<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 22日

甲斐国惣社 縣社 八幡神社

【八幡神社(甲府市宮前町)】
f0191673_11485839.jpg
 甲府市宮前町6番地に鎮座する八幡神社は承久年間(1219~22)に武田信光が鎌倉の鶴が岡八幡宮を石和館に勧請し国衙八幡宮として武田家代々の鎮守神としたことに始まると言われ、その後の甲府開創に伴い武田信虎が躑躅ヶ崎館の西側(現在の甲府市立相川小学校の敷地周辺)に遷座したものである。
 武田氏の氏神が八幡宮であったことなどから、石和に鎮座していた当時から甲斐国総鎮守として国主代々の祈願所としての位置付けとなっており、甲府への遷座後、武田信玄の代に至り神社統制の中心となっていた。
 武田家滅亡後においても、甲府盆地を支配下においた徳川家康が八幡神社に参詣していることも伝えられているが、文禄年間(1592~96)の甲府城築造による近世甲府城下町の建設により、浅野長政が現在の場所に遷座し、それ以降も甲斐国惣社、徳川氏祈願所、甲府城鎮守などの役割を担っていた。
 なお、躑躅ヶ崎時代に鎮座していた名残りとして、相川小学校の体育館南側にある峰本自治会館の中に古八幡神社が現在も祭られているようである。


【八幡神社:随身門の礎石】
f0191673_11503743.jpg
 中世、近世と甲斐国惣社として大きな役割を担っていた神社ではあったが、明治維新後の禄高返還により八幡神社の収入が激減すると、神社の維持管理が困難となり、明治後期には旧来からの社殿の荒廃が著しくなってきたため、大正9年には有志による八幡神社奉営会が組織され、協賛者等から寄せられた当時の金額で3万円の寄附金により、本殿、拝殿、随身門、鳥居、神楽殿が再建され、当時の神社制度における県社に指定もされていたが、昭和20年7月の甲府空襲により大正時代に造営された社殿は焼失し、終戦後、現在の社殿が再び建設されている。
 

━元甲斐国惣社 縣社八幡神社 随身門及鳥居━
f0191673_11493797.jpg
 甲府空襲で焼失した大正時代に造営された随身門と鳥居である。
 前記の写真は、この随身門の礎石である。


【八幡神社:拝殿①】
f0191673_1152207.jpg


【八幡神社:拝殿②】
f0191673_11533167.jpg


━元甲斐国惣社 県社八幡神社 拝殿━
f0191673_1154854.jpg


━元甲斐国惣社 県社八幡神社 本殿━
f0191673_1154283.jpg


【八幡神社:神楽殿】f0191673_11545186.jpg


━元甲斐国惣社 県社八幡神社 神楽殿━
f0191673_11552986.jpg


【八幡神社:拝殿側から正面鳥居に向けた景観】
f0191673_1156447.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-22 11:57 | 神社 | Comments(0)
2009年 09月 21日

甲府連隊【歩兵第四十九連隊】を歩く 1 「営門跡」

【甲府連隊兵営図「戦記 甲府連隊」より】
f0191673_81043.jpg
 歩兵第四十九連隊、いわゆる甲府連隊は、明治42年4月に兵営が西山梨郡相川村に設置された。
 現在の甲府市北新1丁目のほぼ全域がかつての兵営があった場所である。
 昭和20年7月の甲府空襲により市街地が焼失したものの、甲府連隊の施設は甲府空襲による罹災を免れたため、終戦後、当該施設は甲府空襲の罹災者や外地からの引揚者のための住宅として、また山梨師範学校、甲府高等女学校など校舎が焼失した学校の仮校舎として使われてきたが、こうした甲府連隊時代の施設は現在までにその殆んどが取り除かれ、山梨大学の附属小中学校、甲府市立北新小学校、山梨県福祉プラザ、甲府市営団地などを始めとした住宅地となっている。
 左記の甲府連隊兵営図は昭和39年9月にサンケイ新聞甲府支局から発行された『戦記 甲府連隊』によるものであるが、下図の「現在の北新町略図」も既に45年が経過した昭和39年当時の状況であり、当然ながらその略図も大きく変化しているものである。
 今後、「甲府連隊を歩く」と題し現在の様子を紹介していくこととしたい。



