峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 03月 13日

甲府の観光土産品 おかいこ人形

【甲府 土産品のしおり】
f0191673_17594772.jpg 甲府土産品協会が昭和20年代末頃に発行した「甲府 土産品のしおり」である。
 甲府土産品協会が務めて良い土産品を提供するために推奨制度を設け、優良土産品には推奨マークを添付して販売していること。また、甲府駅前、湯村温泉、御嶽昇仙峡における、そうした推奨土産品の販売店を案内している。

 昭和25年10月の毎日新聞社主催の全国観光地百選において、御嶽昇仙峡が渓谷の部第一位となったことや、そうした背景を踏まえて昭和27年8月に、甲府市と甲府観光協会により京浜地域及び静岡方面において実施した、第一回観光キャラバン隊の巡回などの観光宣伝施策が当時は行われていた。






















【しおりの内容】
f0191673_18000478.jpg 甲府の観光土産品として、「月の雫」、「水晶」といった土産品が記されている。
 こうした土産品の殆どは、現在も販売されている土産品であるが、「おかいこ人形」については、現在では知られていない土産品ではないだろうか。
 
 「おかいこ人形」は、山梨県産の繭を材料にして作られた人形であり、昭和4年頃に繭を材料に「潮汲み」や「藤娘」などの歌舞伎人形や舞踊人形が作られ、こうした人形が「おかいこ人形」と名付けられていたが、その後、製作者が東京に転出し中断していたが、昭和26年に新たな製作者により、繭でこけしを作成したところ、当時の観光ブームから好評を得、昭和28年度の山梨県観光土産品物産展で最優秀となり、25種類程度の人形が作成されていたという。
 







にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2016-03-13 20:47 | 観光案内 | Comments(0)


<< 山梨毎日新聞      森島弥十郎の墓 >>