<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 27日

甲府電力 柏尾発電所

【東京電力 柏尾発電所】
f0191673_1955191.jpg
  国の登録有形文化財である勝沼堰堤(甲州市勝沼町及び大和町地内)に向かう途中にある発電所が柏尾発電所である。
  現在は東京電力の発電所として稼働しているが、大正11年年1月に竣工し甲府電力株式会社の柏尾発電所として当時の東山梨郡勝沼町柏尾に開設された水力発電所である。




【柏尾発電所の門柱と銘板】
f0191673_19552727.jpg




【甲府電力株式会社 柏尾発電所】
f0191673_1956121.jpg
  日川の対岸斜面から見た昭和初期の柏尾発電所である。
  初鹿野発電所の放水及び余水を水路に引き入れた取水口からの水により、フォイト社製インバルスタービン3500馬力400回転の水車と芝浦製作所製の三相交流、3500Vの発電機により発電し、水車から出ずる放水は発電所主屋下の放水路から本流である日川に放水している。
  主屋の建物の外観は、当時の姿をほぼ残しているが、主屋に降りるための右側階段の脇には自動車が下りるための道が整備されたり、階段上の職員住宅と思われる建物も現在はすべて撤去され、写真右側(東方向)に残る勝沼堰堤への見学入路として現在は整備されている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-27 20:29 | 電力 | Comments(0)
2013年 10月 22日

甲州紀行 10 「農業倉庫」

【農業倉庫】
f0191673_23352411.jpg
  白壁と黒壁のコントラストが映える農業倉庫である。
  一昔前または確実に二昔前までは、農村地に自然と見かけることができた建物ではないだろうか。
  農協の敷地に農協本体の建物とセットで建てられていた農業倉庫も、農協の統合が進み農協本体の数が減少したことや、建物の老朽化に伴う施設の新築等から、自ずとこうした建物も消えている。
  秋の山梨県内で、ふと目についた農業倉庫である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-22 23:46 | 甲州紀行 | Comments(0)
2013年 10月 20日

第二回 明治天皇六大巡幸展

【甲府城跡天守台の「明治天皇御登臨記念碑」】
f0191673_8483968.jpg
 明治13年6月16日、明治天皇は7月23日までの38日を全行程とした山梨県三重県京都府御巡幸のため、伏見宮貞愛親王及び太政大臣三條實美ら300余名が供奉し赤坂仮御所を出発されている。
 山梨県内には6月17日に入られ23日に長野県に入られるまでの間、山梨県内に滞在されている。
 甲府には6月19日から22日まで山梨師範学校を行在所として滞在され、その間に甲府城天守台に御登臨されたことを記念して建立されたものが写真の記念碑である。

【第二回 明治天皇六大巡幸展 パンフレット】
f0191673_849435.jpg



  明治天皇は明治5年(九州・西国巡幸)から18年(山口・広島・岡山巡幸)までの明治前期までの間、六大巡幸と言われる全国に及ぶ6回の長期大規模巡幸がなされている。
  昨年7月、明治神宮において斎行された明治天皇百年祭を記念し、明治神宮と財団法人霞会館との共催で「第一回 明治天皇六大巡幸展」(第一回から第三回にあたる前半の巡幸を対象)が開催されており、本年は昨年に引き続き、「第二回 明治天皇六大巡幸展」(明治13年の山梨巡幸を含む、第四回から第六回にあたる後半の巡幸を対象)が、平成25年10月12日から11月24日までの間、明治神宮文化館宝物展示室において開催されている。

【第二回 明治天皇六大巡幸展 図録】
f0191673_8493035.jpg

  本展は「甲州・東山道巡幸(明治13年)」、「山形・秋田・北海道巡幸(明治14年)」及び「山口・広島・岡山巡幸(明治18年)」の三部構成で展示されている。
  「甲州・東山道巡幸(明治13年)」についても関係史料が展示されているが、松本・塩尻に関する史料を中心として展示となっており、山梨県に特化した史料としては、山梨県立博物館所蔵の「大日本物産図会 甲斐国葡萄栽培図 三代歌川広重画」のみであった。
  なお、図録には、「甲州・東山道巡幸(明治13年)」を概説する中で山梨県立博物館所蔵の史料が他に二点掲載されているとともに、「甲州・東山道巡幸(明治十三年)天覧の文化財」と題する論文が掲載されている。





  
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-20 11:57 | 明治天皇旧蹟 | Comments(0)
2013年 10月 14日

龍王警察署 田之岡巡査駐在所旧庁舎

【旧田之岡巡査駐在所庁舎正面】
f0191673_1051100.jpg
  南アルプス市に合併した旧八田村は、御影村及び田之岡村が昭和31年5月3日に合併し発足している。
  写真の建物は、この御影村と田之岡村全域を受け持ち区域としていた当時の龍王警察署(昭和26年3月1日に南甲府警察署と改称)田之岡巡査駐在所の旧庁舎である。
  旧田之岡村地域内の民家の土蔵の内、表通りに面した土蔵を庁舎として使用していたものであり、昭和17年12月に野牛島の表通りに「龍王警察署八田警察官駐在所」として新築移転するまでの間まで長く使用されていたという。
  建物右側部分が当時の駐在所であり、左側部分はその後増築等されたものと考えられる。駐在所として使用されていた右側部分も外観は相当に改装等され屋根部分など以外には、当時の名残りは殆ど残されていない現状である。



【旧田之岡巡査駐在所庁舎側面】
f0191673_105268.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-14 10:24 | 警察 | Comments(0)
2013年 10月 13日

旧芦安郵便局

【芦安郵便局旧庁舎正面】
f0191673_844117.jpg
  芦安郵便局は昭和13年6月1日、芦安郵便取扱所として開設され、昭和15年11月の郵便取扱所制度の廃止により芦安郵便局となっている。
  旧庁舎は郵便取扱所として開設された当時に、木造平屋建て瓦葺16坪の庁舎として建設されたものである。
  昭和18年10月1日に為替貯金業務の取り扱いを開始し、翌19年3月26日には電信業務、電話通話業務、電話交換業務を開始し、電話交換業務については昭和50年5月20日に同業務が廃止されるまでこの旧庁舎で行われていた。
  
  なお、旧庁舎は昭和53年11月27日に、木造モルタル亜鉛葺き平屋建て、82.81㎡の庁舎に新築移転するまでの40年間使用されていた。




【芦安郵便局旧庁舎東側側面】
f0191673_851267.jpg




【芦安郵便局旧庁舎西側側面】
f0191673_854459.jpg
  旧庁舎正面入口の引き戸には「〒」マークがデザインされ、また、正面切妻の真上にも「〒」マークがあるなど、かつてこの建物が郵便局であったことの痕跡が残されている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-13 08:32 | 郵便局・逓信 | Comments(0)
2013年 10月 06日

甲府柳町 岡島茂兵衛

【呉服太物類 岡島茂兵衛】
f0191673_17214714.jpg
  現在の岡島百貨店の前身である、甲府柳町一丁目の大黒屋こと岡島茂兵衛の明治16年1月の広告である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-06 17:25 | 広告・チラシ | Comments(0)