峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 23日

写真の場所を教えてください。

 峡陽文庫をご覧いただきありがとうございます。
 今回はタイトルにもありますとおり、下記の写真の場所が知りたくお尋ねするものです。
 いずれも、戦前期(昭和10年~昭和17年頃、いずれにしても甲府空襲による戦災前)に撮影されたものであり、場所は甲府市内、中央本線の北側方面というのが共通事項です。
 
 写真の場所を御存じであれば、峡陽文庫あて是非ご教示いただけますよう、お願いいたします。
 
【写真1】
f0191673_18392250.jpg


 写真の右側にある民家の奥には寺院の屋根が写っています。また、左側には墓地らしき様子が見えます。
 甲府空襲で旧市街の寺院はそのほとんどが焼失しているので、写真の寺院も建物は残っていないと思われます。

【写真2】
f0191673_18395070.jpg
 甲府市内の路地を写したものです。
 写真中央の鐘楼が特徴的です。前述のとおり、甲府空襲で焼失していると思われます。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-23 19:14 | Comments(0)
2011年 12月 17日

甲府 三省楼

【全景(甲府・三省楼)】
f0191673_16393580.jpg


 三省楼は辻弥蔵が明治22年に甲府市桜町13番地(現在の甲府市中央1-18-3)で開業した割烹料理店である。
 写真右側の建物が割烹料理店としての入り口であり、左側は食堂三省楼としての建物である。

【甲府市桜町 割烹店 三省楼表の全景】
f0191673_16395932.jpg


 明治43年頃の三省楼である。昭和2年9月には裏春日町通りに三省楼別館「三春」を開業し、相生町には支店「はせ川」が営業していた。

【三省楼付近の地図】
f0191673_16403297.jpg


 昭和10年代中期の様子である。

【現在の三省楼跡】
f0191673_1642304.jpg


 既に廃業した、かつての三省楼の跡である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-17 18:01 | Comments(0)
2011年 12月 11日

明治天皇 上野原行在所跡

【上野原行在所跡】
f0191673_1838102.jpg


 甲州街道上野原宿本陣は、明治13年の明治天皇による山梨、三重、京都御巡幸において、御泊行在所と定められ、6月17日午後5時に御着輩、翌18日午前7時に御発輩されている。

【上野原行在所跡 中門】
f0191673_18391577.jpg


 天保2年に上野原宿に大火があり全宿類焼の被害であったが、本陣の建物は地面よりも何段か高い上部にあったため焼失を免れたとも言われている。
 旧本陣の当主であった加藤景明が御巡幸に際し行在所の出願を行い、御用掛による4月の検分の結果、5月7日に内定するとともに、14件の修繕箇所を指示されている。
 中門は現在も唯一残る行在所当時の建造物である。

【上野原行在所跡 中門内】
f0191673_18395975.jpg


 中門内側の現状であるが、行在所当時の建物は昭和22年4月3日に焼失し烏有に帰している。

【焼失前の上野原行在所】
f0191673_18405488.jpg


 昭和15年当時の上野原行在所の建物である。
 上野原行在所は昭和8年11月2日に「明治天皇上野原行在所」として国の史跡に指定され、同月10日には史跡指定記念式が挙行され、昭和9年1月30日には行在所の管理者として当時の上野原町が指定されている。
 また、明治13年の御巡幸以来、地籍の売買により明治29年10月には加藤家から竹中氏に、明治30年5月からは藤田氏が所有している。

【上野原行在所外門跡】
f0191673_18414842.jpg



 甲州街道(国道20号線)に面した上野原行在所の入り口である。
 かつてこの場所には外門があり、その脇には「明治天皇上野原行在所」と揮毫された石碑が建てられていたが、外門は昭和29年3月31日に焼失している。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-11 20:21 | 明治天皇旧蹟 | Comments(0)
2011年 12月 10日

安田銀行 甲府支店

【安田銀行甲府支店営業案内】
f0191673_233545.jpg
 山梨県の主な産業である、水晶、葡萄、蚕と富士山をデザインした安田銀行甲府支店の営業案内パンフレットである。


【安田銀行甲府支店の跡】
f0191673_2344638.jpg


 大正9年7月に県外資本である信濃銀行甲府支店が甲府市八日町に開設され、大正12年11月に信濃銀行が保善銀行と合併し安田銀行となったことから、安田銀行甲府支店が発足し、その際、八日町から柳町一番地に移転している。
 写真は安田銀行甲府支店が置かれていた、現在の支店跡である。
 なお、安田銀行はその後、富士銀行となり、新たに富士銀行甲府支店となっている。昭和31年1月には平和通りに面した場所に新社屋が建設され柳町から移転している。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-10 23:35 | 銀行 | Comments(0)
2011年 12月 04日

関山遊郭

【関山遊郭栃木楼】
f0191673_14352893.jpg


 関山遊郭は山梨県内に二か所設置されていた遊郭の一つである。
 風紀上好ましくないとの意見などから、市街の中心地からは離れた場所に明治33年12月に建設されている。
 当時の遊郭内の配置は、北側に大門である遊郭の入り口が置かれ、大門を入った左側には関山遊郭請願巡査派出所が置かれていた(明治43年5月1日から大正元年12月31日までの間)。
 全盛期、遊郭内には七つの妓楼(中米楼、大黒楼、日吉楼、今寿楼、東京楼、清川楼、金生楼、)と床屋、診療所などが置かれていたが、大正期になると妓楼は中米楼、今寿楼、金生楼の3軒となり、昭和期には中米楼と金生楼の2軒となり、戦時中にはその2軒が軍の病院に転用されるなどしながら、昭和33年3月の防止法施行により関山遊郭は消滅している。
 なお、栃木楼はその後、金生楼と名称が変更されている。

【大門の跡】
f0191673_14375529.jpg


 写真の正面がかつての大門の位置である。

【現在の状況】
f0191673_1440387.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-04 15:18 | Comments(1)
2011年 12月 03日

大正館

【大正館正面】
f0191673_2236514.jpg


 大正館は上野原市上野原1404番地に残る、戦前期に建築された山梨県内唯一の旧映画館であり、平成9年7月30日に国の登録文化財に指定されている。
 当初の大正館は、寄席としての機能を果たし、映画のほかに講談、浪花節、落語などの演芸一般が行われていたが、大正13年7月に山内金一が月15円で興業権を譲り受け、以降は映画常設館として営業されていた。

【大正館 西側】
f0191673_22374872.jpg


 娯楽施設として戦前、戦後期の映画黄金時代経て、昭和30年代後半期頃から客足も急激に減少するなど、多くの映画館と共通な時代を経て、昭和63年の上映を最後に現在は人形店大正館の倉庫として使用されている。 

【大正館 側面】
f0191673_22383078.jpg


 木造2階建て、切妻造り、亜鉛引鉄板葺き、外壁は下見板張りでモルタル塗りの円柱やアール型の壁を設けるなどの洋風の外観を持ったファサードとなっている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-12-03 23:30 | 劇場・映画館 | Comments(0)