峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:大和郡山紀行( 4 )


2013年 05月 05日

大和郡山紀行 柳澤家を歩く 4「柳澤文庫」

【柳沢文庫のしおり】
f0191673_13301238.jpg
 柳澤文庫は、最後の藩主であった柳澤保申(やすのぶ)の跡を継いだ柳澤保恵(やすとし)が明治35年4月に邸宅の一部を開放して郷土の教育振興のために所蔵する書籍、雑誌、新聞などを公開したことに始まるが、昭和に入り利用者の減少とともにその維持が困難となり、文庫開設と同時に発足した「育英資金」の制度とともに廃止のやむなきに至っていたが、昭和35年10月10日に、郷土の子弟教育の更なる発展を願う有志と柳澤保承(やすつぐ)の発意により、柳澤家からの数万坪の土地と膨大な旧郡山藩資料の寄附により 財団法人「郡山城史蹟・柳澤文庫保存会」が発足し、翌年秋に旧郡山城跡である大和郡山市城内町2-18の現在地に地方史誌専門図書館として柳澤文庫が開設され、城跡の保存管理にもあたっている。

  柳澤文庫には財団発足とともに柳澤家から寄贈された柳澤歴代藩主の書画や和歌、俳諧などの作品や旧郡山藩の公用記録をはじめとする藩政史料など数万点の古文書、古書籍が所蔵されており、そうした所蔵史料の中には甲府藩主時代の史料など、山梨県に関わる郷土史関係史料も数多く残されている。
  こうした蔵書などについては、研究のために広く公開されているとともに、展示室では年数回の展覧会も行われている。(訪問時には「柳澤文庫新春常設展 柳澤家七代 柳澤保申を中心に」が平成25年1月12日から3月17日を開催期間として開催されていた。)



【柳沢文庫 展示室 入館券】
f0191673_13312715.jpg




【柳沢文庫(旧柳澤邸車寄せ)】
f0191673_13332048.jpg
  柳澤文庫の建物は、旧郡山藩主であった柳澤伯爵家の本邸として東京市芝区に明治38年~39年頃に建設されたものであったが、関東大震災による復興工事による道路拡張のために本邸が立ち退きとなったことから、その一部の建物(車寄せ、玄関など)を移築し、当初からあった建物に増築する形で昭和2年に上棟、同3年に竣工している。
  その後も長く郡山別邸として使われていたが、昭和35年の柳澤文庫発足に伴い、柳澤家から同文庫に寄贈されている。




【柳沢文庫(旧柳澤邸車寄せ)②】
f0191673_13332583.jpg
  柳沢文庫における展覧会は旧大広間を展示室として使用しており、旧大広間横の図書室は旧応接室として使用されていたスペースである。




【柳沢文庫(旧柳澤邸車寄せ)正面】
f0191673_13345230.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-05-05 14:36 | 大和郡山紀行 | Comments(0)
2013年 03月 30日

大和郡山紀行 柳澤家を歩く 3 「柳澤神社」

【柳澤神社要誌】
f0191673_6393553.jpg
  大和郡山城の本丸跡に鎮座する柳澤神社は、大和郡山藩の藩祖である柳澤美濃守吉保公(柳澤吉保)を御祭神として明治13年10月29日に創建(創建当時は現在奈良県立郡山高校のある二の丸跡に社殿が建てられ、現在地には明治15年6月に遷座している。)されている。



【大和郡山城 竹林橋・竹林門跡の社標碑】
f0191673_6402710.jpg
 大和郡山城の旧本丸と旧二の丸との間(鳥居の位置から、その先の石垣(竹林門跡)の間)に架けられていた竹林橋の入り口に建つ一の鳥居と柳澤神社の社標碑 




【柳澤神社境内の碑】
f0191673_6405873.jpg
 柳澤神社境内、拝殿の手前に建つ「祭神 旧川越甲府城主 柳澤美濃守吉保公」と刻まれた碑




【柳澤神社 拝殿】
f0191673_6413979.jpg
 明治23年に建てられた柳澤神社拝殿  




【柳澤神社 本殿】
f0191673_6421681.jpg
 柳澤神社本殿




【柳澤神社 社殿全景】
f0191673_6432953.jpg
 拝殿から本殿を望む柳澤神社の社殿全景
 柳澤神社の境内を含む大和郡山城跡は桜の名所であり、3月下旬から10日間「お城まつり」が毎年開催されている。(本年は「第53回 お城まつり」として3月29日から4月12日まで開催されている。)



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-03-30 07:22 | 大和郡山紀行 | Comments(0)
2013年 03月 16日

大和郡山紀行 柳澤家を歩く 2 「柳澤家墓所」

【永慶寺の柳澤家墓所】
f0191673_1749290.jpg
  柳澤家墓所は、菩提寺である永慶寺内の西側墓地内中央の塀に囲まれた場所が柳澤家墓所である。
  なお、藩祖柳澤吉保の墓所は山梨県甲州市の恵林寺に、初代郡山藩主である柳澤吉里から第5代藩主 柳澤保興までの藩主の墓所は東京都新宿区の月窓寺にあり、永慶寺は、最後の郡山藩主であった第6代柳澤保申以降の柳澤家当主らの墓所となっている。



