<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

【藤村紫朗 没後100年】 ② 県令邸宅


【明治14年頃の書簡】
f0191673_17182262.jpg
 大阪府参事を務めていた藤村紫朗は、明治6年1月22日山梨県権令の発令を受け、僕一人を従え富士川畔に赴き1月30日の夜甲府入りしている。
 

【戸長への届出】
f0191673_17595580.jpg


 山梨着任時、甲府代官町の仮宅に居住し、居住人別として藤村の他、従者として森 丈助、佐竹作太郎、僕 片山磯吉、婢 むめ、以上4名について明治6年4月6日に戸長あてに届けられている。
 藤村らの人別の次に『別紙ノ通ニ御座候間、本紙ハ御手元ニ而可然様御認直シ被下度候也 四月六日 藤村内 佐竹作太郎 戸長御中』と記されている。

【山梨県令邸宅(手札写真)】
f0191673_1718501.jpg


 甲府常盤町(現在の甲府市丸の内1-21 岡島百貨店の東側、山梨中央銀行本店より)に建設された擬洋風2階建の県令邸宅である。
 この建物が明治8年頃に竣工すると、藤村はここに移り住んでいる。
 藤村の長男として明治3年12月4日に京都で生まれ、後に清浦内閣の逓信大臣や貴族院議員を務めた藤村義朗(幼名:狐狸馬)によれば、4歳から15歳を甲府で過ごし、徽典館初等部に入学し卒業(明治18年2月21日に徽典館中学科卒業)とともに熊本藩主細川侯嫡子の学友として英仏に留学している。
 また、父藤村紫朗の教育は厳しく、長男義朗、次男の兎羊熊の学友として3名(山梨県勧業課の片山菊渓の子息 長司、勧業御用掛の大藤松五郎の子息 酒造太郎、甲府警察署長斎田 斎の子息 孫次郎)を定め、学校以外においては学友以外との交わりを禁じ、放課後はこの5名が県令邸宅に集まり戦争ごっこや相撲に興じていた。

 藤村紫朗はこの県令邸宅に6人の子供(長男、次男、三男(俊彦)、長女(糸子)次女(安子)三女(美代子))と妻(珊)、母の家族8人と生活していた。
 なお、明治20年3月に藤村が愛媛県知事として転任後、この建物は根津嘉一郎が買取られたが引き続き県に貸与され、山崎、前田、中島、田沼と藤村以降の歴代知事が居住したが、田沼 健知事時代の明治27年3月7日に失火により焼失している。
 藤村紫朗の転任後に売却され、引き続き山梨県が貸与し知事邸宅としていたことから、県令邸宅は藤村紫朗が自ら私邸として建設した擬洋風建築、いわゆる藤村式建築であったのかもしれない。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-30 18:49 | 藤村紫朗 | Comments(0)
2009年 05月 24日

【藤村紫朗 没後100年】 ① 藤村記念館

 弘化2年(1845年)3月1日、熊本藩士 黒瀬市左衛門の次男として肥後熊本城下に生まれ、明治6年1月から同20年3月8日までの14年間、山梨県権令・県令・知事を努めた藤村紫朗は、急性肺炎のため郷里熊本の自邸で明治42年1月5日に亡くなっている。以来一世紀が経過し、本年は藤村紫朗の没後100年の年である。

 明治6年、土肥実匡の後任として山梨県権令に着任し、愛媛県知事として転任する明治20年までの14年間、官選知事として長期に亘って県政を担当した藤村は、明治前期における殖産興業、文明開化に関する施策における功績や、その施策の遂行過程における干渉主義的で強引な策に対する周囲の批判など、山梨県の近代史上における大きな存在となっている。
 また、在任中における行政施策遂行のために建築を奨励した疑洋風建築は、山梨県内においては「藤村式建築」と通称されるなど、着任以来130年以上が経過した現在も藤村の名が山梨県内に残されているのである。

