カテゴリ:山梨の官選知事( 4 )


2013年 12月 01日

山梨の官選知事 4「阪本三郎」

 阪本三郎は大正5年4月28日から同年10月13日までの5か月間、第20代山梨県知事を務めている。
 慶応3年10月16日に武蔵国南玉郡原町田(現在の東京都町田市)の脇本陣、武蔵屋旅館の当主である渋谷徳次郎の二男として生まれ、阪本の祖父である真下専之丞が起こした「融貫塾」や近在の「小島韶斎塾」「耕余塾」に学び、明治21年7月に東京専門学校(現在の早稲田大学)法律科を卒業し、明治24年1月に司法官試補となり新潟区裁判所詰を命ぜられ、三条、相川、新発田区裁の判事となった後、明治25年2月に検事となり新潟、水戸、東京地方裁判所、東京控訴院判事を務めていたが、出身校である早稲田の初の派遣留学生として明治33年9月8日にドイツ留学に出発し、ハイデルベルク大学において民法等を研究し 明治37年4月に帰国した後、東京控訴院判事に復職し、その後は行政裁判所評定官兼法制局参事官を務め、大正3年4月に秋田県知事となった後に山梨県知事となっている。

 阪本は早稲田の学園に学び、大隈重信内閣時代の寵児として県知事に任官され、秋田、山梨の知事を務めることとなったが、大隈内閣の崩壊とともに山梨県知事を免官されたことから、その在職期間も5か月間と極めて短く、その在職期間に充分な手腕を発揮することもできず特質すべき業績は見当たらない。

 しかしながら、阪本は山梨県知事としての業績とは別に、山梨郡中萩原村重郎原(現在の甲州市)に寛政11年に生まれ、文政8年に江戸に出府し幕臣である小原氏の下僕となった後、天保元年に小原家を辞して代官手代となり石和代官所谷村主張所詰となった後、天保7年に徳川直参の真下家の家禄を買い武士の身分を得、蕃書調所調役勤番衆などを務め、慶応2年に5,000石の陸軍奉行並支配に昇進し明治8年10月17日に没している、真下専之丞を祖父に持つ戦前期における初の県人知事であったこと。
 また、樋口一葉の祖父である樋口八左衛門が、阪本の祖父である真下専之丞の同郷の友であったことから、樋口一葉の父親である樋口大吉が真下を頼りに江戸に出府し拠り所としていたことなどから、樋口家に出入りしていた阪本が樋口一葉の許嫁であった時期があったことなどが知られている。

  山梨県知事免官後の阪本は、大正6年に母校である早稲田の役職に就くなど、大隈重信の信任が厚かっ たといわれている。晩年は、昭和5年11月頃から病気を患い東京帝大青山外科に入院治療を行っていたが、翌6年5月30日に本人の希望により東京府豊多摩郡下戸塚の自宅に戻り、療養中の4月14日午後2時に自宅において没している。
 なお、真下専之丞には二男二女の子供と一人の養子がおり、長男が坂本家、二男(徳次郎)が渋谷家、養子が真下家を継いでおり、阪本の父親である渋谷徳次郎は、真下専之丞の側室であるクニ(町田の脇本陣武蔵屋の娘)との間の子供であり、真下専之丞の孫にあたる阪本三郎は明治25年に坂本家の養子(養子となった後に坂本から阪本に改姓している。)となっている。

【阪本三郎の墓所跡】
f0191673_22485255.jpg
  かつての阪本三郎の墓所は、写真の中央の位置に、院殿の戒名が刻まれた卒塔婆形式の墓石が建立されており、その管理は他家に嫁いだ阪本の長女が長く守ってきたというが、同人の死去により墓所の管理も困難となることから、6~7年程前に墓石を含めた墓所は撤去されている。




【菩提寺の無縁仏施設】
f0191673_22494020.jpg
  墓所が撤去された後、現在は当該墓所の菩提寺にある無縁仏に合葬されている。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-12-01 23:16 | 山梨の官選知事 | Comments(0)
2012年 02月 18日

山梨の官選知事 3「山脇春樹」

【第21代山梨県知事 山脇春樹】
f0191673_17475617.jpg
 大正5年10月13日から同8年4月18日まで、第21代山梨県知事を務めた山脇春樹は、明治4年5月京都府士族、畑田家に生まれ、同30年4月に行政裁判所長官や貴族院議員を務めた山脇玄の養子となり、同32年東京帝国大学法科政治科を卒業、高等文官試験合格後は、司税官、農商務大臣秘書官、農商務省商務局商事課長、台湾総督府専売局長、臨時博覧会事務官長を経て山梨県知事に着任している。




【甲府勧業共進会役員】f0191673_1875060.jpg



 甲府市役所前における甲府勧業共進会役員の記念写真である。(前列左から6人目が山脇知事である。)
 大正7年10月5日から10月25日まで、甲府市制30年記念として開催された甲府勧業共進会において、当時の知事であった山脇春樹は総裁を務めていた。
 山脇は、かつてイタリア、ドイツ、ベルギーなどに派遣され、欧州諸国の事情に精通し、特に博覧会経営の権威でもあり、山梨県転任後に努めた県知事時代には博覧会知事の異名をとるほど博覧会については熱心であったという。

