峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 147 )


2017年 08月 16日

南アルプス市 小笠原長清公祠堂

【明治期の小笠原長清公祠堂と石碑】
f0191673_12395142.jpg

 明治期に撮影された小笠原長清公祠堂(おがさわら ながきよこうしどう)の写真である。
 
 小笠原長清は応保2年(1162年)3月に、加賀美遠光の二男として生まれ、原小笠原荘(南アルプス市小笠原)を本拠とし、現在の南アルプス市立小笠原小学校附近に館を構えたという。
 小笠原長清は父親である加賀美遠光とともに鎌倉幕府の創建に活躍し、文治元年(1185年)に源頼朝の推挙による遠光の信濃守着任に続き、長清が信濃の佐久伴野荘の地頭となったことにより、小笠原氏は信濃へ進出し基盤を築いたという。
 その後、承久の乱において東山道大将軍として活躍し、鎌倉幕府の軍勢を率いて上洛した後は京都に生活の基盤を置き、仁治3年(1242年)7月に81歳で没した長清の遺骸は京都清水坂の長清寺観音堂に埋葬されたが、応仁の乱により焼失したため、岐阜県の荘福寺、長野県の開善寺、長清寺の三か所に分骨されたことが伝わっている。また、南アルプス市下宮地の一角には家臣らによる古墓があったとされていた。
 明治24年頃、当該地の開墾において土中から石棺が出土したことから、明治34年に近村、甲府、水戸の有志らによる賛助を得て小笠原長清公祠堂及び墓碑(祠堂の右側)が建てられている。




【現在の小笠原長清公祠堂】
f0191673_12401967.jpg

 明治34年に建立された小笠原長清公祠堂は下宮地にあった若宮神社の社殿を移築したものであり、桃山式建築様式の特色ある部分が残っていたという。
 現在の祠堂は、その後の老朽化等により平成14年に改修されている。





















【小笠原家高祖之塋域碑】

f0191673_13281550.jpg

 小笠原長清公祠堂の右脇に建つ「小笠原家高祖之塋域碑」である。
 同碑は祠堂とともに明治34年に建立されたものであり、石碑の書は長清の後孫にあたる当時の東宮侍従小笠原長育によるものである。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-08-16 13:40 | Comments(0)
2017年 06月 04日

『地下鉄90年』展

【『地下鉄90年』展のチラシ】
f0191673_18595041.jpg

 山梨県立博物館でシンボル展『地下鉄90年 -早川徳次、東京の地下鉄を拓く-』が開催[平成29年5月27日~6月26日]されている。

 この展示会について、同展のチラシには「2017年は、昭和2年(1927年)12月30日に、日本最初の地下鉄である東京地下鉄道上野・浅草間(現在の東京メトロ銀座線)が開業して90周年を迎えます。さまざまな困難を乗り越えてこの医業を実現したのは、山梨出身の早川徳次です。本展では、一介の青年が今日では大都市の交通機関として無くてはならないものとなった地下鉄創業へ挑んだ軌跡を紹介し、その近代交通史上の意義や、早川が追い求めた公益性や人づくりの精神について明らかにしていきます。」と記されている。

 早川徳次(はやかわ のりつぐ)は、東八代郡御代咲村 (現在の笛吹市一宮町東新居)に早川常富の四男として明治14年10月15日に生まれ、山梨県立甲府中学校、早稲田大学を卒業し、南満州鉄道株式会社、鉄道院を経て、大正3年8月に鉄道と港湾関係調査のため、イギリスに向かった。その際、ロンドン視察で出会った地下鉄に魅せられ、大正6年9月の帰国後、地下鉄道実現のため、技術的、経済的な可能性の調査、当局に対する免許獲得の運動、会社の設立と資金の獲得等の総てについて、4年の歳月を費やしを独力で遂行したという。

 早川らにより設立された東京軽便地下鉄道が大正6年7月18日に出願した地下鉄道建設の免許出願に対し、大正8年11月17日に政府が免許を交付され、大正9年3月27日には会社名を東京地下鉄道と改称し、昭和2年12月30日に日本最初の地下鉄道を上野・浅草間に開通させている。
 











