<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 29日

太宰治と甲府 2 【御崎町の借家と煙草店】

 「御崎町は寿館のある町よりも、もっと北に寄っていて文字通りの町はずれである。昭和十四年の一月早々、風の強い日に太宰は寿館から、この町の小さな借家に移った。」津島美知子著『回想の太宰治』(昭和53年5月20日・人文書院刊)
 昭和14年1月8日に井伏鱒二夫妻の媒酌により東京杉並の井伏宅で挙式した太宰修と美知子(旧姓:石原美知子)は、甲府市御崎町56番地の間取りが八畳、三畳の二間、家賃が六円五十銭の借家で新生活を始め、三鷹に転居する同年9月1日まで甲府に居住していた。
 新居は御崎神社や甲府中学(現在の山梨県立甲府第一高校)が面する道路の少し北側に位置しており、御崎町は甲府四十九連隊や甲府陸軍病院などがすぐ近くにある町であった。


【甲府煙草小売人組合 組合員名簿】f0191673_1620440.jpg

 「酒屋、煙草屋、豆腐屋、この三つの、彼に不可欠の店が近くに揃っていてお誂え向きだと、私の実家の人たちにひやかされたが、ほんとにその点便利よかった。」『回想の太宰治』
 甲府煙草小売人組合の組合員名簿(昭和14年5月現在)によると、太宰治にとって必要不可欠な店の一つである御崎町の新居近くにあった煙草屋は、御崎町60番地(現在:甲府市朝日5-10-7)で原田親平が営業していた店である。




【御崎町の煙草店跡】
f0191673_1619533.jpg


 御崎町60番地は写真左側の中料理店の場所であり、正面の道を80m程進んだ左型が御崎町の借家である。
 また、右側の駐車場になっている場所で、昭和初期から47年頃まで分部豆腐店が営業していた。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-29 16:31 | 太宰治と甲府 | Comments(0)
2012年 01月 22日

県庁附近にて

【県庁附近にて】
f0191673_1050660.jpg
 昭和10年代前半の初冬、山梨県庁附近で撮影された一枚の写真である。
 県庁前のスクランブル交差点の先、県庁の高垣ができる以前、三人が立つ位置は県庁敷地内である。後方に写るのは甲府城内の謝恩塔、また手前の建物は、内藤二次郎を工事請負人として昭和11年4月13日に開館式が挙行された山梨県医師会館である。
  開館式当日は、土屋正三山梨県知事、県庁衛生課長、社会課長、健康保険課長、斉木逸造甲府市長、甲府郵便局長、山梨県歯科医師会長、山梨県薬剤師会長、山梨県立病院長、市内各新聞社長等の来賓などその出席者は130余名であったが、当日はあいにくの天候であったため、山梨県下各郡の遠方からの出席が芳しくなく、予定の人員には達しなかったようである。開館式後の招待宴は県庁構内に移築されていたかつての機山館である山梨教育会館二階の大広間で行われている。




【現在の県庁附近の様子】

f0191673_10534283.jpg


 スクランブル交差点から北上するこの道は、戦後、中央本線をまたぐ跨線橋で北口に抜ける甲府市街の幹線道路となっている。
 山梨県警が使用している旧山梨県信用組合ビルにより、現在は甲府城内の謝恩塔を見通すことはできなくなっている。
 また、同ビルの手前にあった山梨県医師会館は昭和20年7月の甲府空襲による戦災を受けず、現在の場所に医師会館が新築移転するまで使用され、その後は山梨県庁東別館として使用されていたが、山梨県民会館大ホールが取り壊された時期と同じ頃に取り壊され、現在は県庁駐車場となっている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-22 11:36 | 甲府市街点描 | Comments(0)
2012年 01月 14日

山梨の官選知事 2 「海江田武次」

【海江田信義(武次)の墓】
f0191673_22594158.jpg



 明治新政府は国史編纂を重要施策の一つとし、太政官正院に歴史課が明治五年に設置され、旧幕時代の藩政史、王政復古の経緯、維新後の地方行政沿革を主体とした国史編纂計画が所掌事務の一つとされ、明治7(1874)年11月には各府県に対し「歴史編輯例則」に基づき、明治7年までを対象とした資料提出及び明治8(1875)年以降は各年版の資料を作成の上、逐次提出することが指示されている。
 山梨県においても明治元年から同12年に至る間を記録した全45冊からなる山梨県史が編集され、その第一巻の冒頭には「明治元年戊辰三月十二日、東海道副総督ノ命ヲ承ケテ参謀海江田武次甲府ニ至リ国事ヲ代理ス。是ヲ本県立庁ノ始メトス。」と記されている。
東海道副総督参謀 海江田武次は歴代山梨県知事の初代として位置づけられている。
 海江田は浜松藩兵百名余を従えて甲府入りしており、官軍によるこの時期の初政はあくまで臨時軍政府といったものであり、同年4月頃まで甲府に滞在していた。
 
