<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

市制五十周年記念 全日本産業観光甲府大博覧会

 明治22年の市制施行から50年を記念し、観光都市甲府を全国的にアピールするための甲府市主催、「全日本産業観光甲府大博覧会」の開催が昭和11年頃に計画され準備が進められていった。
 当時、全国各地で開催された種々の博覧会は開催都市のイメージアップが図られていることから、 昭和13年3月25日から5月13日までの50日間の予定で開催が決まり、舞鶴公園、遊亀公園や市役所建設予定地として買収した県庁跡地(現在の市役所所在地)などを会場とし、ネオン塔、野外劇場、水晶館、山梨産業館、発明館、日蓮館、航空防衛館、近代科学館などの展示場の建設が計画され、昭和12年に入り宣伝ポスターや建物の手配などの準備が着々と進んでいった。

【甲府市鳥瞰図】
f0191673_22111134.jpg


f0191673_2217822.jpg
 この鳥瞰図は、博覧会開催のため当時全国的に活躍していた鳥瞰図絵師、吉田初三郎によるものであり、鳥瞰図の他にも吉田初三郎による甲府市内や山梨県内の四季の風景を描いた絵葉書を発行するなどの準備が進められていた。




 昭和12年に入り、開催に向けた準備が一段と進む中、7月7日に盧溝橋事件が発生し日中戦争に突入するなど、国内においても戦時体制となったことから、博覧会開催の一時延期などが論議される中、日中戦争長期化の様相や軍部からの要請などから開催の目途もたたなくなり、昭和12年8月に博覧会の開催は中止となり、「全日本産業観光甲府大博覧会」は幻の博覧会となったのである。

━全日本産業観光甲府大博覧会(開催ポスター)━
f0191673_2213522.jpg


━全日本産業観光甲府大博覧会(開催ポスター)━
f0191673_22142113.jpg


 博覧会で使用する展示場の建設にあたっては、昭和12年3月15日から5月31日までの間、名古屋市で開催された「名古屋汎太平洋平和博覧会」における展示場の使用済資材を入手して建築することとし、建築の請負を待つ状態であったなど、諸準備が進んでいた中での開催中止により甲府市には予想外の大欠損が生じたようである。
 
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-31 23:13 | 博覧会 | Comments(2)
2009年 01月 30日

山梨の蔵元 3 『笠井酒造店』

 笠井酒造店は甲府市壽町36番地(現在:宝2-22-6)にあった、大正15年創業の造り酒屋である。
 
【富士泉(ふじいずみ)】
f0191673_21202851.jpg


【福津喜(ふくつき)】
f0191673_2121092.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-30 21:26 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 29日

絵葉書で見る山梨 20

━(甲斐国)甲府市常盤町通り━
f0191673_2373374.jpg


 今の「岡島」の正面附近から常盤町通りを東に向けた状景である。
 道路右側の蔵と疑洋風建築は、明治8年に建てられ、甲府空襲で焼失した「永源」こと小池呉服店。道路左側の棟続の建物には、貸本屋、時計店、洋服店、靴屋などが並んでいるのが垣間見える。
 通りの真ん中は勝沼へと延びる鉄道馬車、道路脇には街路樹の柳や火の見など、明治40年代頃、甲府常盤町の街並みである。 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-29 23:27 | 絵葉書で見る山梨 | Comments(0)
2009年 01月 28日

絵葉書で見る山梨 19


━ 山梨高等工業学校 全景━
f0191673_22181767.jpg


 愛宕山の西側辺から眺めた状景である。
 中央に写る校舎が大正13年9月に設立された山梨高等工業学校(昭和19年に山梨工業専門学校と改称し、戦後の教育制度改革により、昭和24年に山梨大学工学部となった。)である。山梨高等工業学校の設立にあたっては、根津嘉一郎が学校敷地を寄附している。
 山梨高等工業学校の前に写る校舎は、明治43年3月に甲府市錦町から新築移転した山梨県師範学校(現在の山梨大学教育人間科学部)である。
また、師範学校の左上は、歩兵第49連隊いわゆる甲府連隊の兵舎である。
 学校周辺も、写真右側の武田神社方面も、まだ一面の田畑が続いている、昭和5年頃の風景である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-28 22:44 | 絵葉書で見る山梨 | Comments(2)
2009年 01月 27日

山梨農工銀行

【山梨農工銀行の銘板】
f0191673_2319246.jpg


 山梨農工銀行は、明治29年4月の農工銀行法により、同31年4月15日に甲府市連雀町31番地(現在:中央4-7-17附近)で開業した。
 明治33年3月に常盤町2番地(現在:丸の内1-19-10、みずほ銀行甲府支店の場所)に店舗を新築移転した後、大正10年4月22日に「日本勧業銀行と農工銀行の合併に関する件」が公布され、同年9月1日に日本勧業銀行と合併し、同行甲府支店となり、昭和46年10月1日の第一銀行と日本勧業銀行の合併により、第一勧業銀行甲府支店となった。(その後の合併により、現在は、みずほ銀行)

━株式会社 山梨農工銀行(甲府市常盤町に在り)━
f0191673_23195023.jpg


 明治33年3月に新築移転した、山梨農工銀行である。
 みずほ銀行甲府支店が建つ、錦町交差点の北西側の一角である。左側に電柱が3本ある場所が現在の甲府市役所南庁舎(旧甲府郵便局庁舎)であり、当時そこは山梨県庁の敷地であった。
 山梨農工銀行の建物は、昭和20年7月の甲府空襲で焼失している。