【東洋唯一(東京地下鉄道)プラットホームの光景】
f0191673_18582619.jpg

 上野・浅草間 開通当時のプラットホーム光景と当時の地下鉄車両





















【日本最初の(東京地下鉄道)上野停車場、浅草停車場入口】
f0191673_19021071.jpg

 東京地下鉄道の上野及び浅草駅の地上入口
 なお、上野・浅草間には中間駅として「稲荷町駅」及び「田原町駅」が開設されている。



































【早川徳次の墓所】
f0191673_15491298.jpg

 早川徳次の墓所である。
 
 昭和2年の上野・浅草間の開通後、昭和14年1月15日に東京高速鉄道株式会社による虎ノ門・新橋間の開業後、同年9月16日には東京地下鉄道の浅草・新橋間8.0㎞と東京高速鉄道の新橋・渋谷間6.3㎞の相互直通運転が開始されている。
 その後、昭和16年3月に帝都高速度交通営団法が制定され、同年7月4日に帝都高速度交通営団が発足し、東京地下鉄道、東京高速鉄道、東京市及び京浜地下鉄道の所属鉄道・免許線などが営団に引き継がれることとなった。

 営団の発足後、昭和17年11月29日に早川徳次は61歳で没している。









にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2017-06-04 18:49 | Comments(0)
2017年 05月 06日

「にしごおり、和菓子の世界」展

【「にしごおり、和菓子の世界」展のチラシ】
f0191673_15104364.jpg

 南アルプス市の「ふるさと文化伝承館」で5月17日まで開催している『にしごおり、和菓子の世界』展をこの連休中に観覧した。
 当日は同館職員の方から展示内容についての説明を受けながら観覧することができ、同展開催の趣旨とその内容について理解を深めることができた。

 同展の観覧でまず確認したのは「なぜ、西郡(南アルプス市)で和菓子の世界なのか」についてであった。
 説明によれば「南アルプス市内を貫く駿信往還を利用する往来者による需要や、西郡地域内に所在する社寺の祭事における利用が多かったことなどから、南アルプス市内には昭和初期時点で約50軒の和菓子店が存在(現在も十数店余が営業中)していたことによる。」とのことであった。
 菓子職人が使用した木型などの展示品の中で興味深かったのは、南アルプス市内における和菓子店(既に現在は店を閉めている店舗を含む。)の所在地を示した地図とともに、創業時期と創業者が修業した県内外の店舗についてまとめた表である。
 展示されている同表によれば、継続調査中の一部店舗はあるものの、山梨県内で修行した創業者の多くは、甲府市内の松林軒、満壽太、吟月といった和菓子店で修業を積んでいる。

 今回展示された和菓子以外でも、駿信往還沿いには多くの造り酒屋所在し、県内における近世俳諧文化の中心地域であったなど、甲州街道沿い以上に経済・文化が融合した地域であったことから、今後もこうした地域性に基づく企画展示を期待したい。







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2017-05-06 16:54 | Comments(0)
2017年 03月 04日

没後100年 野口小蘋 展

【『没後100年 野口小蘋』展のパンフレット】
f0191673_15490762.jpg 本年は大正6年2月17日に71歳で亡くなった、野口小蘋(のぐち しょうひん)の没後100年にあたる年である。
 甲府柳町の造り酒屋である十一屋、野口正章との結婚を機に、甲府で一時期を過ごしたことなどから、山梨ゆかりの南画家として知られている。
 山梨県立美術館は昭和53年11月3日の開館以来、『明治の才媛 南画 野口小蘋展』(昭和57年6月5日~7月11日)、『野口小蘋と近代南画展』(平成17年4月23日~6月5日)、『十一屋コレクションの名品展』(平成24年12月15日~2月11日)などの小蘋に関する展示会を催している。

 没後100年にあたる本年、山梨県立美術館において『没後100年 野口小蘋展』(開催期間:平成29年1月21日~2月26日)が開催されていた。
 
 

 



















【山梨県立美術館入口に掲出された看板】
f0191673_16034681.jpg 野口小蘋は野口正章との結婚前、明治8年から翌9年にかけて甲府に滞在(甲府横近習町の豪商である大木喬命宅の北側住宅)。
 明治10年に野口正章との結婚した後、明治12年に野口家の本家である滋賀県蒲生郡桜川から、野口家の商舗である甲府柳町の十一屋に移り、明治15年夏に東京に移るまでの間、甲府に滞在している。
 
 『野口小蘋と十一屋』
 http://kaz794889.exblog.jp/18580226/

 














【「玉山」時代の短冊[部分]】
f0191673_15582301.jpg 小蘋の雅号を用いる以前、10代の頃は「玉山女史」を雅号として用いていた。
 


























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2017-03-04 17:35 | Comments(0)
2017年 02月 25日

村松新道と村松醤油店


【東方向からの村松新道入口】

f0191673_12245821.jpg 
 城東バイパスの延長に伴う道路の取り付け工事により、既に消滅している、村松新道の遊亀通り側からの入口である。
 ※ 村松新道に関する由来の詳細は、『村松新道と村松甚蔵』を参照
  http://kaz794889.exblog.jp/22881272/ 
  
