 海江田は天保3年(1832年)2月11日、薩摩藩士・有村仁左衛門兼善の次男として生まれ、島津斉興の茶頭に出仕した11歳の時に俊斎と称し、文久元年(1861年)12月には、日下部伊三治の次女・まつと結婚し、同時に婿養子となって海江田武次、信義と改名(海江田は日下部の旧姓)している。

 その後、明治3年8月には奈良県知事、明治5年に左院四等議官、明治14年、元老院議官、明治20年には欧米各国視察を命ぜられて渡航。同年子爵を受爵し翌年に帰国し、明治23年には貴族院議員となり、翌年には枢密顧問官に就任し明治39年10月27日に75歳で死去している。
 写真の海江田信義(武次)の墓は、明治40年10月に海江田の長男である虎次郎が建立している。

【海江田信義夫人 愛子・海江田家の墓】
f0191673_2305426.jpg



 海江田信義(武次)の墓の後方、通りをはさんで建立されているのが、海江田夫人と一族の墓である。
 墓域内の墓誌によると、海江田の夫人である愛子は昭和5年に73歳で、長男虎次郎は昭和46年に94歳で没していることが記されている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-14 23:20 | 山梨の官選知事 | Comments(0)
2012年 01月 09日

甲府城三の堀(中央五丁目~城東二丁目地内)

【中央5丁目と城東2丁目境界上の橋から西側】
f0191673_10582225.jpg


 平和通りの西側における最後の開口部から、甲府城三の堀が東側で最初に見られるのは、桜町通りの南側の突き当り、暗渠部分からの流れが開口部となった場所からである。
 南側に下る流れは、相生二丁目と若松町の境界部で引き続き南下する流れと、直角に東側への流れに分かれ、かつて花街であった若松町を流れ青沼一丁目地内で再度北側にクランクし、開運橋を過ぎた辺で東側にクランクしている。
 写真は、東側にクランクした流れを三の堀に架かる橋上から撮影したものである。
 開運橋からその先の笠森稲荷神社までの間は、まさに、流れの左右に建つ家並みの裏側を流れるとぃった
風情である。

【城東2丁目地内から前記写真を撮影の橋方向】
f0191673_10584489.jpg



 前記の写真を撮影した橋の東側と、更にクランクして北側に流れが変わる場所を背にした場所である。
 橋の右側には文殊稲荷神社が鎮座している。

【西から東の流れがクランクし北側に流れる城東2丁目地内】f0191673_1059753.jpg


 前記写真の位置から流れが北側にクランクする場所から見た、北側への流れの様子である。
 
 暗渠部から開口部となったこのあたりの流れは、甲府城三の堀跡であるとともに、一般的には濁川という河川名で呼ばれている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-09 12:03 | 甲府城 | Comments(0)
2012年 01月 02日

オリオンパレス

【オリオンパレスのあった場所(オリオン通りの南側入り口)】
f0191673_1743117.jpg
 洋画専門の映画館であったオリオンパレスの開館は昭和21年、写真のオリオン通りアーケードの南側入り口の左側(ココリの場所)がその場所である。
 オリオン通りアーケードの道は、大正15年に甲府電力(現在の東京電力)前から紅梅通りの間に新道が開設されたのが始まりであり、戦前期から繁華街への近道として多くの利用があったが、昭和20年7月の甲府空襲で周辺一帯は焼け野原となっている。
 こうした戦後復興の中、オリオンパレスは北杜市(旧須玉町)出身の上村文一、慶一、芳文の三兄弟により昭和21年から昭和32年まで営業が続けられていた。
 


【オリオンパレスのチラシⅠ】
f0191673_17432898.jpg


【オリオンパレスのチラシⅡ】
f0191673_17451548.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-02 18:16 | 劇場・映画館 | Comments(0)
2012年 01月 01日

大正丙辰歳 謹賀新年

【岡島呉服店 年始挨拶】
f0191673_2182633.jpg


 大正丙辰歳は大正5年、96年前の辰年である。
 この年始挨拶は、現在の岡島百貨店が柳町の岡島呉服店時代の年始挨拶状である。今年は大正100年にあたる年、大正時代も身近の時代から、いよいよ歴史の時代に突入していく感を持つ平成24年の迎春である。
 
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-01 21:28 | Comments(1)