【現在の甲府連隊営門跡】
f0191673_86810.jpg
 甲府連隊の営門があった場所の現在の様子である。
 東西に通じる道路に面し、その北側に向けて甲府連隊の兵営施設が置かれていたが、その兵営を東西に分断する形で、北側に通じる道路(写真正面の道路)が戦後建設され、現在はT字路となったこの場所に営門が置かれていた。



━(甲府名勝) 甲府第四十九連隊正門━
f0191673_872273.jpg


 明治42年頃、甲府連隊の兵営が建設された当時の営門である。この建設当初からの営門が終戦時まで使用されていた。

━(甲府名所) 四十九連隊正門━
f0191673_875396.jpg


 昭和初期の営門である。営門に変化はないが、門扉が木柵から鉄柵に取り替えられている。

【歩兵第四十九連隊営門跡碑】
f0191673_884045.jpg


 営門跡のやや東側、山梨県福祉プラザの駐車場に建てられている「旧歩兵第四十九連隊 営門跡碑」である。
 この石碑の建設当時、この場所は山梨県の職員住宅であった。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-21 09:05 | 甲府連隊 | Comments(0)
2009年 09月 20日

御坂国道バスと御坂峠と太宰治

【富嶽百景(新潮文庫)】
f0191673_13503084.jpg
 昭和13年9月13日、太宰治は井伏鱒二の勧めで当時の南都留郡河口村御坂峠の天下茶屋を訪れ、11月6日に甲府市水門町の石原美知子と婚約し甲府市堅町の下宿先である寿館に移るまで滞在し、『火の鳥』などの執筆を行った。
  また、天下茶屋におけるその頃の状況や生活については、雑誌「文体」に発表した『富嶽百景』の中で触れられている。
  「昭和十三年の初秋、思ひをあらたにする覚悟で、私は、かばんひとつさげて旅に出た。」太宰治は、御坂峠の天下茶屋に滞在したのである。


【御坂新道御案内】
f0191673_13443485.jpg
 「私は甲府市からバスにゆられて一時間。御坂峠にたどりつく」(富嶽百景)、「三浦君が甲府市からバスに乗って、もう雪の積っている御坂峠を越え下吉田町に着いた頃には日も暮れかけていた。」(律子と貞子)などに書かれているのが、甲府から御坂峠経由で富士吉田を結ぶ旧国道8号線を路線としていた御坂国道バスである。
 同社が発行したこのチラシには「富士は東に、みたけは西に、音頭とるのは御坂バス」との洒落口とともに、 三つ峠登山や御坂新道八景などが紹介されている。


【御坂国道バス時刻表】
f0191673_13455017.jpg
 御坂国道バスは旧国道8号線の道路改修工事の完成後、昭和9年に設立され、本社を甲府市八日町14番地に、吉田営業所を富士山麓電気鉄道の富士吉田駅前に設置していた。
  所要時間は、甲府から御坂峠頂上までが1時間10分、御坂峠頂上から吉田までが40分となっていた。
  なお、写真は甲府駅前にあった御坂国道バスののりばと、当時の車掌の様子である。



━御坂峠トンネルノ富士━
f0191673_13463873.jpg


 旧御坂トンネルの河口湖側から望む富士山である。
 なお、トンネルを出て左側が天下茶屋であるが、中央に写る東屋風の建物は現在建てられていない。
(東屋風の建物脇を右側に更に入ったところに、太宰治文学碑が建てられている。)

━御坂峠五曲坂━
f0191673_1347896.jpg


 甲府方面から御坂峠に向かう峠越えの道路である。
 この五曲坂(イマガリザカ)は御坂新道八景の一つであり、「地勢急峻のため道路雛壇の如く五段にて自動車の交錯する時など一種変わった眺めなり五曲坂と呼ぶ」と、紹介されている。

【「御坂八景」絵葉書のタトウ】
f0191673_1350827.jpg
 上記2枚の他に4枚、合計6枚をセットとした「御坂八景」絵葉書のタトウである。
 この絵葉書はタトウの下部に「御坂峠頂上天下一茶屋発行」とあるように、現在も峠に建つ天下茶屋が発行したものである。
 なお、絵葉書の裏面には記念スタンプが押されているが、その日付は天下茶屋に太宰治が滞在していた時期でもある、昭和13年11月3日となっている



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-20 15:53 | Comments(1)
2009年 09月 19日

