峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

甲府市制二十年紀念

 明治22年7月1日、甲府総町(錦町他36町)、上府中総町、飯沼村、稲門村を以って甲府に市制が施行された。
 市制施行時における甲府市の戸数は6,855戸、人口は31,128人であり、同年中に全国で市制が施行された33市の内、甲府は戸数・人口数で21番目の市制施行地であった。

━甲府市制二十年紀念絵葉書 ①━f0191673_1721036.jpg


 明治42年、市制施行20年を記念し「甲府市制二十年祭祝賀会」により発行された、記念絵葉書である。
 甲府市旗と柳町時代当時の甲府市役所庁舎をデザインしたこの絵葉書のほか、他のデザインによる以下の絵葉書が発行されている。

━甲府市制二十年紀念絵葉書 ②━
f0191673_173266.jpg


 市章の武田菱の中の写真は、上から時計回りに、山梨県庁舎、歩兵四十九連隊、甲府市街、甲府市役所である。

━甲府市制二十年紀念絵葉書 ③━
f0191673_1734585.jpg


 甲府城跡と浅野長政像及び長政の花押である。

━甲府市制二十年紀念絵葉書 ④━
f0191673_1744839.jpg


 上段右側から順に、初代市長・若尾逸平、二代、三代市長・高木忠雄、四代市長・石原彦太郎
 下段右側から順に、五代、六代市長・小林董作、七代市長・若尾民造、八代市長・加藤平四郎である。
 市制施行二十年の節目にあたる、明治42年当時の市長、加藤平四郎は、明治32年8月から34年8月まで山梨県知事も務めている。

━甲府市制二十年紀念絵葉書 ⑤━
f0191673_175476.jpg


 上段の6名は市参事会員であり、右側から順に、雨宮源兵衛、横沢米太郎、矢島栄助、若尾民造、星野嘉兵衛、石原光三である。
 下段の3名は右側から、加藤平四郎市長、野口英夫市会議長、堀口兼三郎助役である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-28 19:31 | 絵葉書 | Comments(1)
2009年 02月 22日

根津橋

━(甲斐日下部名所)根津橋及根津公園━ 
f0191673_936171.jpg


 根津嘉一郎からの15万円の私財寄附により、幅3.6m、全長90mの根津橋は大正12年4月に完成し、15日に開通式が挙行された。この橋の架橋により、当時の東山梨郡加納岩村と同郡万力村が結ばれ、日下部駅(現在:山梨市駅)の利用を始め、地域の人々にとっては橋の開通により安全面を含め非常に便利になったのである。

━根津橋━
f0191673_9365217.jpg


 根津橋架橋以前、対岸の行き来については、4km程迂回し上流に架かる亀甲橋を利用するか、笛吹川に架かる仮橋又は中央線の鉄道用地や鉄橋を通行していたが、迂回の不便さや仮設の木橋、鉄橋などの通行は非常に危険が伴っていたのである。

【根津記念館に移された初代根津橋の親柱】
f0191673_9373580.jpg


 根津橋は平成7年に新しい橋に架け替えられ、初代根津橋の花崗岩で造られた高さ約1.5mの親柱4基は、根津記念館と根津橋の袂附近にそれぞれが保存されている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-22 10:17 | 根津嘉一郎 | Comments(1)
2009年 02月 21日

武田信玄の墓所

 甲府市岩窪町円光院下にある武田信玄の墓所は、武田二十四将の一人土屋右衛門の屋敷跡といわれ、天正元年4月12日に死亡した信玄の遺骸は、その屋敷内で火葬されたと伝えられている。

━甲斐武田信玄ノ墓━
f0191673_21222296.jpg
 明治39年に改修される前の武田信玄の墓所である。


 現在の碑石が建立される前、高さ一尺九寸、横一尺ニ寸の古碑が建立されており、当時の人々は、この場所を火葬塚、魔縁塚と称しており、ここを犯す者には必ず祟りがあるとして近づく者もなかったことから、安永8年、甲府代官であった中井清太夫が試みにこの場所を発掘したところ、信玄の戒名が刻まれた石棺を確認したため、古碑とともに石棺を元通り埋め戻した上、この地を信玄の墓とし定め、安永8年に、今も残る碑石が建立されたのである。