【村松新道東側入路附近】
f0191673_12244476.jpg 
 村松正三が経営した醤油、味噌醸造業、上野屋 村松醤油店のあった甲府市柳町78番地の現状である。  
 写真の右側が遊亀通りに面した村松新道東側入路であり、昭和3年3月に村松新道が開通している。 
 写真左側の山梨中央銀行柳町支店は、昭和22年10月6日にこの場所に移転新築され、昭和39年8月に写真の建物が建設されている。なお、道路取付工事のため、同支店は別の場所に新築移転している。
 













【村松新道の地籍図】
f0191673_12430387.jpg 赤色で囲んだ部分が村松醤油店の敷地であり、敷地を貫く南北の道路が村松新道である。






























【上野屋が醸造していた醤油ラベル】
f0191673_12253565.jpg 村松醤油店が醸造していた醤油の一つである、「キッコームラ」のラベルである。
 



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2017-02-25 13:42 | Comments(0)
2016年 11月 03日

山梨県庁旧館三階からの景観

【旧県庁舎三階北側の景観】
f0191673_14410616.jpg 「昭和5年12月20日 午後二時 快晴 県庁舎三階ヨリ議事堂附近ヲ望ム」と記録された、県庁旧館三階から北側、甲府駅方面を写した写真である。

 撮影位置と撮影方向のイメージは、後記の山梨県庁舎配置図のとおりである。

 山梨県庁旧館は、昭和2年10月1日に起工、同5年3月31日に山梨県庁舎として竣工しており、現在は山梨県議会議事堂とともに山梨県指定の文化財として保存、活用されている。

 二階部分が渡り廊下でつながっている後方の建物が、山梨県議会議事堂である。旧館の竣工後、間もない時期であるためか、写真にも写るとおり、構内の附属建物はまだ建設段階であり、雑然とした様子となっている。


 また、議事堂の後方に写る洋館は、甲府駅前東側に甲府駅開業と同時期に建設された甲府運輸事務所の庁舎であり、その右側及び後方は甲府駅の構内である。





【山梨県庁舎配置図】
f0191673_14405758.jpg 旧館竣工当時の県庁構内の庁舎配置図である。
 配置図の「庁舎本館」の左側の青色矢印の位置と方向が上記の写真の撮影方向等である。

 庁舎本館の後方に「倉庫」の記載があることから、上記の写真の右側に写る瓦葺の建造物は、倉庫に該当する建造物と考えられる。  
 また、写真に写る構内の状況から、県会議事堂の左側に記載されている「衛生検査所」等の附属庁舎はまだ建設途中であることが窺えられる。

















【山梨県庁旧館の背面】
f0191673_14412211.jpg 県庁旧館背面の現状である。赤丸表示したいずれかの窓から、上記の写真が撮影されたものと推察される。






















【山梨県庁旧館】
f0191673_14320668.jpg 県庁旧館正面の現状である。
























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-11-03 15:23 | Comments(0)
2016年 09月 24日

旧妙法神堂境内の石造物

【旧妙法神堂境内の石造物】
f0191673_11514155.jpg 旧増穂町と旧鰍沢町の境となる戸川に架かる戸川橋の南側、国道線から小室山妙法寺に通ずる小室路の分岐点脇にある、道路から数段高い石積みの植え込みに、何基かの石造物が建てられている。



















【遠忌塔】
f0191673_11515075.jpg 植え込みの中央に建つ正面中央に「南無妙法蓮華経」と刻まれた塔本体の高さ3.4m、幅2.1m、台座を含め4.4mの石塔は、文政12年10月13日に、日蓮の550年遠忌報恩のために建立された遠忌塔である。
 また、遠忌塔の右側には正面中央に「南無妙法蓮華経」と刻まれた元禄7年7月13日に建立された高さ1.87mの法界塔が建てられている。法界塔は小室山を法界に見立て、ここから小室山に至るための仏域が始まるとの趣旨で建立されたものと云われており、法界塔が存在するこの場所が、小室山に至る参道入口であることを示しているという。












【大正期の石造物】
f0191673_11520784.jpg これらの石造物が建つこの場所は、文政2年2月に建てられた妙法神堂の旧境内地であり、現在の妙法神堂は小室路の向かい側に移されている。

 写真は大正初年頃の旧妙法神堂境内の状況である。
















【現在の妙法神堂】
f0191673_11522081.jpg 国道52号線に面する、現在の妙法神堂の状況























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-09-24 22:33 | Comments(0)
2016年 08月 08日