甲府陸軍病院

━甲府衛戍病院 正門━
f0191673_14422383.jpg
 甲府衛戍病院は傷病兵収容等の目的で、甲府への歩兵第四十九連隊設置とともに同連隊東側隣接地(現在の独立行政法人国立病院機構甲府病院(国立甲府病院)の場所)に開設され、明治42年4月18日から業務を開始している。



【甲府陸軍病院配置図(『北新をたずねて』平成17年4月発行より)】
f0191673_14425818.jpg
 昭和12年、甲府衛戍病院は甲府陸軍病院となり、昭和20年12月1日に日本国内の陸海軍病院が厚生省の所管となり国立甲府病院となるまで開設されていたものである。
 なお、『北新をたずねて(平成17年4月:住んでよかったまち北新づくり協議会人づくり委員会発行)』所載の左記配置図は、昭和20年頃の状況を示したものとのことである。、



【現在の正門跡】
f0191673_14433474.jpg


 甲府衛戍病院(その後、甲府陸軍病院)の正門があった場所である。
  国立甲府病院の改修により、当時の正門があった病院正面附近は病院の立体駐車場となっている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-19 15:46 | 病院 | Comments(0)
2009年 09月 12日

遊亀公園を歩く 3(町田隊忠魂碑)

【町田隊忠魂碑】
f0191673_19421487.jpg
 遊亀公園の北側、公園と隣接する一蓮寺との境に建つ御影石の『町田隊忠魂碑』である。
 この忠魂碑は、昭和11年2月20日、第一師団の満州派遣が決定され、歩兵第四十九連隊(甲府連隊)も同年5月8日に満州国の黒竜江沿岸における国境警備の任務につくため満州移駐となり甲府を出発し、満州移駐となった同連隊の第六中隊長、町田 等大尉が19名の部下と1名の通訳と共に偵察行動の途中、昭和12年3月27日に北安の北東である小興安嶺の山中で約400人の匪賊の大軍に包囲、襲撃され中隊長を始めとした将兵等21名が全員戦死したことに対する忠魂碑として建設されたものである。
 昭和12年4月19日に戦死者の遺骨が甲府に到着し、21日には舞鶴公園(甲府城址)の広場で甲府市出身者の将兵に対する甲府市葬が行われ、太田町の甲宝劇場では「嗚呼町田隊」という芝居が公演され、大入り満員の反響であったことから、当初は一週間であった公演が三週間に渡って続演されている。



【町田隊忠魂碑全景】
f0191673_19405780.jpg



【町田隊銅像】
f0191673_19434013.jpg
 町田隊忠魂碑は、戦死した町田中隊長と親交を深めていた甲府市内の青年クラブ(市内の青年団長OB等により結成された団体)のメンバーから市葬終了後の4月下旬頃に町田中隊長の銅像建設の話しが持ち上がり、全国の軍人、民間人、満州国軍、県内小中学校から基金が寄せられ建設されたものである。
 銅像は彫刻家長谷秀雄の作で高さ約5m、台座は岡山県の万成御影石、「町田隊忠魂碑」の題字は当時の山梨県知事藤原孝夫によるものとして昭和13年3月27日に除幕式が行われてている。
 なお、銅像は戦時中の金属供出により供出され、現在は台座のみが残されている。



【町田隊銅像建設委員】
f0191673_19441662.jpg


 銅像前の着席者は右から、町田中隊長の母堂、藤原山梨県知事、町田中隊長夫人、銅像作者である。

【町田隊忠魂碑の碑文】
f0191673_19445858.jpg



【町田隊忠魂碑背面】
f0191673_19454026.jpg
 町田隊忠魂碑の背面に刻まれているのは、前記の碑文である。また、写真では見にくいが、前述した碑文の下には戦死した21名の官位姓名も刻まれている。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-12 21:33 | 遊亀公園 | Comments(0)
2009年 09月 06日

遊亀公園を歩く 2 (遊亀公園附属動物園)

