峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

甲府連隊【歩兵第四十九連隊】を歩く 5「糧抹庫」

【歩兵第四十九連隊糧抹庫】
f0191673_82257.jpg



 昭和20年の甲府空襲により甲府市街はその70%が焼失した中、甲府連隊の兵営は戦災を免れ、兵営の建物は学校、病院、住宅などに活用され、戦後、徐々に役割を終えた建物は取り壊されていった。
 糧抹庫は間口5間、奥行20間、面積100坪、明治期の洋風建築で山梨県内に現存する最大規模の煉瓦建造物であり、県甲府連隊の建造物として唯一残されている建物である。

【歩兵中隊散開戦闘(歩兵第四十九連隊)】
f0191673_8135645.jpg



 明治末頃の甲府連隊である。写真の右側に写るレンガ造りの建物は、糧抹庫の南側に連続して建てられていた、炊事場と浴場の建物である。(炊事場の左側奥に糧抹庫が建てられていた。) 

【歩兵第四十九連隊糧抹庫 正面】
f0191673_833679.jpg



 糧抹庫は明治42年4月に建造され、終戦後の昭和24年12月に糧抹庫附近の敷地が山梨大学学芸学部付属小学校・中学校の用地となり、残されていた甲府連隊時代の建物が活用され、時代とともに役割を終えた当時の建物が取り壊されていく中、附属中学校の施設として使用されてきたものである。

【歩兵第四十九連隊糧抹庫 西側側面】
f0191673_842192.jpg


 平成10年の大雪のため糧抹庫の一部が破損したことを契機に建物保存の機運が高まり、平成14年に耐震・改修工事の後、現在は山梨大学教育人間科学部「赤レンガ館」となっている。


【赤レンガ館 「歴史資料室のご案内」】
f0191673_812675.jpg
 「赤レンガ館」は現在、山梨大学教育人間科学部のコミュニティホール、歴史展示室として使用されている。
 



【館内平面図】
f0191673_8163123.jpg
 館内はコミュニティホールと歴史展示室の2つのゾーンに区分され、歴史展示室には、山梨大学人間教育学部に関わる、18世紀末の甲府学問所、徽典館時代から現在に至るまでの施設・設備の図や写真、それぞれの時代に使用された文物が展示されている。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-26 09:08 | 甲府連隊 | Comments(0)
2012年 02月 25日

甲府カトリック教会

【甲府カトリック教会天主堂】
f0191673_223148.jpg


 甲府カトリック教会(甲府市中央2-7-10)の天主堂は、大正14年に献堂式が行われた、甲府市内で唯一現存する戦前期のキリスト教会建築である。
教会のある旧横近習町とその近隣である旧山田町、旧富士川町は昭和20年の甲府空襲でも市街地にありながら、その殆どの地域が空襲による被災を免れた地域であり、戦前期の甲府市街の面影が残る地域であったが、年を追うごとにその地域も古くからの建物が取り壊され、昔の面影が消え去ろうとしている。
  

【天主堂の後方】
f0191673_224359.jpg


 甲府カトリック教会の敷地内(天主堂の西側)には、かつて「暁の星愛児園」という幼稚園が併設されていたが、現在は閉園しその建物も取り壊されている。
なお、甲府カトリック教会の面する通りを西に300mほど行った「税務署東」交差点の角には、かつて日本基督教団甲府教会が建てられていたが昭和20年の甲府空襲で教会の建物は焼失している。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-25 22:33 | 基督教会 | Comments(0)
2012年 02月 19日

甲府名所 昭和通り

【甲府名所 昭和通り】
f0191673_940977.jpg



 昭和30年代前半の昭和通りである。
 山梨や甲府に関わりのある方なら、この場所の位置関係はすぐにお解りになる場所だと思われる。
 「昭和通り」の通称は戦前期に付されたものであり、戦前期にこの場所を東側から写した絵葉書にも、昭和通りの名称が使われている。
  左の建物は甲府空襲で焼失し、戦後再建された山梨中央銀行本店である。また、その先に写る岡島百貨店は昭和13年9月に完成し、甲府空襲で外観を残して内部が焼失したが、戦後復旧再建され営業していた。
 増床前のこの頃、通りに面した東側には甲府日活や甲府松竹などの映画館が営業していた。

【現在の同位置】
f0191673_9403541.jpg



 山梨中央銀行本店も昭和44年11月に現在の建物となり、岡島百貨店も外壁を改修し増床を行っているが、通りの幅員は当時と変わらず現在に至っている。
 中心街の空洞化などが課題となっているが、人通りが減った現在もこの附近が甲府の中心街である位置付けは変わっていない。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-19 10:40 | 甲府市街点描 | Comments(0)
2012年 02月 18日

山梨の官選知事 3「山脇春樹」

【第21代山梨県知事 山脇春樹】
f0191673_17475617.jpg
 大正5年10月13日から同8年4月18日まで、第21代山梨県知事を務めた山脇春樹は、明治4年5月京都府士族、畑田家に生まれ、同30年4月に行政裁判所長官や貴族院議員を務めた山脇玄の養子となり、同32年東京帝国大学法科政治科を卒業、高等文官試験合格後は、司税官、農商務大臣秘書官、農商務省商務局商事課長、台湾総督府専売局長、臨時博覧会事務官長を経て山梨県知事に着任している。