━(甲斐国)武田信玄公の墓━
f0191673_21232819.jpg
 今も残る、安永8年建立の信玄碑石。




━(甲斐国)武田信玄公の御墓━
f0191673_21241457.jpg


 こうした経緯の中、年月の経過による劣化とともに、明治31年の暴風雨により、信玄の墓所も荒廃していった。このため、こうした状態を憂い明治39年開催の一府九県連合共進会の開催にもあわせ、当時の山梨県知事武田千代三郎の妻である浜子等を発起人として、繭の寄附を募り、集まった繭の資金化を行うなどして墓所の整備・改修などを実施したのである。
 これは、整備・改修後の墓所である。

━甲斐甲府 武田信玄公御廟━
f0191673_21244214.jpg


 整備・改修の内容は、墓所の修繕工事(石垣、廃銃による鉄柵、周囲を廻る堀の新設など)及び道路改修を行ったのである。また、明治39年10月12日の午前9時から改修なった信玄墓前において落成式が挙行された。
 
━武田機山信玄公之廟━
f0191673_2125854.jpg


 明治39年の落成式当日は、信玄の墓所境内において剣道、柔術、剣舞などの催しが開催され、絶えず花火が打ち上げられた。また、落成式への参列者以外の参拝者も頗る多い状態であったようだ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-21 22:03 | 絵葉書 | Comments(0)
2009年 02月 20日

印傳屋上原勇七

 印伝という言葉は、その製造手法とともに印度から伝わったといわれている。鹿皮を特殊な方法でナメして装飾した、皮革製品として特色のあるものであり、古くから甲府の特産となっている。

【本家 印傳屋上原勇七】
f0191673_22572351.jpg


 甲州印伝の総本家である甲府市八日町、印傳屋上原勇七の石版画である。
 現在もこの場所(甲府市中央3-11-15)で営業しており、描かれている通りは旧甲州街道である。

━甲州印傳製造水晶細工本店 上原勇七商店之景━
f0191673_2253299.jpg


 この建物は明治8年に建設されたものであり、木造2階建の土蔵造りであったが、正面2階にはベランダが設けられ、手すり、円柱、窓などの意匠に疑洋風建築(いわゆる藤村式建築)の特長を有する、日本建築といった風情であったが、昭和20年の甲府空襲で焼失している。
 これは明治40年代頃の情景である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-20 23:29 | 史料 | Comments(0)
2009年 02月 18日

「ほうとう」と節米報国

 国民生活の安定と挙国一致体制の強化を図るため、政府米を翌年まで相当大量に持越し米として確保する必要があることから、酒の造石や白米の禁止などによる米の消費制限を行うなど、全国的な節米報国の大運動が昭和15年頃から始まった。
 特に当時の山梨県においては、毎年20万石程度の米を他府県から移入することにより、ようやく県民の食糧を充足させていた状況であったため、節米を実践するための戦時食糧報国運動が強力に推し進められていった。

【戦時食糧報国運動のチラシ】f0191673_2214781.jpg


 山梨県における戦時食糧報国運動実施要綱において、実施事項のひとつとして『毎日一食程度は、ホウトウ、ウドン、ソバ、パン等の代用食を用ひる』ことを推奨させていた。
 このチラシは、昭和15年6月に出されたものであり、その文面には、甲州名物ほうとうを「毎日一食」食べることにより節米報国に努力しましょうと記されている。

【山梨 常会資料 第六号】
f0191673_222869.jpg



 戦時体制の日本において、国から県を介して市町村に下された指令は、町内会から隣組へと、実情に合わせた様々な割当や指示が示されており、最終的な指示体制としては各戸が出席する隣組が開催する常会に下されて実行が命じられていたことから、山梨県は、昭和15年1月から『山梨常会資料』という広報誌を作成し、終戦の年まで定期的に発行されていた。
 この第六号は、昭和15年6月1日に発行され、その内容は貯蓄と節米特集号としており、戦時食糧報国運動についても、この号で詳細な周知を図っている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-18 22:37 | 史料 | Comments(0)
2009年 02月 16日