【甲府市立遊亀公園附属動物園の入口】
f0191673_1517576.jpg
 遊亀公園にある動物園の入口。


【昭和12年頃の動物園入口】
f0191673_15183178.jpg
 甲府市内の有志者の寄附により集めた孔雀、真鶴、小鳥、水禽等を公園内の太鼓橋(公園と稲積神社を結ぶ橋)南方の一隅において教育資料として観覧させるために飼育を始めたことが、大正9年5月に遊亀公園内に開設された動物園の始まりである。
 大正13年には太鼓橋の南方から公園内の南隅(旧甲府市立図書館であった、現在の甲府市遊亀会館附近の一帯)側に飼育施設を移し、名称を甲府市動物園としている。
 開園にあたり、大正13年2月に宮内省から新宿御苑で飼育していた丹頂鶴が下賜され、大正14年5月には東宮職からライオンが下賜されている。
 なお、動物園の開設当初は入園料は徴収されていなかったが、大正13年4月1日からは観覧料(大人3銭、小人2銭)が徴収されるようになっている。


【動物園のかつての入口附近(現在の甲府市遊亀会館附近)】
f0191673_1519364.jpg


 昭和20年7月の甲府空襲で動物園の施設は焼失し休園状態となったが、10月には当時の園長が甲府市から荒廃した動物園を無償で譲り受け私立動物園として再開した。
 その後、昭和27年9月に再び甲府市に移管され市立動物園として現在に至っている。 

━甲府市遊亀公園動物ノ一━
f0191673_15202334.jpg


 いずれも大正10年頃の動物園の風景である。
 鷲、鷹などの猛禽類の飼育施設である。

━甲府市遊亀公園動物ノ二━
f0191673_15204934.jpg


 鶴、白鷺、おしどりなどの飼育施設である。
 左側に小さく写るのは稲積神社の鳥居と太鼓橋である。

━甲府市遊亀公園動物ノ三━
f0191673_1521812.jpg


 鳥かごで飼育されているオウムやインコ類である。

━甲府市遊亀公園動物ノ四━
f0191673_15213176.jpg


 人垣は猿の飼育施設である。また、右側は孔雀の飼育施設である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-06 16:05 | 遊亀公園 | Comments(1)
2009年 09月 05日

遊亀公園を歩く ①

━甲府市 遊亀公園━
f0191673_1741791.jpg
 遊亀公園はもと一蓮寺境内であったが、明治7年公園敷地として境内の一部7,190坪が山梨県に移管され、明治9年4月に県が管理する山梨県公園となったが、明治維新の草創期における経費の問題等から公園としての本格的な整備に至らなかったが、明治13年の明治天皇御巡幸が決定されたことを契機に公園整備の築造が決定した。
 これに伴い、公園地を拡張し一蓮寺の摂社であった正木稲荷社(稲積神社)を現在の場所に遷座し、域内の諸社を修理するとともに、築庭の巨匠であった佐崎可村の設計、県官である新海吉哉による工事監督により、明治13年5月に整備が竣工し、本格的な公園が誕生した。
 大正6年には、村松甚蔵の寄附金により旧甲府城跡の払い下げを受けた県は、城跡である舞鶴公園の経営に力を注ぐこととなり、同7年4月1日に公園地の一部2000坪を稲積神社に交付され、残りの約9000坪が遊亀公園として無償で甲府市に移管されることとなった。
 甲府市はこれを機に公園内の施設を拡充させることとし、大正8年に公園管理を一蓮寺の石原守善に命じ、その結果として動物園の開設などが行われた。


【現在の遊亀公園正面入口】
f0191673_1745484.jpg



━遊亀公園碑━
f0191673_1762952.jpg
 昭和11年7月に建設された遊亀公園碑は、山脇春樹(遊亀公園の甲府市移管当時の山梨県知事)の纂文、名取忠愛(甲府市移管当時の甲府市長)の撰文により、公園の沿革が刻まれている。


【現在の遊亀公園碑】
f0191673_177294.jpg
 遊亀公園は所在地の町名を冠して「太田町公園」とも言われている。
 現在も町名として残る太田町は、一蓮寺地内町が明治5年に改称されて以来の町名であり、その由来は、当時この周辺に太畑という集落があったことによるものである。


【『都市の公園と甲府市の公園並に遊亀公園改良計画概要』】
f0191673_1794540.jpg
 甲府市は庭園協会設計部に遊亀公園の改良・整備に関する調査研究を委嘱し、その結果報告が『都市の公園と甲府市の公園並に遊亀公園改良計画概要』(大正11年3月、庭園協会編)である。
 この中で、現在の遊亀公園について次のように評している。
 「造園的施設に到っては或る部分は繊細に過ぎ或る部分は放漫に流れ、或る物は雄大豪壮の風があって不統一の感がないではない、然し中島の滝並びに細流岩組の如きは長く保存する価値あるものである。」 