【藤村記念館 全景】
f0191673_10193724.jpg
 旧睦沢学校校舎が武田神社境内に移築された際、昭和41年8月に「旧睦沢小学校舎保存委員会」が藤村記念館復元記念に発行した絵葉書である。
 絵葉書のタトウには、「復元の記」として次のとおり記されている。
 この建造物は明治八年中巨摩郡睦沢村に建設された小学校校舎で、当時県令藤村紫朗が奨励した数百にのぼる洋風建築群のなごりを伝える本県文明開化時代の貴重な記念物である。昭和三十六年、廃棄寸前に本委員会が譲り受け県内各地の強力を仰ぎ、この地に総合郷土博物館として再現を企て、昭和四十一年八月復元工事達成を機会にいつさいを甲府市に寄贈しこれが素志の実現を託したのである。
 なお、この建造物は昭和四十一年八月十五日、復元落成式の席上、これを「藤村記念館」と命名し同時に甲府市長に対する寄贈手続きのいっさいを完了した。」
 
 この建物は、明治8年に竣工以来、昭和32年4月まで睦沢小学校校舎として、その後昭和36年まで睦沢公民館として使用されていた。また、武田神社境内への移築後、昭和42年6月15日には旧睦沢学校校舎として国の重要文化財に指定されている。


【(藤村記念館)平面図と新築当初の各部屋名称】
f0191673_10201695.jpg
 上図が1階、平面図の上部が教室、下部の右側が職員室、左側が用務員室である。
 下図が2階、平面図の三室とも教室である。



【武田神社境内旧位置の移築作業現場】
f0191673_10205837.jpg


 建物全体が作業シートに覆われ、移築解体作業が行われていた。

【甲府駅北口の移築作業現場】
f0191673_10214188.jpg


 建物の老朽化や武田氏館跡の整備計画などから、藤村記念館は甲府駅北口への移築が決まり、平成21年度内の竣工予定で、現在工事が進められている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-24 12:05 | 藤村紫朗 | Comments(0)
2009年 05月 16日

若尾銀行&若尾貯蓄銀行

 若尾銀行は、いわゆる甲州財閥の領袖の一人である若尾逸平により、明治26年6月1日に無限責任若尾銀行として甲府市山田町13番地(現在:甲府市中央2-12-30)に開業した。
(後の若尾貯蓄銀行となる株式会社山梨貯金銀行も若尾銀行の貯蓄部門として同一店舗として同時に開業している。)
 その後、無限責任若尾銀行は明治30年1月2日の組織変更により、新たに合名会社若尾銀行となった。
━絵葉書① 若尾本店━
f0191673_21262421.jpg


 若尾銀行及び山梨貯金銀行の店舗が置かれた若尾本店である。
 同時にこの建物は若尾本家の邸宅でもあったが、大正7年8月15日の夜、群衆数千人が蜂起した若尾家焼き討ち事件(甲府市における米騒動)により焼き払われている。
━甲府 若尾銀行━
f0191673_2127973.jpg
 明治38年10月、2年の歳月と経費五万円をかけた、左記の新店舗が甲府市八日町1番地(現在:甲府市中央2-12-18 NTT甲府支店の場所)に完成し、10月12日には若尾銀行と若尾貯蓄銀行(明治35年1月に山梨貯金銀行から行名改称)が新店舗に移転した。
 なお、この建物は昭和3年4月1日からは第十銀行八日町支店となっている。


━絵葉書② 若尾銀行営業室━
f0191673_21273349.jpg
 若尾銀行新店舗の営業室カウンターである。


【貯蓄預金通帳】
f0191673_2128360.jpg
 明治41年頃の若尾貯蓄銀行の貯蓄預金通帳である。


【営業案内】
f0191673_21283279.jpg
 大正中頃の若尾銀行及び若尾貯蓄銀行の営業案内である。本店の他に、東京、浅草、百石町、朝日町に各支店、淀橋に出張所が置かれていた。
 また、この営業案内には鳥瞰図による中央本線名勝案内と同線の飯田町・塩尻間の時刻表が附随している。


━絵葉書③ 若尾倉庫━ 
f0191673_2128568.jpg
 若尾倉庫は明治35年に設立し、同36年1月には若尾倉庫内に若尾銀行百石町出張所が設置されている。


 大正12年9月の関東大震災により、関連会社や京浜地区における取引先が壊滅状態となり貸出金の固定化や資金の流動性が欠いていったことや昭和2年3月の金融恐慌により経営が困難となったため、昭和3年4月1日に若尾銀行は県内店舗(本店、朝日町、百石町支店)は第十銀行に、東京地区の店舗(東京、浅草支店、淀橋出張所)は昭和銀行にそれぞれ営業譲渡され、若尾貯蓄銀行は昭和3年5月31日に東京地区の店舗(東京、浅草支店)は大阪貯蓄銀行に営業譲渡され、県内店舗は山梨貯蓄銀行に合併されていった。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-16 22:26 | 銀行 | Comments(0)
2009年 05月 12日

