峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 27日

明治神宮への欅材進献

【明治神宮進献木】f0191673_11252610.jpg
 明治44年3月11日の入会御料林御下賜御沙汰書による、本件所在御料地の御下賜以来、『山梨県恩賜県有財産沿革誌』(昭和11年6月発行)によれば、当時の山梨県内においては、「明治天皇の特別の恩食に出でたるものとして、・・・その聖旨に答へ奉らむことを期せざるはなし。」といった状況であったことが記されている。

 そうした当時の状況の中、大正4年5月1日に官幣大社明治神宮が創建されることが内務省告示されたことから明治神宮の造営がなされることとなった。
 山梨県は予ての徴哀を表するのはこの機であると、種々調査を続けた結果、恩賜県有財産内から相当の樹木を進献することとなった。
 写真の大樹は、北都留郡笹子外一恩賜県有財産内から明治神宮造営御用材として進献されることとなった欅であり、欅の周りに写るのは、当時の山梨県知事である阪本三郎や県幹部等の面々である。
 なお、写真の欅は明治神宮造営局技師であった大江新太郎の指揮を受け、大正5年7月に進献され、明治神宮は、大正9年11月1日に鎮座祭がなされている。
 
 山梨県から明治神宮造営に際して進献された木材は、写真の欅の他にも、北巨摩郡篠尾村及び小淵沢村(いずれも現在の北杜市)の恩賜県有財産内から選抜した赤松500本を大正7年4月に献納している。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-27 12:35 | Comments(0)
2012年 05月 26日

昭和21年10月13日の甲府

【昭和21年10月13日の甲府】
f0191673_17564725.jpg



 昭和21年10月13日に開催された山梨女子高等学院の第二回文芸会を記念し、松林軒屋上から撮影された甲府市街である。
 平成23年7月10日に峡陽文庫にアップした「昭和22年6月3日の甲府」の8か月前に同じ場所から撮影されたものである。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-26 18:43 | Comments(0)
2012年 05月 20日

山縣大弐を歩く 5 【延寿山 金剛寺と袴腰天神本殿】

【延寿山 金剛寺】
f0191673_11561140.jpg


 延寿山 金剛寺は山縣神社の東側に隣接する曹洞宗の寺院である。
 明和7年に山縣大弐の兄である山縣昌樹の尽力により、篠原組新居東の地から諸堂宇を現在の場所に移しており、山縣神社の境内に残る山縣大弐の墓も、当初は山縣昌樹により金剛寺の境内(袴腰天神本殿の位置)に建立されていたものであり、明治以降に山縣神社境内の現在の位置に移されている。

【金剛寺 本堂】
f0191673_11563754.jpg


 近年新築された金剛寺の本堂である。
 昭和30年発行の「竜王村史」によれば、発行当時の昭和30年代には明和7年建築の本堂と庫裏、安政6年建築の土蔵が金剛寺の堂宇として残されていたようである。

【本堂の扁額】
f0191673_11571485.jpg


 本堂の扁額は、明治35年に若尾逸平により書かれたものである。

【金剛寺旧景】
f0191673_11584138.jpg


 昭和12年頃の金剛寺である。
 正面に写る堂宇が本堂であり、右側に隣接する建物が庫裏と思われる。


【金剛寺境内の袴腰天神本殿】
f0191673_11594430.jpg


 本堂に向かって右側にある袴腰天神本殿である。
 金剛寺の鎮守として境内に祀られているものであり、以前は天満宮とも称していたようであり、当初は金剛寺の南方にあたる天神川のほとりにあたる六本柳の山縣氏旧宅跡に隣接した天神という旧社地に鎮座していたものである。
 本殿の造立年代は明確ではないが、本殿に係る二枚の棟札によれば、享保四年11月に山縣大弐の父親である山縣山三郎により金剛寺境内に遷宮した旨が記されており、その後、宝暦8年に山縣昌樹、大弐の兄弟が本願人となって本殿の修理を行っている。
 本殿は一間社流造の鉄板葺きであり、構造形式や細部手法から江戸時代中期の遺構と認められるとともに、山縣大弐の由緒を持つ建物である。
 袴腰天神本殿は平成2年12月5日に旧竜王町の指定文化財に指定され、合併後の現在は甲斐市指定文化財となっている。