大正10年12月25日には庭園協会甲府支部の主催により、一蓮寺内において庭園協会理事田村剛、東京府公園技術部長等により調査結果の講演会が開催されている。
 甲府市は調査研究結果に基づき、大正11年11月25日から12月2日の間に、動物園の設計、移転。樹木の移植、手入れ等を行い公園の風致を改めている。
 昭和20年7月の甲府空襲により公園内の諸施設も罹災し、戦災復興に伴う市営住宅が公園内に建設されるなどしたが、昭和25年~26年にかけて市営住宅も移転が完了し公園として再開され、昭和29年には公園内に築山が造営され緑陰化が図られ、昭和32年に都市公園としての指定を受け、現在に至っている。



━(甲府名勝)太田町公園 其一━
f0191673_1711394.jpg


 明治後期の風景である。
 中央に写る屋根は一蓮寺の本堂である。池に架かる橋と、その右の灯篭が公園のスポットとして多くの絵葉書に写し出されている。
【現在の同所】
f0191673_17115232.jpg


 既に灯篭や岸辺の情景は失われている。稲積神社からの風景である。

━(甲府名所)遊亀公園━
f0191673_17122420.jpg


 昭和初期の風景である。写真に写る橋は今もそのまま使われている。
【現在の同所】
f0191673_17125919.jpg


 橋のたもとに売店が建ち、池の岸辺も改良されているため橋を大きく写すのは困難であるが、中央に小さく写るのが前記の橋である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-05 19:02 | 遊亀公園 | Comments(3)
2009年 09月 04日

青年修養道場

━青年修養道場 建設記念碑━
f0191673_18505025.jpg
 昭和8年の皇太子殿下御誕生奉祝記念事業の一環として、山梨県連合青年団と山梨県連合女子青年団が建設を決議した青年修養道場の建設記念碑である。
 


【現在の青年修養道場建設記念碑】
f0191673_18512495.jpg


━青年修養道場 全景━
f0191673_1852598.jpg
青年修養道場は昭和11年に起工され、昭和12年4月に当時の相川村から敷地の寄附を受けた、西山梨郡相川村岩窪(現在:甲府市岩窪町261番地)の地に竣工している。
 建設費は当時の金額で2万円であり、その金額は青年団員による拠出金と寄附、県費の助成により賄われていた。
 その後、昭和15年に青年修養道場は県に移管され、錬成道場として使用されることとなり、満蒙開拓青少年義勇軍の募集等に係る講演会や研修などが行われていた。



【甲府市 北部幼児教育センター正門】
f0191673_18533737.jpg
 終戦後、は青年会館として運営されてきたが、建物の老朽化により一部を取り壊し、国からの青年の家整備費助成金を受けるなどし、昭和36年に『青年の家』が建設され、昭和42年、昭和53年と建物の改修や改築が行われるなどし青年教育等の施設として利用されてきたが、現在は甲府市の北部幼児教育センターとなっている。



【甲府市北部幼児教育センター(青年修養道場跡)】
f0191673_1855626.jpg



━青年修養道場 本館玄関━
f0191673_18553992.jpg


━青年修養道場 正殿内部━
f0191673_18561380.jpg


━青年修養道場 本館講義室━
f0191673_18563791.jpg
 教壇の右側の壁には武田信玄の肖像、左側の壁には山縣大弐の肖像が掲げられている。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-04 19:22 | Comments(0)
2009年 09月 03日