【山脇春樹の墓】
f0191673_17485112.jpg


 大正8年4月に山脇春樹は三重県知事に転任し、その後は栃木県、愛知県の知事を務め、大正15年に官界を去った後は、養母である山脇房子が創立した山脇高等女学校の校長となり、昭和23年1月3日に78歳で没している。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-02-18 19:29 | 山梨の官選知事 | Comments(0)
2012年 01月 14日

山梨の官選知事 2 「海江田武次」

【海江田信義(武次)の墓】
f0191673_22594158.jpg



 明治新政府は国史編纂を重要施策の一つとし、太政官正院に歴史課が明治五年に設置され、旧幕時代の藩政史、王政復古の経緯、維新後の地方行政沿革を主体とした国史編纂計画が所掌事務の一つとされ、明治7(1874)年11月には各府県に対し「歴史編輯例則」に基づき、明治7年までを対象とした資料提出及び明治8(1875)年以降は各年版の資料を作成の上、逐次提出することが指示されている。
 山梨県においても明治元年から同12年に至る間を記録した全45冊からなる山梨県史が編集され、その第一巻の冒頭には「明治元年戊辰三月十二日、東海道副総督ノ命ヲ承ケテ参謀海江田武次甲府ニ至リ国事ヲ代理ス。是ヲ本県立庁ノ始メトス。」と記されている。
東海道副総督参謀 海江田武次は歴代山梨県知事の初代として位置づけられている。
 海江田は浜松藩兵百名余を従えて甲府入りしており、官軍によるこの時期の初政はあくまで臨時軍政府といったものであり、同年4月頃まで甲府に滞在していた。
 
 海江田は天保3年(1832年)2月11日、薩摩藩士・有村仁左衛門兼善の次男として生まれ、島津斉興の茶頭に出仕した11歳の時に俊斎と称し、文久元年(1861年)12月には、日下部伊三治の次女・まつと結婚し、同時に婿養子となって海江田武次、信義と改名(海江田は日下部の旧姓)している。

 その後、明治3年8月には奈良県知事、明治5年に左院四等議官、明治14年、元老院議官、明治20年には欧米各国視察を命ぜられて渡航。同年子爵を受爵し翌年に帰国し、明治23年には貴族院議員となり、翌年には枢密顧問官に就任し明治39年10月27日に75歳で死去している。
 写真の海江田信義(武次)の墓は、明治40年10月に海江田の長男である虎次郎が建立している。

【海江田信義夫人 愛子・海江田家の墓】
f0191673_2305426.jpg



 海江田信義(武次)の墓の後方、通りをはさんで建立されているのが、海江田夫人と一族の墓である。
 墓域内の墓誌によると、海江田の夫人である愛子は昭和5年に73歳で、長男虎次郎は昭和46年に94歳で没していることが記されている。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-01-14 23:20 | 山梨の官選知事 | Comments(0)
2011年 02月 27日

山梨の官選知事 1 「高野源進」

【市川三郷町市川大門の八幡神社】f0191673_13503131.jpg


 西八代郡市川三郷町市川大門に鎮座する八幡神社の正面に建つ八幡神社の社標である。

【八幡神社社標の側面】f0191673_13505097.jpg
 社標の左側面には「山梨県知事正五位勲四等高野源進書」と、右側面には「昭和16年11月3日」と建てられた日が刻まれている。



【山梨常会資料 第27号(昭和17年2月21日発行)】
f0191673_13512955.jpg
 戦前期の知事は選挙で選ばれる現在とは異なり、国が任命した官選知事が各県に赴任していた。
 山梨県には最初の知事相当職であった海江田武次から豊原道也まで、明治元年3月から昭和22年3月までの78年間に43人の知事が任命されている。
 高野源進は前任の警視庁警務部長から昭和16年1月7日に任命され、昭和17年7月7日に陸軍司政長官としてビルマ行政府官房長に転任するまでの間、第37代山梨県知事を務めている。
 高野源進の山梨県知事としての在職は1年8ヵ月という短期間ではあったが、日米開戦前後を挟み、山梨県内でも第十銀行と有信銀行の合併による1県1行体制による山梨中央銀行の発足、山梨毎日新聞と山梨日日新聞の合併による1県1紙体制、甲府電力の関東配電への合併など戦時体制が推し進められた時期であり、左記の山梨常会資料(写真の人物が高野源進である。)
にあるとおり、シンガポール陥落の戦況と食料増産と貯蓄増強の徹底が叫ばれた時期であった。 



【高野源進の墓】
f0191673_1415571.jpg


 高野源進は明治28年3月15日に高野源八の長男として福島県北会津郡北会津村に生まれ、旧制会津中学、旧制第一高校、東京帝国大学を卒業し、大正12年4月に内務省に入省し神田万世橋、本郷駒込警察署長、滋賀県警察部長、茨城県警察部長、警視庁刑事部長、愛知県経済部長、大阪府警察部長、昭和14年9月から16年1月まで警視庁警務部長を務め、その後山梨県知事に就任した後、昭和17年7月には陸軍司政長官としてビルマに赴き、昭和18年8月に大阪府次長、昭和20年6月に広島県知事となり、終戦後の10月11日に警視総監となった後、21年1月に辞職し、9月に公職追放となり昭和26年8月の追放解除後は弁護士を務め、昭和44年1月4日に73歳で亡くなっている。
 なお、高野源進は広島に原爆が投下された際の広島県知事であったが、当日は広島県福山市に出張していたため難を逃れたものの、妻のシナ子は官舎で被爆死している。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2011-02-27 14:22 | 山梨の官選知事 | Comments(0)