カテゴリ:広告・チラシ( 20 )


2015年 05月 30日

高尾のお会式は 櫛形町小笠原から

【小笠原商工会発行のチラシ】
f0191673_16565669.jpg 南アルプス市高尾集落に鎮座する穂見神社の祭典は、毎年11月22日、23日に行われている。
 写真のチラシは昭和29年に、当時の中巨摩郡櫛形町(現在の南アルプス市)の小笠原商工会が発行したものである。
 穂見神社の祭典である「高尾の夜祭り」は、かつて11月30日から12月1日にかけて夜通し行われる祭典であり、高尾講という穂見神社の信仰団は、地元を始めとした山梨県内はもちろん、東京、静岡、長野、神奈川の各都県においても結成され、戦前期には数百、昭和40年頃には百数十に減少はしたものの、チラシが発行された昭和29年頃は参詣人の人出は多く、相当賑わっていたことがその内容からもうかがえる。

 昭和37年6月30日に廃止されるまで、櫛形町小笠原には山梨交通の電車線の駅である、小笠原駅(現在の南アルプス市役所附近)が置かれていた。
 参詣人は小笠原に到着すると、更に山梨交通の路線バスに乗り換え、穂見神社への参詣道の一つである平岡道の起点でもある平岡に向かい、そこから徒歩で高尾地区を目指し、穂見神社に参拝していた。

 小笠原は当時、穂見神社に向かう公共交通機関の要所であり、峡西地方の中心地域の一つであった。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-05-30 23:14 | 広告・チラシ | Comments(0)
2015年 05月 05日

弥栄 かしわ餅

【「弥栄 かしわ餅」のチラシ】
f0191673_15361417.jpg 5月5日の「こどもの日」は「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)」に定める祝日であり、昭和23年7月20日の公布、施行とともに制定され、同法第2条において、「こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」と定義されている。

 「弥栄 かしわ餅」は甲府市桜町の澤田屋が製造発売した、1個10円のかしわ餅である。
 チラシに発行年月の記載はないが、澤田屋の電話番号が「4001」の4桁であることから、昭和37年9月(甲府市街の電話番号が複局化)以前に出されたチラシと推測される。

 当時は澤田屋に限らず、子どもの日、十五夜といった季節の節目に、和菓子の製造販売店からこうしたチラシが出され、和菓子の販売促進を図っている。

 

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-05-05 16:11 | 広告・チラシ | Comments(0)
2014年 06月 21日

清林軒 浅川商店

【紙目録 清林軒 浅川友八】
f0191673_23374870.jpg
  甲府柳町10番地で浅川友八が営業していた清林軒の広告である。
  和洋紙類、筆墨一切などを営業品目としており、後に浅川商店となっている。



【甲府市柳町 浅川商店】
f0191673_23383617.jpg
  明治30年代の浅川商店である。
  この頃は前述の浅川友八から、その子供である浅川友造が商店を引き継いでいる。
  その後、友造の長男である幾平が甲府中学校卒業後に、祖父累代の紙商を引き継いで経営にあたったが、大正4年に東洋モスリンに入社したため、家業は弟に託している。
  なお、山一證券の創業者である小池国三は、浅川友八の五男として、慶応2年4月10日に生まれており、この家は小池国三の生家である。




【現在の同位置】
f0191673_23401415.jpg
  現在の清林軒浅川商店があった場所である。
  旧甲州街道が甲府柳町宿に交わる位置の四つ角にあたる場所である。
  現在、同位置附近は道路拡幅工事が行われている。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-06-21 23:57 | 広告・チラシ | Comments(0)
2014年 06月 07日

「初夏の御案内」 岡島呉服店

【岡島呉服店の広告 「初夏の御案内」】
f0191673_15213831.jpg
  一枚の大判用紙に印刷されたものを四つ折りにした形式により、甲府柳町時代の岡島呉服店が「初夏の御案内」と題して発行した広告である。
  現在の位置に岡島百貨店が建設されたのが昭和13年10月であるため、岡島呉服店時代のこの広告は昭和初期頃のものである。



【「初夏の御案内」Ⅱ】
f0191673_15221615.jpg
  昭和12年7月の日華事変勃発に伴う戦時体制に入る以前の昭和初期は、広告のイラストからも感じられるように、昭和戦前期の最も安定した時代であったのではないだろうか。



【「初夏の御案内」Ⅲ】
f0191673_15224517.jpg




【「初夏の御案内」Ⅳ】
f0191673_15231972.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-06-07 15:43 | 広告・チラシ | Comments(0)
2014年 04月 01日