【甲府勧業共進会役員】f0191673_1875060.jpg



 甲府市役所前における甲府勧業共進会役員の記念写真である。(前列左から6人目が山脇知事である。)
 大正7年10月5日から10月25日まで、甲府市制30年記念として開催された甲府勧業共進会において、当時の知事であった山脇春樹は総裁を務めていた。
 山脇は、かつてイタリア、ドイツ、ベルギーなどに派遣され、欧州諸国の事情に精通し、特に博覧会経営の権威でもあり、山梨県転任後に努めた県知事時代には博覧会知事の異名をとるほど博覧会については熱心であったという。

【山脇春樹の墓】
f0191673_17485112.jpg


 大正8年4月に山脇春樹は三重県知事に転任し、その後は栃木県、愛知県の知事を務め、大正15年に官界を去った後は、養母である山脇房子が創立した山脇高等女学校の校長となり、昭和23年1月3日に78歳で没している。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-18 19:29 | 山梨の官選知事 | Comments(0)
2012年 02月 12日

甲府連隊【歩兵第四十九連隊】を歩く 4「兵営内の石積」

【西側に続く兵営内の石積】
f0191673_8524362.jpg



 甲府連隊の兵営は甲府市街の北部、山並みに向けた傾斜地に造営されたため、南北に向け何段かの段差が設けられていた。
  山梨大学附属小学校の校舎群と南側の学校グラウンドの段差がその兵営中央部にあった最も高い段差である。
  造営当時はその段差に石組みが築かれていたが、現在は当時の石組みは撤去されている。
  写真は前述の段差の北側にある、階段4段ほどの段差に築かれた石積である。


【兵営内の石積 2】
f0191673_854496.jpg



  山梨大学附属小学校は校舎群を挟んだ南側(校舎下)と北側(校舎上)に学校グラウンドを有しており、いずれも段差となっている。
  現在、兵営内の中央には南北に向けた道路が走り、兵営内は東西に区分された形になっており、山梨大学附属小学校はその東側に位置している。
  写真の石積は西側に残されているものであり、山梨大学附属小学校の校舎群と北側グラウンドの段差に続く東西の段差の内、撤去されずに現在も残されている西側部分の段差に築かれた石積である。


【兵営内の石積 3】
f0191673_8544397.jpg


 西側のこの段差を挟んだ南北は市営団地の敷地となっていることから、西側の石積は残されたものであり、石積の間にある階段は後に整備されたものと考えられる。
 


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-12 09:35 | 甲府連隊 | Comments(0)
2012年 02月 11日

西側からの甲府城遠景

【舞鶴城公園(甲府市橘町に在り)】
f0191673_21212198.jpg


 写真右側に大正12年5月4日日付の記念スタンプが押印されているが、大正11年9月に完成した謝恩塔がまだ建設途上であることから、この写真はそれ以前の時期に写されたものである。
 石垣の下に広がるのは、かつて県庁の敷地にあった旧制甲府中学の運動場であり、石垣の上に建つ瓦屋根の和風建築は、現在も残る武徳殿が建設される以前にあった武道関係の建物である。


 
【現在の同位置】
f0191673_21214098.jpg



 かつての運動場は中央本線を跨ぐ跨線橋の連絡道路となり、甲府城も近年の整備により、塀や城門が復元され石垣が整備されるなどしている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-11 21:44 | 甲府城 | Comments(0)
2012年 02月 05日

昭和10年代の県庁と甲府城

【昭和10年代の県庁と甲府城】
f0191673_15282655.jpg
 現在新庁舎が建設中である甲府市役所の場所から、県庁が現在の場所に新築移転したのは昭和5年4月である。
 この写真は、スクランブル交差点北側の現在県庁通用門がある位置附近から北側に向けて撮影された写真である。
 県庁から揚げられたアドバルーンには「貯蓄報国 貯メテ報国殖シテ笑顔」の標語が掲げられている。
 遠方の石垣は甲府城の石垣であり、その上に建つ建物は現在も残る武徳殿である。また、石垣の手前に僅かに写るのは、後に甲府市立図書館となった建物であり、ボロ電の軌道もまだ敷設されておらず、道路も未舗装の頃である。





【現在の同位置】
f0191673_1535992.jpg


 防災新館建設のため、県庁の敷地も外壁で囲まれ庁舎を望むことはできない。
 また、甲府城の石垣上には外壁が復元されたため、この位置から武徳殿の屋根を望むこともできなくなっている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-05 16:47 | 甲府市街点描 | Comments(0)
2012年 02月 04日

甲府連隊【歩兵第四十九連隊】を歩く 3「兵営の外郭」

【兵営の外郭の遺構 ①】
f0191673_1931235.jpg


 明治42年に竣工した甲府連隊の兵営の周囲を囲っていた外郭の遺構である。
 甲府連隊営門附近を写した写真を見ると、営門の門柱左右は石組みではなく、土盛りの状態となっているため、全周が石組みとなっていたかは定かではないが、相当部分はこうした石組みで囲まれていたと考えられるものである。


 前記①の写真は、兵営の南東角地であり、上記地図のアイコンの位置である。


【兵営の外郭の遺構 ②】
f0191673_195559.jpg



【兵営の外郭の遺構 ③】
f0191673_1964478.jpg


 前記②の右側(北側)に残る外郭の遺構であるが、石組みはなく土盛りのみが残されている。

【兵営の外郭の遺構 ④】
f0191673_1973443.jpg


 前記①の石組みは更に左側(西側)に向けて残っており、この石組みは兵営正面、営門に向かって右側から角地に向けての石組みである。
 写真は東側から西側に向けて撮影したものである。
 現在残されている甲府連隊の外郭はこの附近のみである。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-04 19:39 | 甲府連隊 | Comments(2)