峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:忠魂碑( 21 )


2017年 07月 02日

島田村 島田小学校敷地内の忠魂碑

【島田小学校敷地内の忠魂碑】
f0191673_20521654.jpg

 上野原市鶴島の上野原市立島田小学校敷地内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「元帥陸軍大将 正二位 勲一等 功一級 子爵 川村景明書」の文字が、また、背面には「大正十年四月十五日建之 嶋田村」の文字が刻まれている。
 
 島田小学校の創立は明治8年の公立鶴島学校の開校を嚆矢としており、忠魂碑は島田尋常小学校当時の建立である。
 戦前、学校の敷地内に建立されていた忠魂碑は少なくないが、その多くは終戦後に学校敷地外の神社や寺院の境内に移設されたり、一旦は破壊等の上で地中に埋めるなどの措置がなされている。
 種々の理由によるものとは思われるが、学校敷地内に現存する忠魂碑は数少ないものである。









にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-07-02 21:07 | 忠魂碑 | Comments(0)
2017年 06月 25日

上野原町 久善寺公園裏山の忠魂碑

【久善寺公園裏山の忠魂碑】
f0191673_19325075.jpg
 上野原市の久善寺公園裏山の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「元帥陸軍大将 子爵 川村景明書」の文字が、また、背面には「大正十年九月 帝国在郷軍人会 上野原町分会」等の文字が刻まれており、忠魂碑の竣工除幕式は、大正10年9月20日に挙行されたという。

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-06-25 19:47 | 忠魂碑 | Comments(0)
2017年 05月 28日

旭村 大公寺の忠魂碑

【大公寺境内の忠魂碑】
f0191673_12274066.jpg

 韮崎市の大公寺境内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「元帥陸軍大将子爵 川村景明 書」の文字。
 また、背面には「大正十三年三月十日 帝国在郷軍人会 旭村分会建之」と建設年等が刻まれている。

 この忠魂碑は、終戦後、大公寺境内の現在地に移されたものであり、当初は、旭村宮下の甘利尋常小学校(現在の韮崎市立甘利小学校は昭和58年4月1日に三校統合により現在地[韮崎市大草町上條東割]に創立)の校地内に建立されていたという。










にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-05-28 14:19 | 忠魂碑 | Comments(0)
2016年 09月 09日

穂積村 妙法寺の忠魂碑

【妙法寺境内の忠魂碑】
f0191673_16590656.jpg 南巨摩郡富士川町の妙法寺境内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「元帥子爵 川村景明 書」の文字が刻まれている。
 また、背面には「大正十四年十一月 帝国在郷軍人会 穂積村分会」と建設年等が刻まれている。
















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-09-09 17:05 | 忠魂碑 | Comments(0)
2016年 09月 07日

平等村・上万力村組合村 同組合村役場の忠魂碑 

【平等村・上万力村組合村旧役場跡内の忠魂碑】

f0191673_16391888.jpg 山梨市落合の平等村・上万力村組合村旧役場跡内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「陸軍中将 田中儀一書」の文字が刻まれている。
 また、背面には「大正六年十月建設 帝国在郷軍人会 平等村 上万力村組合分会」と建設年等が刻まれている。


















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-09-07 16:46 | 忠魂碑 | Comments(0)
2016年 07月 31日

石和町 遠妙寺の忠魂碑

【遠妙寺境内の忠魂碑】
f0191673_21221206.jpg 笛吹市石和町市部の遠妙寺境内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「陸軍大将 子爵 川村景明書」の文字が刻まれている。
 また、背面には「大正二年十二月 帝国在郷軍人会 石和町分会」と建設年等が刻まれている。

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-07-31 21:29 | 忠魂碑 | Comments(0)
2016年 07月 17日

富士見村 佐久神社の忠魂碑

【佐久神社境内の忠魂碑】
f0191673_22135858.jpg 笛吹市石和町河内の佐久神社境内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「陸軍大将一戸兵衛書」の文字が刻まれている。
 また、背面には「昭和三年十二月建為 帝国在郷軍人会 冨士見分会」と建設年等が刻まれている。

  















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-07-17 22:31 | 忠魂碑 | Comments(0)
2016年 06月 05日

岡部村 山梨岡神社の忠魂碑

【山梨岡神社境内の忠魂碑】
f0191673_22584728.jpg 笛吹市春日居町鎮目の山梨岡神社境内の忠魂碑である。
 神社の背後にある御室山(みむろさん)を背に建つ忠魂碑表面には、「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「安正」の文字が刻まれているが、裏面には何も刻まれていないため、忠魂碑本体によっては、その建設年等を確認することはできないが、これまで確認した忠魂碑の例に倣えば、「帝国在郷軍人会岡部村分会」により建設されたものと考えられる。

 なお、揮毫者である「安正」とは、嘉永5年に松本藩士の長男として生まれ、明治40年9月に男爵を授爵された後、大正3年9月に陸軍大将となった福島安正である。









にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-06-05 23:18 | 忠魂碑 | Comments(0)
2015年 01月 02日

塩山町 向嶽寺秋葉神社の忠魂碑

【向嶽寺秋葉神社の忠魂碑】
f0191673_07285464.jpg 向嶽寺の秋葉神社境内の忠魂碑(写真の右側)である。
 正面に「忠魂碑」と揮毫者である「廣瀬猛 書」の文字が、裏面には「昭和九年十二月 帝国在郷軍人会 塩山町分会」と刻まれている。

 揮毫者である廣瀬猛は、東山梨郡七里村(現在の甲州市)に明治15年1月5日に廣瀬久光の九男(廣瀬久政、若尾璋八の弟、廣瀬久忠の甥)として生まれ、陸軍士官学校、陸軍大学を卒業し、昭和7年4月に所沢陸軍飛行学校長、同年12月に陸軍中将となり、昭和8年3月に陸軍大学校校長となったが、同校長在任中の昭和9年7月17日に逝去している。

 
 










にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-02 13:20 | 忠魂碑 | Comments(0)
2014年 12月 28日

八幡村 大井俣窪八幡神社の忠魂碑

【大井俣窪八幡神社境内の忠魂碑】
f0191673_17481095.jpg 山梨市北の大井俣窪八幡神社境内の忠魂碑である。
 忠魂碑表面には「忠魂碑」の文字と、その揮毫者である「安正」の文字が刻まれている。
 また、裏面には「御即位大典大正四年十一月十日建 帝国在郷軍人会八幡村分会」と、建設年等が刻まれている。

 揮毫者である「安正」とは、嘉永5年に松本藩士の長男として生まれ、明治40年9月に男爵を授爵され大正3年9月に陸軍大将となった福島安正である。












【神社境内の忠霊殿】
f0191673_17482300.jpg 神社境内に建てられている忠霊殿である。
 忠魂碑は忠霊殿の左側に並んで建てられている。






















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。




by kaz794889 | 2014-12-28 21:57 | 忠魂碑 | Comments(0)