不老園・奥村別荘

━甲斐国酒折 不老桜園 奥村別荘━
f0191673_11294450.jpg


 甲府市酒折(3-4-3)にある不老園は、約3.3haの面積を有し、現在は梅の名所として広く知られている。

【甲府市八日町二丁目 呉服店 奥村合名会社】
f0191673_11301049.jpg


 不老園は、甲府市八日町40番地にあった麻屋こと奥村呉服店主で、明治10年4月に先代から家督を承継した奥村正右衛門(天保12年2月17日生)の別荘が始まりである。

━甲斐之国 酒折 不老桜園 奥村別荘━
f0191673_11304173.jpg


 西山梨郡里垣村の酒折宮裏の山腹に設けられた奥村家の別荘に多額の費用を投じて、梅、桜、牡丹等を植栽。また、邸内を拡張するなどして、小公園の観を呈してきたことから不老園と称して一般にも公開した。
 「年次繁殖、今や遊園的景勝地となり、初春、晩秋、観者訪客を得ている」文献に記されている、昭和初期頃の状況である。

━甲斐之国 酒折 不老桜園 奥村別荘━
f0191673_1131999.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-16 11:49 | Comments(0)
2009年 02月 15日

山梨県主催 一府九県連合共進会 2

━甲府城内一府九県連合共進会会場之景━
f0191673_2241952.jpg


 明治39年10月1日から11月10日までの41日間に亘って開催された一府九県連合共進会は、舞鶴公園を会場とし、その園内である旧甲府城内に19棟、総建坪1772坪の建物【内訳:第一号館(3棟)、第二号館から四号館(各2棟)、第五号館、六号館(各3棟)、第七号館(1棟)、事務室(1棟)、審査室(1棟)】を陳列館等として建設した。

━甲府舞鶴公園内一府九県連合共進会場━
f0191673_2244165.jpg


 陳列館等の建物は、当時の陸軍予備病院広尾分院の建物を移築等(明治39年5月に起工)したものである。
 また、共進会に参加した府県は、共進会開会前から甲府市内に府県事務所を設け(東京府、栃木県:長禅寺、神奈川県:瑞泉寺、新潟県:信立寺、千葉県:尊体寺、埼玉県:天理教会、長野県:一蓮寺、茨城県:横近習町大神宮、群馬県:百石町柳葉家宅)、数名の職員を派遣して開会に向けた準備を行っていたものである。

━山梨県主催一府九県連合共進会祝賀記念━
f0191673_2251664.jpg
 共進会開催中における守衛の服装は、この絵葉書に描かれている守衛像のとおり、深紅の上着に白色のズボンを穿き、白毛を附した銀色の冑をかぶっていた。
 当時の説明によれば「本邦古代甲冑の衣装を加味したる和洋の調和よろしきに適ひ、実に明治時代服装の一模範たるを失はず」とある。なお、上着を深紅色としたのは、武田24将の一人、山県昌景の赤備えに由来するものである。




━共進会会場(イルミネーション)━
f0191673_2254399.jpg


 共進会の開催中、晴天の日に限り日没後3時間、模擬天守閣内への一般登覧が可能であった。模擬天守閣、会場正門は電光飾(イルミネーション)が施され、その壮観さに人目を驚かせたといわれる。

【褒賞授与式案内状】
f0191673_2262319.jpg


 一府九県から共進会に出品された、当該府県において採取、産出又は製造した農業、林業、水産業、鉱業、工業品、54,678点について、一等から四等までの優秀な出品物の審査(共進会開会日から10月31日までの間に実施)により選定された出品物に対する褒賞授与式が、11月5日に舞鶴公園内の機山館において、農商務大臣、関係知事等の関係者が出席して挙行された。
【褒賞授与式順序】
f0191673_2264780.jpg


━褒賞授与証の絵葉書━
f0191673_2271656.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-15 22:57 | 博覧会 | Comments(0)
2009年 02月 12日