【第5代郡山藩主 柳澤保興の正室淑姫の墓】
f0191673_1752145.jpg
  墓所の右側の門を入った正面が、第5代郡山藩主であった柳澤保興の正室である淑姫の墓である。
  淑姫は第8代薩摩藩主島津重豪の11女である。  




【第7代旧郡山藩主 柳澤保恵の墓】
f0191673_1755679.jpg
  第7代旧藩主にあたる柳澤保恵(明治3年12月16日~昭和11年5月25日)は、越後黒川藩主・柳沢光昭の次男として生まれ、旧姓は黒川光敏と称していたが、明治19年に第6代藩主柳沢保申の養子となり、保申の次女秀子と結婚し保申の死後、家督を相続している。





【第6代郡山藩主 柳澤保申の墓】
f0191673_1756385.jpg
 第6代藩主である柳澤保申(弘化3年3月25日~明治26年10月2日)は、第5代藩主柳澤保興の三男として郡山城で生まれ、嘉永元年の保興死去に伴い家督を継いでいる。
 明治2年6月17日の版籍奉還により知藩事となり、明治4年の廃藩置県で免官されている。その後、明治17年に伯爵を授爵している。




【第8代旧郡山藩主 柳澤保承と妻尚子の墓】
f0191673_17594265.jpg
 第8代旧藩主にあたる柳澤保承(明治21年12月~昭和35年10月25日)は、第6代藩主柳澤保申の長男として生まれたが、保申の逝去後、黒川藩の黒川光敏が柳澤保恵として家督を継ぎ、昭和11年の保恵逝去に伴い第8代として柳澤家の家督を継いでいる。終戦後の昭和22年、公選による初代郡山町長を務めている。
 柳澤保承の妻である尚子(明治27年6月~昭和48年12月)は、旧佐賀藩主鍋島直大の5女として生まれ、大正元年に柳澤保承と結婚している。




【第6代郡山藩主 柳澤保申の正室明子の遺髪碑】
f0191673_17581267.jpg
 第6代郡山藩主柳澤保の正室である明子は、左大臣一条忠香の三女として生まれ、明治35年に逝去している。
 柳澤家墓所にあるのは遺髪碑であり、墓所は品川区の東海寺に建立されている。







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-03-16 22:08 | 大和郡山紀行 | Comments(0)
2013年 03月 11日

大和郡山紀行 柳澤家を歩く 1 「永慶寺」

【永慶寺案内パンフ】
f0191673_16401349.jpg
【永慶寺の略地図】
f0191673_16403115.jpg



  奈良県大和郡山市の龍華山 永慶寺は柳澤吉保を開基とする黄檗宗の寺院である。
  旧郡山藩主柳沢家の初代藩主柳澤吉里の父親である柳澤吉保が宝永元年(1704年)12月、5代将軍徳川綱吉から甲斐・駿河両国に12万1200石余を与えられ柳澤氏の出自の地である甲府藩主となり、柳澤吉里が大和国郡山に転封となる享保9年(1724年)までの約20年間、柳澤家は甲斐国を治めていた。
  甲府藩主となった柳澤吉保は宝永7年(1710年)に甲斐国巨摩郡岩窪村躑躅ヶ崎(現在:甲府市岩窪町)に龍華山永慶寺を建立し、正徳3年(1713年)9月5日に逝去した正室の定子と正徳4年(1714年)11月2日に逝去した吉保が同時に埋葬され菩提寺となるなど、柳澤家が甲斐国を治めた時代、永慶寺は順当な推移していったが、2代甲府藩主であった柳澤吉里の時代である享保9年(1724年)3月、幕命により大和国郡山に転封となったことから、永慶寺も大和国郡山に移転し現在に至っている。
  なお、移転後の永慶寺は柳澤家の信仰の場として当地での別邸的な要素を兼ねて、歴代藩主の庇護の下で明治維新に至っている。

【永慶寺境内略図】
f0191673_1641286.jpg
  境内の主な諸堂等は次のとおりである。
   本堂(大雄宝殿)
   柳澤家仏間(香厳殿)
   庫裏
   山門
   柳澤家墓所




【永慶寺山門】
f0191673_16415389.jpg
  永慶寺山門は天正時代の郡山城主であった豊臣秀長(豊臣秀吉の弟)の時代に大和郡山城の南御門として建築された、当時の大和郡山城の遺構として大和郡山市内に残る唯一の建造物であり、幕末に永慶寺山門として移築されている。
  安土桃山時代の城門建築様式を伝える門として、昭和50年10月2日に大和郡山市の文化財として指定されている。



【永慶寺本堂】
f0191673_16422593.jpg
  永慶寺の本堂である大雄宝殿である。



【永慶寺境内】
f0191673_16425990.jpg
  左側の建物が庫裏、その右側の建物が柳澤家仏間である香厳殿である。
  永慶寺の墓域は庫裏と香厳殿の間を進んだ奥である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-03-11 18:24 | 大和郡山紀行 | Comments(0)