絵葉書で見る山梨 23 「躑躅ヶ崎城址」

━(甲斐国) 躑躅ヶ崎城址 (武田氏三代六十三年間據守せし拠)━
f0191673_2257121.jpg


 躑躅ヶ崎址又は里俗に古城といわれた武田氏館跡の周囲に廻っている堀の情景である。
 武田氏館跡には大正6年5月に起工、同8年4月11日に本殿が落成し創建された、武田信玄を祭神とした武田神社が鎮座している。
 また、武田信虎が永正16年に石和から館を移し、武田氏の新たな館として信虎、信玄、勝頼の三代が館居した戦国期を代表する館跡として、昭和13年5月30日には国の史跡として指定されている。

【現在の様子①】
f0191673_22575017.jpg


 絵葉書に写る場所と概ね同じ方向の現在の様子である。
 絵葉書の写真は明治40年代頃と思われるが、堀の外側の土手部分が整備され当時と比較して堀の幅は縮小されているようである。

【現在の様子②】
f0191673_22582066.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-12 23:36 | 絵葉書で見る山梨 | Comments(0)
2009年 05月 10日

【山梨・観光アーカイブス 4】 一府九県連合共進会と案内書

 明治39年10月1日から11月10日までの間に開催された、山梨県主催一府九県連合共進会については、既に当ブログにおいても紹介しているところである。
 連合共進会の開催は山梨県の産業や文化の進展を促進させ、人々の見聞を広く開かせることを目的の一つとしているが、明治36年6月に中央本線甲府駅の開業後、同39年6月には塩尻まで中央本線が延伸し、甲府駅から篠ノ井線の松本駅までがつながるなど鉄道網の整備を背景とし、連合共進会の開催を機に山梨県の自然を売り出し観光開発や発展も意図された。

━山梨県主催一府九県連合共進会記念━
f0191673_1212134.jpg


 当時の山梨県知事 武田千代三郎(上記右側の人物)は「共進会知事」とも言われ、全国に山梨県を紹介することを積極的に行っていた。

━共進会模擬天守閣と展示棟━
f0191673_1214884.jpg


 連合共進会の開催期間中、北巨摩郡菅原村の白須御料林茸狩隊、天目山及び勝沼探勝隊、富士裾野探勝隊、御嶽黒平探勝隊などの探勝隊を募集し山梨県内の景勝地を尋ねるなど、県内景勝地の開発と宣伝に関する嚆矢的な企画がなされていた。


 こうした連合共進会の開催に併せて、県内の景勝地に関する案内書が発行された。
【山梨県案内】
f0191673_1151368.jpg


 『山梨県案内』は小林彦太郎の編纂により明治39年10月1日に山梨日日新聞又新社から発行された、約200頁の県内景勝地及び連合共進会に関する案内書である。

【甲斐の栞 附名所写真図f0191673_11512677.jpg


 『甲斐の栞』は佐野通正の編纂により明治39年10月1日に柳正堂書店から発行された、県内景勝地に関する48頁の案内書である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-10 13:01 | 山梨観光アーカイブ | Comments(0)
2009年 05月 09日

クラブ自動車

 クラブ自動車はバス事業者として昭和4年3月21日、甲府~竜王~上高砂~野牛島~六科~源の新路線で運行を開始し、本社を中巨摩郡百田村(後の白根町、現在:南アルプス市)に、営業所を甲府市相生町39番地(甲府駅前(橘町4番地)にも後に設置)に開設し、車両6台により発足した。
 
【登山はクラブ自動車にて】
f0191673_14165426.jpg

 昭和4年11月には新たに百田本社~韮崎駅前の新路線を開き、甲府・韮崎を約45分、甲府・源を約40分で結んでいた。
 また、この案内チラシ(昭和9年頃の発行)に「登山はクラブ自動車にて!」とあるように、従来は韮崎方面からの登山が一般的であった南アルプス諸山の登山について、クラブ自動車の終点である源からの道が近道であることを広く案内している。
 
