峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:役場( 6 )


2017年 05月 13日

旧日川村役場

【日川村役場】
f0191673_14482351.jpg 日川村は明治8年6月、山梨郡 一町田中村、歌田村、上栗原村、下栗原村、中村の五か村合併により成立した村である。
 (その後、山梨村、日下部町、八幡村、加納岩町、後屋敷村と合併し、現在は昭和29年7月1日に誕生した山梨市の一部となっている。)

 日川村役場庁舎は、昭和3年3月に同村下栗原1064番地への建設が決定し、同年7月に鉄鋼コンクリート二階建ての庁舎が落成している。
 






















【旧村役場跡に建つJAフルーツ山梨 日川支所】
f0191673_14500062.jpg 日川村役場の跡には、現在、JAフルーツ山梨 日川支所が建てられている。






















【現在も残る旧日川村役場の門柱】
f0191673_13260229.jpg

 旧村役場庁舎は既に取り壊されているが、当時の門柱が現在も残されている。






















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-05-13 13:58 | 役場 | Comments(0)
2014年 08月 24日

旧棡原村役場


【旧棡原村役場跡 1】
f0191673_17364489.jpg 
 北都留郡棡原村は明治22年7月1日の町村制施行により発足し、いわゆる昭和の大合併により、昭和30年4月1日に上野原町、西原村、島田村、大鶴村、巌村、甲東村、大目村と合併し新制 上野原町に、その後の同町と秋山村の合併により現在は上野原市となっている。
 現在の棡原は長寿の里として知られている地域である。
 
 棡原地区を訪れた際、地元の人にかつての棡原村役場について尋ねたところ、既に旧役場庁舎は取り壊されているものの、村役場時代のお蔵が残っていることを聞いた。
 写真の土蔵が件の建物であり、右側の空き地にかつての役場庁舎が建てられていたという。











【旧棡原村役場跡 2】

f0191673_17365204.jpg かつての村役場は、本庁舎に隣接して土蔵形式の文書庫が建てられている例が多く、この土蔵も役場の文書庫として使われていたものと推察できる。






















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2014-08-24 22:22 | 役場 | Comments(0)
2014年 02月 08日

旧古関村役場

【旧古関村役場 正面】
f0191673_1165890.jpg
  古関村は昭和31年9月30日に冨里村、久那土村、共和村と合併して下部町となり、その後のいわゆる平成の大合併により、現在は身延町となっている。
  古関村役場は当初、この建物の裏側に通じていた従来の旧道に沿って建てられていたが、その後、この建物の前に新たな県道が開通し旧道は廃道となっている。
  このため、昭和25年に役場の同一敷地に改築したのが、この旧古関村役場である。
  合併後は下部町古関支所として使用されてきたが、旧古関小学校の建物に古関支所は近年移転しており、現在は、この建物を残していきたいとの志し持った地元の個人が所有しているという。




【旧古関村役場 側面】
f0191673_11523688.jpg
  社会教育推進の場として、公民館を長期総合計画により順次建設していた当時の下部町は、合併後、下部町古関支所として使用していた旧古関村役場庁舎に地区公民館を併設するため、昭和46年5月に増築等の大改造を行っている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-02-08 12:11 | 役場 | Comments(0)
2013年 08月 13日

旧中牧村役場

【旧中牧村役場正面】
f0191673_9184196.jpg
  中牧村は明治8年1月に倉科村と西保下村が合併して成立した村であり、昭和29年5月17日には諏訪町及び西保村の1町2村が合併して牧丘町となり現在は山梨市となっている。
  和風二階建ての旧中牧村役場は明治33年11月の建築であるが、相当改修され倉科公民館として現在も使用されている。
  



【旧中牧村役場側面】
f0191673_9192117.jpg
  建物の西側脇には村役場時代に文書庫などとして使用された土蔵が現在も残されている。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-08-13 09:37 | 役場 | Comments(0)
2011年 09月 18日

北巨摩郡塩崎村役場庁舎

【旧塩崎村役場庁舎1】f0191673_2225391.jpg



 北巨摩郡塩崎村は、明治8年6月に下今井村、志田村、岩森村、宇津谷村の4村合併により成立した村であり、その後「昭和の大合併」により旧登美村と昭和30年3月5日に合併て双葉町となり、平成16年9月1日には敷島町及び竜王町との合併により、現在は甲斐市となっている。
 明治8年の塩崎村発足当時は、妙善寺本堂の一部を村役場に充て、これを塩崎村役場としていた。
 その後、戸長が交代した明治12年頃には下志田組の民家に、また明治14年頃には宇津谷組の民家を役場に充てていたが、明治17年に登美村と連合組合を設立した際には、下志田組の民家を借りて塩崎、登美の連合役場としていたが、それから数年後の明治22年9月には、また妙善寺に役場を移していたが、建物の狭隘から宇津谷の地を新たな役場庁舎の地と定め、昭和2年3月31日に新築起工式を行い完成した庁舎が、この建物である。

【旧塩崎村役場庁舎2】
f0191673_22261120.jpg


 塩崎村役場の新庁舎建築にあたり、その工事については基礎工事、建築工事と、それぞれの工事は地元の者が請け負っていた。
 工事は昭和2年6月30日までに完成し、翌7月1日からはこの新庁舎において執務を行っている。なお、現在は個人宅と工場として使用されている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2011-09-18 23:02 | 役場 | Comments(0)
2010年 09月 18日

谷村町役場

━谷村町役場 新築落成記念━
f0191673_1852928.jpg
 明治8年1月、上谷村と下谷村の合併により新たに谷村となった後、明治29年3月7日に谷村は町制を施行し谷村町となり、昭和17年4月1日には三吉村及び開地村を編入している。
 その後、昭和29年4月29日に谷村町、宝村、盛里村、禾生村の4町村が合併し、現在は都留市となっている。
 明治維新まで谷村には谷村陣屋が置かれており、維新後には陣屋の跡に谷村区裁判所が開かれ、明治12年には南都留郡役所が開庁するなど、古くから郡内地方における政治・経済の中心地として発展してきた
町であった。
 写真の谷村町役場は、昭和3年8月に落成した新庁舎である。



【現在の谷村町役場跡】
f0191673_18513627.jpg


 市役所入口交差点の、この角地が谷村町役場が建てられていた場所である。現在も、建物と道路の境に設置されていた柵の一部が僅かに残されている。 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2010-09-18 21:23 | 役場 | Comments(0)