峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 09日

『岡島』

 甲府市街のランドマークとして、昭和10年代に二つのデパート・百貨店が登場しました。
 そのひとつが、岡島です。
  天保14年。甲府柳町で呉服・両替商として創業し、江戸から明治へ、大黒屋・岡島呉服店として、近代商業のさきがけである「正札販売」や、座売りから陳列販売といった新しい形を取り入れて発展してきたようです。
【参考文献:『岡島百五十年の歩み』】
f0191673_23121343.jpg


  大正11年に百貨店構想のさきがけとしての洋風新店舗が完成し、昭和12年7月には2階建てであった店舗を3階建てに拡張し、その3階には食堂を設置しミニ百貨店を実現しました。
-大正11年建設の店舗-
f0191673_23124829.jpg


-昭和12年の拡張店舗-
f0191673_2313743.jpg


  その後、昭和13年10月1日に地上一部5階建ての岡島百貨店がオープンしました。
  当時、戦時下における統制の中で種々の制約を受けながらの建設であったようです。f0191673_23133711.jpg


f0191673_23135360.jpg
f0191673_2314791.jpg


f0191673_23142186.jpg
 
【観光都市・甲府 路樹繁る昭和通り風景】
 現在の岡島前、常盤通りを東方向から西方向への景観です。夏の風景のようですが、道路に車の影は全く見えません。当時、常盤通りは昭和通りと呼ばれていたようです、岡島の正面右壁面に「堅忍持久」の垂れ幕が掲げられていた時代です。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ

by kaz794889 | 2008-10-09 23:40 | 史料 | Comments(2)
Commented by 凡苦楽庵 at 2008-10-10 00:08 x
どれも貴重な資料ばかりですね。まるで博物館のようです。拙ブログからリンクさせていただきます。
Commented by ひろ坊 at 2008-10-10 19:25 x
天保14年(1843年)に甲府柳町で創業(呉服・お茶)というと、今年は、平成20年(2008年)だから創業165周年ですね。すごいことだな~。現在創業しても数年で半分は消えていく。創業10年を迎える企業は、2割あるかどうかです。
 よく大正時代からの資料を集めましたね。


<< 甲斐の秋色      絵葉書で見る山梨 6 >>