【明治43年下半年度 第26期営業報告書】
f0191673_23201279.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-27 23:42 | 銀行 | Comments(0)
2009年 01月 26日

新富座


【本当の千両役者です!】
f0191673_2392741.jpg


 東山梨郡諏訪村窪平(現在:山梨市牧丘町窪平)にあった、新富座の演劇チラシである。
 新富座は大正12年10月まで諏訪村の村長を務めた竹居 茂を社長とする株主80名の株式組織として、大正12年1月に建設され、大正13年に宮地役者の大原長之助、音羽琴水一行を招き、舞台開きを行った。
 昭和18年頃まで興行していたが、経営不振で閉館となったようである。

【突如上演 甲州美談】
f0191673_2395755.jpg


 「少尉劇」上演を知らせる新富座の案内チラシである。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-26 23:25 | 劇場・映画館 | Comments(0)
2009年 01月 25日

山梨の蔵元 2 『新海酒造店』

 新海酒造店は屋号を港屋と称し、甲府市白木町92番地(現在:朝日4-5-11、オギノ朝日店の場所)にあった造り酒屋であり、代表銘柄である「一楽」などの清酒の他に、醤油や酢を醸造していた。
 大正6年1月に先代から家督を受け継いだ新海栄治は、市会議長(大正15年6月~昭和5年5月)や第15代(昭和6年8月~同10年8月)及び第17代(昭和14年9月~同18年9月)甲府市長などを務めていた。

【昭代(しょうだい)】
f0191673_12552410.jpg


【峡の花(きょうのはな)】
f0191673_1256162.jpg


【峡の花】
f0191673_12564320.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-25 13:07 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 24日

甲府市役所と梁木学校

 明治22年に市制を施行した最初の甲府市役所は、甲府市柳町72番地(甲府法人会館(旧甲府商工会議所)が建つ現在の中央4-12-21)にあった、元甲府錦町外三十六町戸長役場をその庁舎とした。

【初代甲府市役所庁舎(旧梁木学校)】
f0191673_21481827.jpg


 この建物は明治7年2月16日に、藤村式建築により旧梁木学校の校舎として建てられ、明治21年2月まで校舎として使用されてきたが、相生学校との統合などにより梁木学校が廃校となったため、甲府総町戸長役場として使用され、市制施行とともに引き続き甲府市役所として使用された。
 その後、市政の発展による業務拡大により市役所庁舎としては狭隘となり、また建設後40年が過ぎ、破損・傾斜など使用に耐えざる状態となったことから、相生町53番地(旧春日小学校跡・現在:中央1-20-11)に新庁舎を新築することとなり、大正3年7月に着工、同4年10月17日に竣工式が行われ市役所は2代目庁舎に移転した。
 旧庁舎の跡には、大正14年4月起工、同15年4月完成の甲府商工会議所が建設され、国の登録有形文化財に指定されたその建物は、甲府法人会館として現在も使用されている。

【私立山梨実践女学校校舎(昭和5年頃)】
f0191673_21484750.jpg


 私立山梨実践女学校の前身は、大正5年9月、甲府市富士川町に開設された佐久裁縫女塾(開設者:佐久きく)である。
 大正6年3月31日に山梨実践女学校となった後、昭和2年8月に愛宕町の梁木館を校舎として使用している。
 校舎として使用した梁木館は、最初の甲府市役所庁舎を移築したものである。
 建物の状況から相当改修されてはいるようだが、大正4年10月の新庁舎完成後、富士川町(山梨英和学院の西側附近)に梁木館として移築されたものであり、昭和10年代前半に山梨実践女学校は甲府市二十人町に移転するが、梁木館の建物は昭和20年7月の甲府空襲までは残されていたようである。

【私立山梨実践女学校・全校生徒職員】
f0191673_21491375.jpg


 校舎正面の細部がある程度解る、昭和5年頃の校舎前である。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-24 23:17 | 史料 | Comments(0)
2009年 01月 24日

山梨の蔵元 1 『大石酒造店』

 大石酒造店は甲府市伊勢町2716番地(現在:伊勢1-10-4)にあった、代表銘柄である「山梨自慢」などの清酒や焼酎を醸造していた蔵元である。

【山梨自慢】
f0191673_160461.jpg


【甲陽御嶽正宗】
f0191673_1604754.jpg


【富士五湖正宗】
f0191673_1612175.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-24 16:48 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 23日

第24回総選挙

【衆議院議員候補者等一覧:棄権は危険です!】
f0191673_2342892.jpg


 戦後3回目、新憲法下における2回目の総選挙である、第24回総選挙の投票日が、ちょうど60年前の今日、昭和24年1月23日である。
 これは、その投票を呼びかける山梨県選挙管理委員会が発行した立候補者一覧である。戦後4年が経過してはいるものの、まだ表題は右から左に書かれており、その紙質からも、まだまだ終戦後の厳しさを伝えている。 
 山梨全県区の定員は5名、そこに15名の候補者が立候補する激戦であつたが、樋貝詮三、鈴木正文、天野久、深沢義守、小林信一が当選している。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-23 23:30 | 選挙 | Comments(0)