 山梨県内にはクラブ自動車を始めとした中小のバス事業者が増加し、路線が競合するなどの乱立状態の傾向となり、自主的な統合の機運も高まり、昭和10年頃からは順次統合が進められ、昭和13年以降は日本国内の戦時体制から更にその動きが加速していき、クラブ自動車は山梨開発協会、峡西電気鉄道、身延自動車など8社、合計9社が統合し昭和20年5月1日に山梨交通として発足し現在に至っている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-09 15:23 | 交通 | Comments(0)
2009年 05月 08日

平塩岡と甲斐源氏旧蹟碑

 旧市川大門町(現在:市川三郷町)の甲府盆地を見渡す小高い丘は平塩の岡と呼ばれ、甲斐源氏の祖、源義清が館を構えた地と言われている。
 この平塩の岡にある熊野神社の東側に現在も建つ碑が『甲斐源氏旧蹟碑』である。

━甲斐国市川 甲斐源氏旧跡━
 明治41年頃の甲斐源氏旧蹟碑の景観である。
f0191673_22221096.jpg


 甲斐源氏旧蹟碑は明治18年3月に当時の西八代郡長であった依田孝が有志と図り、甲斐源氏の名跡を後世に残し伝えるために建立した銅製の碑である。
 碑の表面『甲斐源氏旧蹟碑』の題字は太政大臣三条実美の揮毫、碑の三面に刻まれている漢文は重野安繹の撰文、書は長三州によるものであり、漢文には源義清や当該費建立の経過が刻まれている。

【甲斐源氏旧蹟碑建設の寄付金案内】
f0191673_22223249.jpg


 西八代郡長であった依田孝による、銅碑の仕様概要と碑の建設費用に関する寄付金の勧誘を内容とした案内である。年代の記載はないが、碑の建立以前である明治16~17年頃のものと思われる。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-08 23:05 | 史跡 | Comments(0)
2009年 05月 06日

【山梨・観光アーカイブ 3】 中央本線の延伸と観光案内

 「酒折の宮、山梨の岡、塩山、裂石、さし手の名も都人の耳に聞きなれぬは、小仏ささ子の難処を越して猿橋のながれに眩めき、鶴瀬、駒飼見るほどの里もなきに、勝沼の町とても東京にての場末ぞかし、甲府はさすがに大廈高楼、躑躅が崎の城跡など見る処のありと言えど、汽車の便りよき頃にならば知らず、こと更の馬車腕車に一昼夜をゆられて、いざ恵林寺の桜見にという人はあるまじ…」と、明治28年5月の雑誌「太陽」に発表された樋口一葉の『ゆく雲』に書かれた山梨の景勝・旧跡も近代的な交通機関である中央本線の延伸により、東京方面から要する時間に大きな変化をもたらすこととなった。

━(甲府名勝) 甲府停車場━
 甲府までの延伸開通により建てられた、初代の甲府駅舎である。
f0191673_1875638.jpg


  中央本線の山梨県内における駅の開業は、明治34年8月1日に八王子駅~上野原駅の開通による上野原駅の開業が最初であり、その後、鳥沢駅まで、大月駅まで、初鹿野駅までと延伸され、甲明治36年6月11日に甲府駅まで開通し、同年12月15日に韮崎、37年12月21日には富士見までの延伸が予定されていた。
 
 こうした中央本線の延伸開通に伴い、県外からの旅客に対する観光案内書が甲府駅の開業に併せて数多く発行され、県内各地の名所・旧跡や旅館・飲食店の案内や広告が掲載された。

【甲府繁盛記】
f0191673_1882194.jpg
 錦巧堂(甲府市泉町)から明治36年7月に発行された甲府市内の商店や旅館などを多くの写真入りで紹介している案内書である。



【汽車旅行 甲斐廻手引】
f0191673_1884339.jpg
 佐野通正の編纂により甲斐廻手引編纂所(甲府市錦町)から明治36年12月15日に発行された案内書である。
 緒言には「本書の案内の主意たる州の内外に論なしと雖ども寧ろ州外旅人の為めに案内するを主要とし又州人の出でんより州外人の入るを望むの主意なるを以て八王子を首位に置き各駅を列叙して甲府に及ぶ」と記されている。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-06 19:31 | 山梨観光アーカイブ | Comments(0)
2009年 05月 05日