【北側側面から見た同本殿】
f0191673_1205861.jpg


 石垣積み基壇の上に建てられている、袴腰天神本殿である。

【同本殿の旧景】
f0191673_1213771.jpg


 明治16年9月21日に藤村紫朗山梨県令が官命を奉じ金剛寺墓地において山縣大弐の大霊祭を行った以前撮影した袴腰天神本殿である。
 明治16年の大霊祭の際は、袴腰天神本殿が現在鎮座している場所に山縣大弐の墓が建立されており、この写真は境内旧地に鎮座していたころの本殿の姿である。

【正面から見た同本殿】
f0191673_1222533.jpg


【同本殿の旧景】
f0191673_1224946.jpg
 本殿の旧景は昭和14年5月頃に撮影されたものである。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-20 11:53 | 山縣大弐 | Comments(0)
2012年 05月 19日

甲府城二の堀 2 (丸の内2丁目地内)


【① 宝1丁目地内から見た丸の内2丁目地内の二の堀】
f0191673_7175146.jpg


 協同駐車場南側の二の堀跡の流れは朝日町通りの下を潜り、丸の内2丁目地内に至っている。


【② 甲府共立病院駐車場北側】
f0191673_7184286.jpg


 西側から東側に流れる、甲府共立病院駐車場北側の二の堀跡。


【③ 甲府共立病院駐車場東側】
f0191673_720331.jpg


 前記②の流れは一旦突き当たった後クランクし、南側に向けた流れとなった後、再度写真手前に突き当たった後、西側から東側へと流れを変えている。


【④ 前記③の流れがクランクした金山神社前】
f0191673_734105.jpg


 前記③の流れがクランク後、西側から東側に流れる二の堀跡。
 写真の正面左側に写る建物が金山神社である。


【⑤ FM富士駐車場南側】
f0191673_7351737.jpg


 前記④の流れは、写真手前で道路の下を潜り、この写真の流れに続いて東進している。


【⑥ 暗渠化された前記⑤の流れ】

f0191673_7363720.jpg


 写真に写る黒色自動車の先から流れは暗渠化され、南東方向に流れを変えて手前の道路下(道路に写るアスファルトの色が異なる部分)を流れている。


【⑦ 再び表を流れる二の堀】
f0191673_7384589.jpg


 前記⑥の流れは道路下を潜った後、再度二の堀跡が表面に現れ流れている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-19 07:36 | 甲府城 | Comments(0)
2012年 05月 13日

昭和10年代の甲府駅頭

【昭和10年代の甲府駅頭】
f0191673_10275937.jpg
 昭和10年代の甲府駅頭である。
 駅本屋から東側寄りの駅頭風景であり、地面は未舗装である。



【現在の同位置】
f0191673_10291876.jpg





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-13 10:43 | 鉄道 | Comments(0)
2012年 05月 12日

商店の包装紙14 『開柳堂』

【開柳堂の包装紙】
f0191673_843297.jpg



 昭和10年に甲府商工会議所から発行された「甲府商工案内」には、甲府市内のみやげ品店として、丸屋、末広堂、萬屋、開柳堂など九店が記されており、その内の八店は甲府駅前である、旧橘町一帯に店舗を構えている。
 その内の一店である開柳堂は、甲府駅前である甲府市橘町一番地(現在:丸の内2-1-1)において土屋俊蔵の経営による土産品店である。

【現在の開柳堂】
f0191673_8441037.jpg



 甲府駅前の武田信玄像の正面である、平和通り西側の角地(戦前期は甲府駅前にいわゆる三角地帯が存在するなど、現在の駅前の土地区画状況とは異なるため、店舗周辺の状況は現在の感とは必ずしも一致するとは云えないもの。)において近年まで営業していたが、現在はテナントとして大和証券甲府支店などが入居する開柳堂ビルとなっている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-12 09:12 | 商店の包装紙 | Comments(0)
2012年 05月 06日

