峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 11月 18日

精進湖点描

━精進湖上ノ富士━
f0191673_2324211.jpg


『精進湖』
 富士の西北麓に位置し、東北西の三方は山に囲まれ、南方のみ青木ヶ原の低地に接している。湖の周囲約10km、面積869㎡、最深25mで、富士五湖の中で最小の湖であり、湖上の風光は内外国人に賛美され、湖の南岸から湖心まで溶岩流の半島が突出しているので、湖形は鹿の頭の如く見える。
 自動車の終点、赤池(湖の東南岸)から精進地区のある湖の北岸まで約1.5kmあり、湖上モーターボートで約20分で達することができる。
 精進地区は精進湖の北畔に位置する戸数約100戸の一寒村で、湖畔の至るところキャンプに適し、諏訪神社の大杉が聳えている。
(ジャパン・ツーリスト・ビューロー発行「昭和9年版・旅程と費用概算」より)
f0191673_233391.jpg


f0191673_2333720.jpg
 精進湖遊覧運漕船合名会社発行の「精進湖附近案内」
  精進湖附近の名所として、精進大杉、パノラマ台、富士風穴、富岳風穴、鳴沢氷穴が紹介さ れています。 


f0191673_2341165.jpg
 「精進湖 富望閣 山田屋旅館」の案内
  精進湖畔パノラマ台登山口に位置した旅館であり、「湖上の富士を客室より居ながら望むことのできることが当館の誇りです。」と、精進湖と富士山の眺望について書かれています。


f0191673_2354494.jpg
 精進湖ホテル経営の「湖畔の家」発行の「富士五湖廻りの栞」
  パノラマ登山道の基点に位置し、精進ホテルと同一系統の経営に移し、経営にサービスに満幅の努力を払って皆様に御奉仕申上げますと書かれています。



「国立公園富士五湖 精進ホテル」と「精進湖ホテル栞」
f0191673_23133250.jpg

 精進ホテルは精進湖畔の半島状の小丘に位置し、明治28年イギリスの帰化人、星野芳春(英国名:ハリイ・スチュアート・ホイットウォーズ)によって創設されたホテルです。
 この観光案内チラシの頃は、大正7年に精進湖畔の赤松材を使って建設された木造洋館とその後に建築された木造日本館によるホテルであり、昭和天皇が皇太子時代に二泊するなど、他にも皇族や外国王室の賓客が利用されるホテルであったようです。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

by kaz794889 | 2008-11-18 22:37 | 観光案内 | Comments(0)


<< 西湖点描      絵葉書で見る山梨 15 >>