった感じのものである。 



【東京宝塚劇場開場当時の観覧券】
f0191673_2335263.jpg
  「東京宝塚劇場開場~アーニーパイル劇場と名を変えて」のコーナーに同様の観覧券が展示されている。
  写真の観覧券は、東京宝塚劇場の会場から間もない、昭和9年3月、4月、5月の観覧券である。



【甲府宝塚劇場ニュース】
f0191673_2341525.jpg
  「東京宝塚劇場開場~アーニーパイル劇場と名を変えて」のコーナーには観覧券などの他に、パネル表示として、昭和9年1月の東京宝塚劇場の開場以降、「東宝チェーン劇場」として映画と実演を行う劇場が全国展開されたことについて、地図を用いて展示されていた。
 宝塚歌劇の生みの親である小林一三が山梨県の出身であることも関係しているが、昭和11年11月の甲府宝塚劇場の開場についても表示されている。
 甲府市太田町で開場した甲府宝塚劇場が発行していた昭和16年12月の「甲府宝塚劇場ニュース」である。 




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-23 23:42 | Comments(0)
2014年 04月 20日

相川村 古府中の忠魂碑

【古府中町 武田氏館跡堀端の忠魂碑】
f0191673_1894398.jpg
 武田氏館跡を囲む堀の東南端に建つ忠魂碑である。
 「陸軍大将 一戸兵衛」の書により、昭和3年11月10日に御大典記念として帝国在郷軍人会相川分会により建立されたものである。
 碑の左側傍らに建つ副碑には建設委員名が刻まれている。
 当時の村単位に設置された在郷軍人会分会により、昭和3年の御大典記念として一戸兵衛の書より建立された忠魂碑は、合併により現在は甲府市域となった、かつて中巨摩郡、西山梨郡に属していた村単位に現在もいくつかを見ることができる。   




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-20 18:35 | 忠魂碑 | Comments(0)
2014年 04月 19日

甲府停車場の北側

【中央本線 甲府駅北口】
f0191673_18152684.jpg
  鉄道官舎や山梨県庁官舎などが目立った甲府駅北側に、甲府駅北口が開設されたのは昭和25年11月であり、その後、昭和61年の山梨国体開催に合わせて甲府駅が橋上駅舎となり、駅ビル、南北自由通路が設置されるまで、ホームから駅北口への連絡は、構内に設置されていた跨線橋により、つながっていた。
  列車利用者は南北いずれかの出口を利用することができても、利用者以外の者は入場券による以外には、中央本線を跨いだ南北の利用については、駅の東側にある舞鶴橋(道路としての跨線橋)の利用によるほかなかったのである。
  山梨国体に合わせた南北自由通路が建設され20数年が経過した数年前、甲府駅北口の再開発が甲府市を中心に進められ、現在は新たにペデストリアンデッキにより駅と街がつながるなど、写真のとおり駅北口が整備されている。  



【甲府停車場ノ景】
f0191673_18134325.jpg
  甲府駅が開設されたのは明治36年6月である。
  「甲府停車場ノ景」とされた写真の絵葉書に明治39年開催の山梨県主催一府九県連合共進会の記念スタンプが押印されていることから、この写真は駅開設から3年後の甲府停車場北側の景観である。  




【明治39年10月頃の甲府市街図】
f0191673_1816235.jpg
  明治39年10月に山梨時報社から発刊された『甲州案内』に挿入された甲府市街図である。
  甲府駅は旧甲府城内の清水曲輪及び花畑曲輪を取り壊して開設されたものである。
  そのため、この地図上においては、舞鶴城(甲府城)の北側上部が中央本線により南北に分断されており、まだこの頃は現在復元された甲府城大手門附近の石垣や堀が残されていたことが確認できるものである。
  地図に青の表示をしたのが、甲府駅の中心である駅舎が置かれた位置であり、赤丸の表示がある位置附近から、撮影されたものと考えられる。




【絵葉書の風景】
f0191673_1817827.jpg
  写真に写る建物は写真の赤字表示のとおりであり、手前左に松が写る場所は甲府城の遺構である。興亜城の遺稿である




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-19 20:44 | 鉄道 | Comments(0)
2014年 04月 16日

「冨士山と鉄道」展と中央線直通列車たかね号

【世界文化遺産登録1周年記念 富士山と鉄道展の案内】
f0191673_23132088.jpg
  旧新橋停車場鉄道歴史展示室で開催中(平成26年4月8日~7月21日)の世界文化遺産登録1周年記念「富士山と鉄道」展を観覧した。
  案内チラシによるとこの展示は「富士山の文化史における交通史の観点から、特に鉄道との関わりについて紹介する」ものとのことであり、「富士講」と「観光の山」をそれぞれ主題とした展示構成となっており、富士講の展示は山梨県立博物館所蔵資料の史料を中心としている。
  また、観光の山については、「馬車鉄道の開業」、「鉄道網の発達と大衆化」として富士北麓の馬車鉄道、富士山麓電気鉄道と富士急行、中央本線大月駅などの史料を中心として展示されている。