商店の包装紙 13 『倉惣茶店』

【倉惣茶店の包装紙】
f0191673_10573895.jpg


【倉惣茶店の商品券】
f0191673_1058167.jpg
 倉惣は天保3年創業と伝えられる老舗茶店であり、甲府市上連雀町27番地において営業していた。




【倉惣茶店】
f0191673_10584641.jpg


 甲府空襲で焼失し、戦後再建された倉惣茶店の本店である。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-06 11:17 | 商店の包装紙 | Comments(0)
2012年 05月 05日

朝日町 伊勢屋本店 出世 かしわ餅


【伊勢屋本店 出世かしわ餅のチラシ】
f0191673_721846.jpg



 朝日町通り伊勢屋本店の「かしわ餅」のチラシである。
 「浩宮様の初節句と御一緒お宅様のお節句をお祝い申し上げます」と書かれていることから、昭和35年のチラシと考えられる。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-05 07:42 | 広告・チラシ | Comments(0)
2012年 05月 04日

東京鉄道管理局 甲府保線運輸事務所

【東京鉄道管理局 甲府保線運輸事務所庁舎】f0191673_2319771.jpg



 甲府駅前の東側にあった、大正四年当時の東京鉄道局甲府補選運輸事務所庁舎である。
 中央本線の八王子、甲府間の工事は、明治29年4月に八王子と勝沼の二か所に建設事務所を設けて着手している。
 着工以来7年の歳月を有し明治36年6月に甲府まで中央本線が開通するとともに、八王子の建設事務所を甲府に移し、鉄道作業局甲府出張所と改称、甲府以西の中央本線建設の拠点している。
 写真の庁舎はその際に建設された建物である。
 中央本線の延伸工事の進捗とともに、明治42年1月には鉄道作業局甲府出張所に代わり、甲府運輸事務所が置かれ、翌43年には甲府保線事務所が設置されている。


【現在の同位置】
f0191673_23205921.jpg



 甲府保線事務所があった場所の現在の様子である。

 
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-04 23:54 | 鉄道 | Comments(0)
2012年 05月 03日

山縣大弐を歩く 4 【山縣大弐の墓】

【山縣神社境内の山縣大弐の墓】
f0191673_2214211.jpg


f0191673_2234418.jpg
 明和事件に連座し、明和4年8月21日に43歳で死罪となった山縣大弐の墓は、茨城県石岡市の泰寧寺(茨城県史跡:昭和10年11月16日指定)、新宿区の全勝寺(新宿区史跡:昭和59年11月2日指定)及び山梨県甲斐市の山縣神社(甲斐市史跡:昭和52年6月25日指定)の3か所に残されている。
 山縣神社に残されている墓碑は当初、神社の東側に隣接する菩提寺の金剛寺境内(袴腰天神社が鎮座する場所)に置かれていたが、明治中期頃に神社境内に移されている。
 左図のとおり、墓碑の正面には「卓映良雄居士」、右側面には没した日、左側面には「源昌貞碑」と刻銘されている。


【(甲斐国) 勤王家 山縣大弐先生の御墓】
f0191673_2231563.jpg
 明治40年前後における山縣大弐の墓である。 



【北側から見た山縣大弐の墓】
f0191673_2224586.jpg


 北側(神社の拝殿側)から見た山縣大弐の墓である。
 墓の後方に見える石塔は、後述する山縣家の墓碑である。

【山縣家の墓碑】
f0191673_2241551.jpg


 山縣家の墓碑である石塔は次のとおりである。
 右側の1番目が供養塔、2番目が山縣大弐の兄である野沢昌樹の墓、3番目が山縣大弐の祖父母の墓、4番目から6番目は先祖の墓碑と言われている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-05-03 22:43 | 山縣大弐 | Comments(0)