峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 24日

甲府観光協会

【甲府観光協会趣意並会則】
f0191673_174332.jpg
 甲府観光協会は、昭和4年5月1日に発足した従来の「御嶽昇仙峡保勝会」を解体し、昭和7年12月7日に甲府市を中心とした山梨県内観光地及び物産の紹介・宣伝や観光の利便を図ることを事業目的として設立された組織である。
  


【甲府観光協会ノ趣意】
f0191673_1704171.jpg




【甲府観光協会会則】
f0191673_1711343.jpg




【甲府観光協会発行の観光パンフレット】
f0191673_17148100.jpg
  「甲府市街の中央に大自然の温泉が豊富に湧出している。」をフレーズに甲府市役所観光係、甲府市温泉組合の三者で発行された「新興の甲府温泉」及び「甲府からのハイキング」と題する戦前期発行の観光パンフレット。  




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-11-24 17:30 | 山梨観光アーカイブ | Comments(0)
2013年 11月 16日

曹洞宗 正重院 (廃寺)

【正重院 観音堂跡】
f0191673_175866.jpg
  南アルプス市徳永地区の現在は廃寺となった曹洞宗正重院跡を訪ねた。
  当寺は天正17年8月に創立し、開山は序方和尚、旧寺領は除地250坪の寺院であったが、檀家を持たなかったことなどから寺が振るわず、昭和27年に正式に廃寺になったという。
  慶応4年の記録では、堂舎一宇(横四間半、縦七間一尺)、観音堂(横二間、竪三間)などの記録が記されている。 
  写真の建物は、正重院の観音堂であった建物であり、廃寺後も残されている唯一の建物である。
  廃寺後この建物は、夜景詰所に使われるなどし、現在は地元消防団の消防ポンプ格納庫に使用されている。




【後方側面からの観音堂跡】
f0191673_1759445.jpg
  観音堂当時の面影は殆ど残されていないが、僅かに残されている屋根の破風の格子や装飾が、寺の名残りを留めている。




【旧境内地内に残る石造物】
f0191673_17594281.jpg
  観音堂の裏手に残る正重院時代の石造物である。



【正重院 本堂のあった跡】
f0191673_1801451.jpg
  現在は写真のとおり地区館が建てられているが、この場所には近年まで正重院の本堂跡が残されていた。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-11-16 18:38 | 寺院 | Comments(0)
2013年 11月 10日

谷村町忠魂殿

【都留市護国神社の社殿】
f0191673_2034098.jpg
  都留市護国神社は、町村合併により谷村町ほか4か村が合併し都留市が発足誕生した昭和29年4月に谷村町忠魂殿から改称している。




【谷村町忠魂殿】
f0191673_20344068.jpg
  現在は社殿となっている谷村町忠魂殿は、帝国在郷軍人会谷村町分会により昭和4年5月に現在地に造営されている。
  写真は谷村町忠魂殿の再建落成記念として昭和4年5月30日に同分会により発行された記念絵葉書である。
  同分会が最初に谷村町忠魂殿を造営したのは大正8年4月であったが、昭和3年8月の山崩れにより忠魂殿が埋没大破したことから、当初の場所の隣地である現在の場所を買収し、新たな忠魂殿が建立されている。




【都留市護国神社境内】
f0191673_20353070.jpg
  現在は都留市護国神社と改称されているが、境内には昭和初期からのいくつかの石造物が残されている。




【都留市護国神社正面及び社標】
f0191673_20371585.jpg







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-11-10 20:57 | Comments(0)
2013年 11月 04日

柏尾山 大善寺

【柏尾山 大善寺 境内図】
f0191673_11122090.jpg
  真言宗智山派の柏尾山大善寺は甲州市勝沼町勝沼3559にあり、養老二年2月8日に行基が開創し、聖武天皇から柏尾山鎮護国家大善寺の寺号とともに勅額を賜り、代々皇室の祈願所とされ52堂3000坊を数える隆盛をみたが、当初の堂宇は平安時代初期に焼失したという。
  天禄2年に三枝守国が再建したが安元2年に菩提山長谷寺の僧徒と争い建物はすべて焼失しているが、
当時の検非違使であった平清盛の高倉天皇に対する再興の上奏により、翌年再興が図られたものの、再建された堂宇は文永7年5月に初雁五郎の謀反により再度被災したが、弘安7年に時の執権北条貞時が勅を奉じて再建勧進し8年の歳月を得て再建され、その際に建立され現存する建物が現在の本堂である。




【大善寺本堂(薬師堂)】
f0191673_11131127.jpg
  本堂に当寺の本尊である「木造薬師如来及両脇侍造(重要文化財昭和38年4月4日指定)」が安置されているため薬師堂とも言われている。
  弘安9年3月16日の刻銘がある本堂は、築720年以上が経過し関東周辺で最も古い建物とされている。 



【甲斐国勝沼町 国宝 柏尾山大善寺 本堂 弘安九年建造物】
f0191673_11135327.jpg
  明治期の大善寺本堂である。
  本堂は明治40年8月28日に「古社寺保存法(明治30年法律第49号)」により旧国宝に指定されている。
  なお、戦後の国宝法廃止に伴い施行された文化財保護法に基づき、昭和30年6月22日に同法による国宝に指定されている。



【大善寺山門】
f0191673_11141847.jpg



【甲斐国 柏尾山 大善寺】
f0191673_11144726.jpg
  大正期の大善寺山門である。
  山門は平成14年3月4日に山梨県の指定文化財となっている。




【大善寺庭園】
f0191673_11152966.jpg
  大善寺庫裏の裏側にある庭園は、低い山裾に滝及び築山を組み、その下部に池を掘り水を流すなど、江戸時代初期の特長が残されているという。
  大善寺庭園は名勝として、昭和54年3月31日に山梨県の指定文化財となっている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-11-04 12:23 | 寺院 | Comments(0)
2013年 11月 03日

甲府電力 瓦斯部営業所

【東京ガス 甲府営業所】
f0191673_1751064.jpg
  甲府市北口の東京ガス甲府営業所のある場所は、甲府市内におけるガス会社発祥の地である。
  明治43年12月に資本金30万円を以て桜井栄太郎ほか数名が発企計画し、この場所に甲府瓦斯株式会社を設立している。
  その後、甲府瓦斯株式会社は甲府電力株会社瓦斯部となり、終戦後は東京ガス甲府営業所となっている。 




【甲府電力株式会社 瓦斯部営業所全景】
f0191673_1754829.jpg
  「舞鶴城内、機山館裏入口より鉄路を隔て北に瓦斯会社が設立された、周囲は鼠刺の丸太木を組て柵となし、構内に二階建洋館の事務室、パノラマ形の瓦斯貯蓄釜、四角に大きく高く煉瓦を積み揚げた煙突、石炭積置場、釜焚場、瓦斯冷縮所、倉庫等の建物を築造し」と、大正元年9月発行の『夜乃甲府市』に甲府瓦斯株式会社について記されている。
  写真は甲府瓦斯株式会社が甲府電力株式会社瓦斯部となった以降、昭和初期の風景である。前述の記載を参考にこの風景を確認していただきたい。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-11-03 18:14 | Comments(0)