2008年 10月 23日

甲府城の景観

【壕に架かる橋】
f0191673_22335460.jpg

 ここは、甲府市社会教育センターから北側の甲府城を見た景観です。
 今では、石垣は見えるものの何の変哲もない石垣沿いの道路ですが、昭和に入って石垣や壕が潰され、残された現在の範囲での甲府城跡となる以前は、左側に写る駐車スペースの先まで壕が残されており、北側に続く道路のための橋が架かっていました。
  壕はその橋の先まで続いており、現在、この道路の右側に北側に向かって建ち並ぶ建物の場所には壕の跡が続いていました。

━(甲府名勝)舞鶴城公園及機山館━
f0191673_22343933.jpg

  前述した明治40年代の景観です。
  左側まで壕が続き、その上に橋が架かっており、その先には更に壕の跡が残っています。
  左側の建物が明治39年に竣工した機山館です。同年に開催された一府九県連合共進会
に 併せて、公会堂として建設され、その名称は武田信玄の号である「晴信入道機山」に因んで
います。機山館については日を改めて紹介させていただきます。

━甲斐甲府市の全景━
f0191673_22345822.jpg

 甲府城内の石垣側から南側、壕と甲府市社会教育センター方向の景観です。
 壕の左側に架かるのが前述した橋です。また、右側の橋は同じ位置に新しい橋が現在も架かる遊亀橋。壕沿いの瓦葺で横長の建物は進徳幼稚園です。その場所に甲府市社会教育センターが建てられています。(中央の寺院風の建物は天理教。その右側の洋風建築が甲府教会です。)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

by kaz794889 | 2008-10-23 23:26 | 甲府城 | Comments(1)
Commented at 2013-03-26 05:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 絵葉書で見る山梨 10      絵葉書で見る山梨 9 >>