峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:蔵元( 7 )


2013年 01月 03日

山梨の蔵元 7 『都築酒造店』

【「甲斐ヶ嶺」のラベル】
f0191673_1814650.jpg
  西八代郡岩間村(現在:市川三郷町岩間)で酒造業を営んでいた都築酒造の創業は明治5年であった。
  明治維新当時、落居、宮原、三沢、車田、富士川対岸の切石、飯富など当該地域周辺には複数の醸造業者が続出していたが、こうした複数の同業者の大部分は資産に任せて開業はしたものの、その殆どが杜氏任せとなっていたため、次第に淘汰される状況に至り、明治末期まで営業を維持した醸造業者は数軒にすぎなかったという。創業から同店が軌道に乗ったのは明治20年頃であり、戦後期まで代表銘柄を「甲斐ヶ嶺」として営業してきたが、現在は廃業している。
  なお、写真の「甲斐ヶ嶺」のラベルは中川一政により作成されたものである。



【都築酒造店跡①】
f0191673_1821467.jpg
  都築酒造店の門構えである。



【都築酒造店跡②】
f0191673_1823593.jpg
  10年程前までは酒蔵の跡が残っていたが、現在は更地となっており右側の住宅のみが残されている。



【雑誌「甲州倶楽部」昭和11年3月号】
f0191673_1832350.jpg
  同酒造店の主人は旧制錦城中学校時代に中川一政と同級生であったため、昭和48年に本人が没するまで中川一政との親交が続いていたという。
  中川は岩間村周辺の風景を激賞しその風景などを描くため、戦前期に半年ほど弟子をつれて岩間村に滞在したこともあったという。そうした関係から「甲斐ヶ嶺」のラベルを中川一政が描いたものと考えられる。
  写真の雑誌「甲州倶楽部」は、東京の山梨県人会的組織であった山梨協会により発行されていた雑誌であり、昭和元年に同協会が発行していた雑誌「山梨」を改題した雑誌である。
  この雑誌の昭和11年3月号(通巻78号)に、目次にあるとおり中川一政による「富士川日記」(随筆)と「甲斐の富士川」(12首の短歌)が掲載されている、いずれも岩間村やその周辺の情景を作品にしている。

f0191673_1883682.jpg




【「甲州倶楽部」掲載の「富士川日記」】
f0191673_1841628.jpg
  この作品の一節で中川は、「日本国中に画架を立つべき所は、まさに無数なるべきを私が何故こんな所へ来たかと云ふと、私の友達が岩間村に富士川の水をくんで酒を作ってゐる縁故である。」と記している。
  岩間村の友人が都築酒造店の主人である。 




【中川一政の墓所】
f0191673_1844556.jpg
  東京豊島区にある中川一政の墓所である。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2013-01-03 19:11 | 蔵元 | Comments(0)
2012年 03月 17日

山梨の蔵元 6 『十一屋』

【君が代のラベル】
f0191673_13283860.jpg


 「君が代」は、かつて十一屋が醸造していた代表銘柄である。
 十一屋を営む店主である野口家は、明和元年(1764年)に近江(滋賀県蒲生郡)から来住し、十一屋の屋号を以て酒造及び質屋業を営み、安永元年(1772年)に柳町に移転し醤油醸造を兼営するため、質屋業を廃業し酒・醤油醸造の拡張に勉め、寛政年間から明治維新に至る間、札差を務めていた。

【君が勲のラベル】
f0191673_13293875.jpg


 創業以来の販路拡大により醸造所が狭隘となり、大正5年に醤油醸造所を緑町に移転させ、大正13年には酒の醸造所を横沢町に、販売店を桜町に移転している。

【甲府柳町 現在の十一屋跡】
f0191673_13302878.jpg


 甲府ワシントンホテルプラザの建つ場所(甲府市中央4-3-5)が、かつて十一屋があつた場所である。
 大正13年に甲府市横沢町(現在:甲府市朝日3-8-54)に十一屋が移転した後、柳町の敷地は甲府仲見世となり現在に至っている。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします

by kaz794889 | 2012-03-17 15:23 | 蔵元 | Comments(1)
2009年 03月 20日

山梨の蔵元 5 『叶屋酒造店』

【富士之司(フジノツカサ)】
f0191673_458198.jpg


叶屋酒造店は北巨摩郡韮崎町(現在:韮崎市)にあった、富士之司を代表銘柄とした酒造店である。
 「富士之司」は、大正、昭和初期頃、当時開催された大正博覧会、平和博覧会などの大小博覧会や品評会に出品され多数の名誉賞、優等賞を獲得し、その販路は山梨県内を始め、東京、神奈川等の近県に亘っていたという。

f0191673_458286.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-03-20 05:17 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 02月 09日

山梨の蔵元 4 『乙黒酒造店』

 乙黒酒造店は北巨摩郡駒井村20番戸(現在の韮崎市藤井町駒井)で代表銘柄『美駒誉』を醸造していた造酒屋である。

【美駒誉(ミコマホマレ)】

f0191673_22362823.jpg


【美駒誉】

f0191673_2237386.jpg


 戦後期のレッテルである。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-02-09 22:47 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 30日

山梨の蔵元 3 『笠井酒造店』

 笠井酒造店は甲府市壽町36番地(現在:宝2-22-6)にあった、大正15年創業の造り酒屋である。
 
【富士泉(ふじいずみ)】
f0191673_21202851.jpg


【福津喜(ふくつき)】
f0191673_2121092.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-30 21:26 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 25日

山梨の蔵元 2 『新海酒造店』

 新海酒造店は屋号を港屋と称し、甲府市白木町92番地(現在:朝日4-5-11、オギノ朝日店の場所)にあった造り酒屋であり、代表銘柄である「一楽」などの清酒の他に、醤油や酢を醸造していた。
 大正6年1月に先代から家督を受け継いだ新海栄治は、市会議長(大正15年6月~昭和5年5月)や第15代(昭和6年8月~同10年8月)及び第17代(昭和14年9月~同18年9月)甲府市長などを務めていた。

【昭代(しょうだい)】
f0191673_12552410.jpg


【峡の花(きょうのはな)】
f0191673_1256162.jpg


【峡の花】
f0191673_12564320.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-25 13:07 | 蔵元 | Comments(0)
2009年 01月 24日

山梨の蔵元 1 『大石酒造店』

 大石酒造店は甲府市伊勢町2716番地(現在:伊勢1-10-4)にあった、代表銘柄である「山梨自慢」などの清酒や焼酎を醸造していた蔵元である。

【山梨自慢】
f0191673_160461.jpg


【甲陽御嶽正宗】
f0191673_1604754.jpg


【富士五湖正宗】
f0191673_1612175.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2009-01-24 16:48 | 蔵元 | Comments(0)