2008年 10月 28日

絵葉書で見る山梨 12

━甲府八景 山梨県庁ヨリ常盤町通リ━
f0191673_239488.jpg

 藤村式建築により、明治10年に建設された山梨県庁正門前です。
 昭和5年に現在の県庁旧館が建てられるまで、山梨県庁は現在の甲府市役所南庁舎(旧甲府郵便局のあった場所)の位置にありました。
  通りの右側は、錦町交差点です。市役所と甲府警察署の間の常盤町通りを西方向から東方向に向けた明治30年代後半の景観です。
 
 絵葉書に写る木々は桜です。明治36年6月、中央線甲府駅開業を期に、旅行者向けに山梨時報社が発行した『甲州案内』という本に、「県庁前の桜花」という見出しで「春時は万朶の桜花爛漫其色を争ひ庁前之れが為めに一層の風致を添ふ」と記されています。
 この附近は甲府市内の桜の名所だったのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

by kaz794889 | 2008-10-28 23:35 | 絵葉書で見る山梨 | Comments(0)


<< 甲斐の秋色 『御嶽 昇仙峡』      甲斐の秋色 『紅葉の富士五湖』 >>