相生町時代の甲府市役所庁舎


━[甲府名所]甲府市庁━
f0191673_22352099.jpg


 明治22年市制施行とともに開庁した柳町72番地にあった甲府市役所庁舎については、当ブログで以前紹介したところである。
 初代庁舎は、その後の市政発展とともに狭隘となり、明治末年頃から市役所庁舎の新築移転問題が起こり、錦町の旧山梨県師範学校跡(現在の中央公園)、第十銀行本店(現在の山梨中央銀行本店)隣接地などが敷地の候補となったが、相生町53番地(現在:中央1-20-11)にあった春日小学校を工町の旧工小学校跡(現在:城東1-16-12)に移し、その跡地に新庁舎建設が決定し、対象3年10月着工、同4年5月13日に上棟式、同年10月17日の市制祭当日に竣工式が行われた。
 なお、この新庁舎は、昭和20年7月6日の甲府空襲で焼失している。

━甲府市庁舎改築記念 絵葉書1━f0191673_22354514.jpg


 甲府市役所新庁舎の総工費は62,257円、2回に亘る競争入札にも関わらず、予定金額を以って請け負うものがなかったことから、新庁舎建設は甲府市の直営工事として大正4年1月から建築事務所を開設し、それぞれの部分請負を定めて工事の進行を図るなどして工事をすすめていった。

━甲府市庁舎改築記念 絵葉書2━
f0191673_22361230.jpg


 
━甲府市庁舎改築記念 絵葉書3━
f0191673_22364364.jpg


 竣工当時の甲府市役所庁舎の外観、内装設備ともに、地方都市としては稀に見る威容を認められたが、その後の市政発展につれてこの新庁舎もやがては狭隘となり、昭和12年錦町1番地の旧県庁舎跡地(現在の市役所所在地)2,300余坪を買収し、水道部新庁舎を建築移転し市役所本庁舎の狭隘解消を図っている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-12 23:02 | 絵葉書 | Comments(1)
2009年 02月 11日

山梨県主催 一府九県連合共進会

 明治39年10月1日から11月10日までの41日間、山梨県の物産と観光を紹介する等のため、甲府城址である舞鶴公園を会場に一府九県連合共進会が開催された。

━ 一府九県連合共進会記念絵葉書 1━f0191673_18375895.jpg


 共進会は東京府、神奈川、新潟、埼玉、群馬、千葉、茨城、栃木、長野、山梨の各県(一府九県)が参加、山梨県が主催して開催された。
 共進会協賛会長は当時の山梨県知事である武田千代三郎(写真の人物)が務めた。
 一府九県連合共進会の開催にあたり、武田知事は御嶽新道(昇仙峡)、天目山、白須松原などへの史跡名勝探勝旅行の企画や大塚蒼湖、鈴木尚重が描く彩色木版画集『甲山峡水』を発行するなど共進会を契機とした山梨の観光施策を積極的に行った。(山梨県知事から青森県知事への転任後は、十和田湖の観光施策を行ってもいる。)

━ 一府九県連合共進会記念絵葉書 2━
f0191673_18382265.jpg


 甲府城址の遊亀橋の北詰に設置された共進会の正門である。
 共進会の入場は午前8時から午後4時まで、入場料は2銭であった。(入場券の発売所は、遊亀橋南詰の東側に設置されていた。)

━ 一府九県連合共進会記念絵葉書 3━
f0191673_18384459.jpg


第十銀行頭取、佐竹作太郎の寄附により共進会開催中に仮設された模擬天守閣である。
 天守閣へは入場料2銭で登覧でき、共進会の開催中23,684人が登覧している。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-11 19:05 | 博覧会 | Comments(0)
2009年 02月 10日

絵葉書で見る山梨 22

━甲府駅前通り(甲府市)━
f0191673_23102957.jpg


 通りの正面が甲府駅である。明治36年開業時の甲府駅舎は、大正13年3月19日に待合室のストーブが失火し全焼した。この駅舎は大正14年3月10日に再建された2代目の甲府駅舎であり、昭和20年の甲府空襲にも罹災せず、昭和61年のかいじ国体に向けて新築された現在の駅舎が建設されるまで親しまれていた。
 正面通りの両側には、旅館、土産物屋、運送会社などが建ち並んでいた。左正面の〒マークが掲げられた建物は、甲府橘町郵便局である。
 駅前周辺は甲府駅舎を残し、甲府橘町郵便局を含め、その殆んどは甲府空襲で焼失している。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-10 23:26 | 絵葉書で見る山梨 | Comments(0)