澤田屋 花見だんご

【澤田屋の「花見だんご」の包装紙】
f0191673_235539.jpg
  甲府市桜町38番地に店舗(現在も同位置で営業している)を構えていた澤田屋の花見だんごの包装紙である。
  三色団子の配色をイメージした背面に桜の花びらを図案化している、昭和初期頃の包装紙である。
  当時の甲府市内における桜の名所は、甲府城跡の舞鶴公園や武田神社があげられる。
  この包装紙に包まれた「花見だんご」を携えて、市内市街地や郊外に当時の人々は花見に行った出かけたことだろう。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-04-01 23:17 | 広告・チラシ | Comments(1)
2014年 01月 02日

吉例 初大賣出し

【甲府柳町 岡島呉服店の新春大売出しの案内】
f0191673_15105223.jpg
  岡島百貨店が昭和初期の岡島呉服店時代に作成した、新春吉例の初大売出し(1月2日から4日の間)の案内である。
  新春イベントである「八銭均一」や、当時流行していた銘仙や小紋モスリンを大奉仕品として挙げている。




【岡島呉服店の跡】
f0191673_15114174.jpg
  岡島呉服店時代の店舗は柳町(現在:中央2-13-4)、現在の岡島事務センターの位置で営業していた。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-01-02 15:27 | 広告・チラシ | Comments(0)
2013年 12月 26日

ブドーヤ洋装店

【甲府市錦町電気館隣り ブドーヤ洋装店】
f0191673_23181119.jpg
  甲府市錦町「ブドーヤ洋装店」が昭和29年に作成した、クリスマスと正月の仕度に向けた12月4日からの純毛地大売り出しのチラシである。
  現在とは異なり、当時は「コート」より「オーバー」が一般的な名称として使用されている。甲府市街地の中心地の一つである電気館(映画館)の隣りで営業していた洋装店であり、師走の街中の活気は現在とは到底比較にはならないだろう。





にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-12-26 23:34 | 広告・チラシ | Comments(0)
2013年 12月 15日

内藤活版石版製造印刷所稟告

【内藤活版石版製造印刷所稟告】
f0191673_22251274.jpg
  全国にさきがけて新聞を創刊し、山梨県における活版印刷の始祖として教科書出版を行うなどした内藤伝右衛門は、明治13年12月に又新社の経営権を野口英夫に譲り、多年にわたる新聞事業を離れて出版に専念することとなった。
 この広告は、甲府市常盤町8番地の内藤商店内に置かれた内藤活版石版製造印刷所の明治30年頃の広告である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-12-15 22:35 | 広告・チラシ | Comments(0)
2013年 10月 06日

甲府柳町 岡島茂兵衛

【呉服太物類 岡島茂兵衛】
f0191673_17214714.jpg
  現在の岡島百貨店の前身である、甲府柳町一丁目の大黒屋こと岡島茂兵衛の明治16年1月の広告である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-10-06 17:25 | 広告・チラシ | Comments(0)
2013年 09月 29日

甲斐名物 葡萄羹

【「おみやげと鉄道」展開催チラシ】
f0191673_17183763.jpg
  旧新橋停車場 鉄道歴史展示室において、第32回企画展「おみやげと鉄道」が平成25年8月6日から11月24日まで開催している。
  過日、同企画展を観覧した際、「構内営業」と題するコーナーに、甲府駅の構内営業業者であった米倉支店が販売していた「甲斐名産 ブドウ羊羹」と題する昭和初期頃の掛紙の展示を目にした。
  昭和5年の「日本案内記 関東編」には甲府市の土産品として葡萄、葡萄酒、水晶、印伝、甲斐絹などが記載されている。
  また、葡萄羊羹については明治39年に甲府で開催された一府九県連合共進会に際して発行された「山梨県案内」の巻末広告に、松林軒の販売菓子の一つとして葡萄羊羹が掲載されているなど、明治期後半において葡萄羊羹は既に名物菓子として他の業者によっても製造販売されていた。




【甲斐名物 葡萄羹】
f0191673_17194373.jpg
  「夫レ葡萄ハ甲斐特産ニシテ八珍菓ノ随一ナリサレド水質菓物ナレバ永久販売スル能ズ」の口上に始まる「甲斐名物 葡萄羹」の明治40年頃のチラシである。
  「柿ノ水飴本店 一布商会」は池田一布が明治31年に分家独立して創業した菓子舗であり、その後国産菓子製造の稲月堂として韮崎町2302番地で営業を続けていた。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-09-29 18:23 | 広告・チラシ | Comments(1)