八日町の甲府郵便局

【大正12年頃の甲府郵便局】
f0191673_1705018.jpg
 明治4年4月20日の郵便制度の始まりにより、同年12月に最初に開設された甲府の郵便取扱所は、甲府柳町22番地(現在:甲府市中央4-4-3)の加藤源六郎方に置かれた。
 翌年には東京、甲府間に郵便路線が開かれ、7月1日に郵便取扱所は郵便役所となり、明治8年1月に甲府郵便局と改称された。
 その後、甲府郵便局は明治10年3月に甲府常盤町4番地(現在:丸の内1-20-8)、明治11年9月に甲府八日町25番地(現在:中央4-1-1)、明治18年5月に甲府桜町39番地(現在:中央2-14-8)と所在地を移している。
 逓信省が設置され、電信業務の所管が工部省から移管されるなどの官制の改正により、明治22年7月、甲府常盤町にあった甲府電信分局を甲府郵便局と合併させ新たに甲府郵便電信局が設置されることに伴い、既存の甲府郵便局庁舎では狭隘等により円滑な業務運行の確保が困難となったため、全国15箇所(静岡、福岡、熊本等)の郵便電信局とともに庁舎が新築されることとなり、明治23年2月に落成した庁舎が写真の建物である。
 この庁舎は、木造2階建、下見板のペンキ仕上げにより、甲府市八日町31番地(現在:中央3-11-11、甲府逓信診療所のあった場所)に建設されたものである。
 なお、同地に建設後、業務の拡大等により、明治32年6月及び大正2年5月にそれぞれ敷地を拡充させるため隣地を買収するとともに庁舎の増改築を行っている。(写真の庁舎の内、右側の半分が新築当時の庁舎であり、左半分はその後の増築庁舎部分である。)


【現在の状況】
f0191673_1712389.jpg
 八日町31番地の庁舎新築当時は、甲府の西部市街地が現在ほど発展していなかったことや、、庁舎前の旧甲州街道に鉄道場所も通じていたことなどから、甲府市街の中心地に位置していた感もあったが、中央本線の開通により市街西北部に甲府駅が設置され、甲府市内の中心も漸次西北部に移行する傾向があったことや、業務の拡大により庁舎の狭隘や老朽化から、昭和6年3月に甲府市錦町1番地に落成した新築庁舎(現在の甲府市役所南別館)に移転している。
 なお、新庁舎への移転に伴い、昭和6年4月1日に新たに甲府八日町郵便局が開設されている。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-03 18:00 | 郵便局・逓信 | Comments(0)
2009年 09月 02日

甲府・大泉寺

【大泉寺の総門①】
f0191673_2182033.jpg
 甲府市古府中町5015にある曹洞宗 萬年山 大泉寺は、大永元年(1521年)に武田信虎が開基、天桂禅長を開山として開創され、信虎、信玄、勝頼の武田家三代の帰依が厚く、浅野家、柳沢家の庇護を受けて繁栄した禅寺である。
 総門から中雀門、本堂と続く参道は両側を杉木立に被われ、森閑とした寺域は禅寺の落ち着いた雰囲気が印象深く、心地好さが感じられる。
 また、『絹本着色武田信虎像』『絹本墨画松梅図』(国重文)、『大泉寺文書』『金銅金具装笈』(県文)、『紺紙金泥法華経』(市文)などの寺宝を今に伝えている。


━甲府市外大泉寺━
f0191673_2193882.jpg
 明治30年代の大泉寺正面の景観である。


【大泉寺総門②】
f0191673_2110776.jpg
 大泉寺総門は、甲斐国主となった柳沢吉保が宝永ニ年に創建した永慶寺の門であったが、吉保の子供である吉里が甲府から大和郡山に所替となった享保9年に永慶寺が廃寺となった際に移建されたものであり、平成5年9月1日には甲府市の文化財として指定されている。


━甲斐 大泉寺 総門前之景━
f0191673_21104838.jpg
 明治40年代の総門である。


【大泉寺本堂】
f0191673_21138100.jpg
 大泉寺の本堂(法堂)及び庫裏は昭和20年7月の甲府空襲により焼失しており、現在の本堂は昭和40年に再建されたものである。


━甲府 大泉寺━
f0191673_21114762.jpg
 甲府空襲により焼失した大泉寺法堂の明治40年代頃の景観である。


【大泉寺御霊殿】
f0191673_21135861.jpg
 柳沢家が寄進した武田家三代の木造が安置された御霊殿である。
 ブロック塀に囲まれ、その内側の様子を見ることはできないが、御霊殿の裏には三基の墓碑(中央が信虎、右側が信玄、左側が勝頼)が二重の基壇上に並び据えられている。
 なお、この墓碑の場所は武田信虎の墓として昭和35年11月7日に県の史跡に指定されている。


━(甲斐国) 萬年山大泉寺武田御三公の霊廟━
f0191673_21143843.jpg
 明治40年代の御霊殿の景観である。
 礎石の上の木柵は、現在ブロック塀に改修されている。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-09-02 22:19 | 寺院 | Comments(0)