小海線と沿線附近

【高原を行く ━小海線案内━】
f0191673_10101338.jpg
 昭和11年5月発行に発行された小海線の案内パンフレットである。
 小海線は中央本線小淵沢駅を起点とし、しなの鉄道(旧信越本線)小諸駅を結ぶ78.9kmの路線であり、小淵沢、甲斐小泉、甲斐大泉、清里の各駅が山梨県内に所在する駅である。
 八ヶ岳山麓開発のため大正4年8月8日に小諸駅~中込駅間13.4km、同年12月28日に中込駅~羽黒下駅間7.7km、同8年3月11日に羽黒下~小海駅間9.5kmが当時の佐久鉄道として開通し、昭和7年12月27日には小海駅~佐久海ノ口駅間8.9kmが鉄道省により小海線として開通した。
 山梨県側は昭和8年7月27日に小淵沢駅~清里駅間17.5kmが鉄道省により建設され、この区間は小海南線、既に開通している小海・佐久海ノ口間は小海北線とされた。
 昭和9年9月1日には佐久鉄道の路線が鉄道省に売却国有化され、小諸・小海間は小海北線に組み入れられ、その後、昭和10年11月29日の清里駅~佐久海ノ口駅間の開通により、小淵沢駅~小諸駅間が小海線として全通している。

 この『小海線案内』には、「新宿を夜行で発てば黎明に汽車は小淵沢駅に着き、小海線の初列車の出発する頃には富士を始め南アルプスの雄峰から膨大なる八ヶ岳に至るまで、山の巨人群の額を薔薇色に染める曙の色美しさ、谷々を込める乳白色の雲の色、山岳豪華版に非ずして何ぞやと謂いたくなります」と、小海線について記されている。


【清里附近案内図】
f0191673_1010468.jpg


【清里駅附近案内】
f0191673_10112522.jpg
 小海線の全通後に発行された清里駅附近の案内パンフレットである。
 この中で清里駅について「海抜1274m、野辺山駅に次ぐ日本第二位の高きにある駅、赤嶽直下、美の森に近く附近一帯空気極めて清澄、紫外線強烈加附るに清冽なる渓流あるは、現在キャンプの盛に行はるる所以であるが、将来優秀なる別荘地として発展を約束されている。」と記されており、景勝地として美の森、赤嶽、飯盛山、千ヶ淵、枝垂栗、大躑躅などが紹介されている。

f0191673_11393438.jpg
【赤嶽を遠景としたスキー風景を描いた昭和13年5月の清里駅記念スタンプ】







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-05 11:27 | 鉄道 | Comments(0)
2009年 05月 04日

塩山駅

 初鹿野駅(現在:甲斐大和)から甲府駅までの中央本線延伸開通に伴い、塩山駅は明治36年6月11日に開業した。

━塩山停車場━
f0191673_22464568.jpg


 開業当時の塩山駅について『甲州案内』(明治36年6月11日:山梨時報社発行:)には、「当駅は七里村字上於曾にあり、東山梨郡奥野田、山村、神金、大藤、三富、諏訪、松里、西保、中牧、諸村に到らんとするもの此処に下車すべし、上於曾は青梅街道に沿いし宿駅にして郵便電信局、商事会社、銀行、旅舎、飲食店等ありて郡中有数の商業地なり、此附近遊覧地多し」と記されている。
 開業当時のこの駅舎も、改築等がその後行われ、昭和61年9月3日には橋上駅として現在の駅舎が開設されるとともに、塩山駅の北口も新設されている。
 
【塩山停車場開業祝典 招待券】
f0191673_224751.jpg
 塩山停車場開業に際する祝典(祝賀会)の招待券である。
 山梨委託株式会社、甲府運送合資会社は当時の駅を拠点とした荷貨物の運送会社であり、昭和2年4月1日には他の県内運送会社とともに合併し甲府合同運送株式会社となっている。

 塩山駅開業の祝賀会等の状況を明治36年6月11日付の『峡中新報』は「(祝賀)会場は停車場本屋庭前ヘ天幕ヲ張リテ充用スルノ都合デ参加者ハ他村二百余名、自村七百余名ノ多数でアル。構内入口ニ大緑門ヲ設ケ、庭前ニハ高サ六間余ノ球燈竿ヲ三ヶ所ニ建テ、数百ノ万国旗ヲ連ネ球燈竿数百ヲ掲グル…」と伝えている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-05-04 23:39 | 鉄道 | Comments(0)