【富士山と鉄道展の案内内容】
f0191673_23135087.jpg
  展示室のスペースは必ずしも広いとは言い難いが、本展における「富士山と鉄道」の鉄道は、中央本線と富士急行線を主題テーマとしており、その主題に沿った山梨県関係の関連資料が適格に展示されている。
  山梨県内の博物館や資料館においても、県内のいろいろな事項を主題とした、こうした形の企画展示が定期的に開催されたらと思う次第である。
  なお、同展においては「富士山と鉄道」展示図録も発売されている。




【中央線直通列車 たかね号の案内】
f0191673_23141652.jpg
  本展において昭和24年撮影の「たかね号」の写真パネルが展示されている。
  展示図録の説明によると、「たかね号」は富士登山列車として昭和9年に名づけられた列車であるという。
  写真は昭和12年頃に出された臨時直通列車「たかね号」の案内チラシである。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-16 23:54 | Comments(2)
2014年 04月 13日

甲州紀行 14 「甲府市街の煉瓦塀」

【甲府市街の煉瓦塀】
f0191673_17175633.jpg
  甲府市街の住宅地に残る煉瓦塀である。
  宅地の境界として建設され手前側にはかつて建物があったが、現在は取り壊され駐車場となっている。
  市街地の空洞化は通りに面した建物の歯抜け状態を招いており、そうした状態は甲府の市街地で散見される。建物が歯抜けとなった市街地に、活気のあった近い過去の賑わいを思うと、時代に寂しさを感じるが、その一方で建物が取り払われたことにより、こうした煉瓦塀を発見することができることは複雑なところである。  
  写真のとおり、煉瓦塀の左端はブロック塀となり、そのまま通りに向かって続いているが、かつてはそのまま煉瓦塀がつづいていたのであろう。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-13 18:10 | 甲州紀行 | Comments(0)
2014年 04月 06日

岸田吟香の精錡水と甲府日日新聞の広告

【『岸田吟香・劉生・麗子』展の案内チラシ】
f0191673_22553449.jpg
  平成26年2月8日から本日、4月6日まで、東京の砧公園内にある世田谷美術館で開催されている、「岸田吟香・劉生・麗子」展(3月20日の山梨日日新聞の文化面に「受け継がれた強烈な個性」として同展の紹介記事が掲載されている。)を先週観覧した。
  岸田三代の中では、劉生が描くところの麗子像が、最も知られているところであるが、今回観覧の目的は岸田吟香であった。
  吟香は劉生の父、麗子の祖父にあたる人物であり、天保4年4月28日に岡山県に生まれ、和英辞書の編さん、「横浜新報もしほ草」「渡航新聞のりあひばなし」といった新聞の創刊、郵便報知新聞の編集や東京日日新聞の主筆となるなど新聞人として活躍している。




【岸田吟香の「精錡水」の広告】
f0191673_22575496.jpg
  眼病を患った岸田吟香は元治元年の5月頃に、治療のため横浜のヘボンを訪ね、その医療技術の高さと何者にも分け隔てなく無私で治療を行うヘボンの姿に強く心を打たれ横浜に移り住み、ヘボンの和英辞書の編集など、活動のすべてを手伝ったという。
  慶応3年、ヘボンから処方を伝授された液体目薬を「精錡水」と命名し販売を始めている。
  その「精錡水」の広告が写真の広告(同展において販売している絵葉書から)である。
  貝殻に練薬といった江戸時代の目薬とは異なり、「精錡水」は日本最初の液体目薬であり、眼病を患った岸田吟香がヘボンに処方され自分の眼病に対する効用に驚き、その後、「自ら製造・販売したという。



【甲府日日新聞(明治11年2月19日第974号)】
f0191673_22583593.jpg


【同号に掲載された「精錡水」の新聞広告】
f0191673_22591611.jpg
  「精錡水」の販売広告については、効果的な図と文章を用いた新聞広告を積極的に活用している。
  岸田吟香が関係していた中央紙である「東京日日新聞」や地方紙にも掲載している。

  山梨の地方紙についても、山梨日日新聞の前身である甲府日日新聞に岸田吟香の名を附して「精錡水」の広告を連続的に掲載している。
  写真の広告は、明治11年2月19日付の甲府日日新聞の最終面、広告欄掲載されている新聞広告である。
  同広告によると山梨県内では、甲府、上野原、勝沼、南部、日川の8人が「精錡水」の大取次となっており、甲府泉町の父母之屋金造は市金造による薬、陶器、銘茶の販売、柳町の宮川清兵衛は川口屋として和様小物、煙草、蝋燭の販売、南部の伊奈平橋は橘屋を屋号とする商店であるなど、いずれも各地域における商店である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-06 08:51 | Comments(0)
2014年 04月 01日

澤田屋 花見だんご

【澤田屋の「花見だんご」の包装紙】
f0191673_235539.jpg
  甲府市桜町38番地に店舗(現在も同位置で営業している)を構えていた澤田屋の花見だんごの包装紙である。
  三色団子の配色をイメージした背面に桜の花びらを図案化している、昭和初期頃の包装紙である。
  当時の甲府市内における桜の名所は、甲府城跡の舞鶴公園や武田神社があげられる。
  この包装紙に包まれた「花見だんご」を携えて、市内市街地や郊外に当時の人々は花見に行った出かけたことだろう。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-01 23:17 | 広告・チラシ | Comments(1)