猿橋記碑

【猿橋畔の猿橋記碑】
f0191673_22335629.jpg 大月市猿橋町の猿橋畔に建つ猿橋記碑である。
 猿橋は古くから、周防の錦帯橋、木曽の懸橋とならぶ日本三奇橋の一つとして伝えられており、こうした猿橋の由来が刻まれている石碑が猿橋記碑であり、その碑文によれば、今から260年前の宝暦5年10月に猿橋記碑は建立されている。


















【明治後期の猿橋記碑】
f0191673_22343513.jpg
【猿橋記碑の碑文】
f0191673_22350620.jpg






























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-08-08 22:52 | Comments(0)
2016年 07月 23日

御嶽公会堂(旧金櫻神社参籠所)

【御嶽公会堂 正面】
f0191673_14115054.jpg  金桜神社の門前に建つ御嶽公会堂が、平成28年7月15日に文化審議会から文部科学大臣に対し、登録有形文化財に登録するよう答申された。

 門前正面に建つ公会堂は、その外観などから金桜神社門前の景観に合わせた建物であり、金桜神社の焼失前、現在以上に門前町の景観が残されていた当時の名残りを残す数少ない建造物のひとつである。














【御嶽公会堂 後方】
f0191673_14120011.jpg 文化庁の報道資料等によれば、御嶽公会堂は18世紀中ごろに金桜神社の参籠所(金桜神社への祈願のための宿泊所)として建設され、昭和10年頃に現在地に移築され、その後、地区の公会堂となり、昭和54年に現在の姿に改修されている。
 また、内部に柱を建てない大空間など参籠所としての特色を今に伝えていることが、登録有形文化財として登録される理由のひとつであるという。















【金櫻神社 境内図】
f0191673_14113875.jpg 左記の金桜神社境内図は明治期のものであり、赤く囲んだ部分が金桜神社境内に建てられていた当時の参籠所である。
























【金桜神社境内の参籠所】
f0191673_09230531.jpg 金桜神社焼失前に残されていた、旧国宝の東宮本殿及び中宮社殿は、昭和11年に大修理がなされ、また、それに合わせて境内全体の改修がなされていることから、その時期に参籠所が境内地から門前に移築されたものと思われる。
 写真の青く囲んだ建物が、境内地に建てられていた頃の参籠所である。














にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2016-07-23 10:49 | Comments(0)
2016年 06月 12日

津島家寄託 太宰治資料展Ⅱ

【太宰治資料展Ⅱ パンフレット】
f0191673_22173654.jpg 
 平成26年8月に、太宰治の資料約50点が、津島家から三鷹市に寄託され、昨年の6月13日から28日まで、「津島家寄託 太宰治資料展」として、三鷹駅前の三鷹市美術ギャラリーにおいて開催されている。
[平成27年6月開催の太宰治資料展]
 http://kaz794889.exblog.jp/24136455/

 本年も、昨年度開催された同展における未公開の津島家寄託資料を中心とした約70点を展示資料とする、「津島家寄託 太宰治資料展Ⅱ ~師、友そして「饗応夫人」~」として、平成28年6月11日~7月3日を会期として、昨年と同じ三鷹駅前の三鷹市美術ギャラリーにおいて開催していることから、本日、同展を観覧した。

 展示は「Ⅰ 師友集いし<三鷹の家>」、「Ⅱ 太宰治と「饗応夫人」」の二部構成となっており、三鷹時代における太宰治の文学交流などが中心となった展示となっている。
 
 三鷹時代における資料を中心とした今回の資料展において、太宰治の甲府疎開時における関係資料が展示されている。
 昭和20年3月に夫人と子供二人を当時の甲府市水門町にあった夫人の実家である石原家に疎開させ、同年4月には太宰治自身も石原家に疎開しているが、同年7月6日夜の甲府空襲により石原家も罹災しており、太宰治の家族も焼け出されている。
 今回の展示品の中に、甲府空襲による罹災証明書が展示されている。
 当該証明書には次のとおり記載されている。
「罹災証明、 甲府市水門町石原方、 津島(以降は判読不可)、家族数外○(判読不可)名、右者昭和20年7月6日ノ空襲ニ依リ罹災シタルコトヲ証明ス、昭和20年7月8日、甲府警察署長」

罹災証明書は、終戦後における三鷹時代の「家庭用品購入通帳」の最終頁に添付されている状態で残されており、そこには美知子夫人の几帳面さが感じられる。
 

【展示室の入口】
f0191673_22190569.jpg 6月19日の桜桃忌を中心に三鷹市においては、前記の「太宰治資料展Ⅱ」の他、同市の「太宰治文学サロン」においては、6月7日から10月2日を会期として、昭和23年~24年にかけて八雲書店から刊行された太宰治全集に関する企画展示である「太宰治の全集創作」展が開催されている。 



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2016-06-12 23:11 | Comments(1)