峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 28日

終戦後の昭和通り

【(観光都市甲府)昭和通り】
f0191673_17582282.jpg 岡島前の通りはかつて「昭和通り」と云われた時期があった。
甲府城郭内の武家屋敷地であったこの地域は、明治8年に松原小路から新たに常盤町となり、町を貫く通りは「常盤町通り」と通称され、通りに面して知事官舎、第十国立銀行、西山梨郡役所などが置かれていた。 

 昭和13年10月に柳町にあった岡島呉服店が岡島百貨店として現在の位置に開店した後、盧溝橋事件後の戦時期であった当時の社会情勢などから、「常盤町通り」から「昭和通り」と改称され、終戦後もしばらくは昭和通りと通称されていたようである。
 写真は昭和20年代後期の街並みであり、通りの左側手前の建物は、昭和16年12月1日に第十銀行と有信銀行が合併した山梨中央銀行の本店である。同行本店は甲府空襲で焼失しており、写真の店舗は昭和25年2月4日に新築落成している。また、その後方は岡島百貨店である。



【現在の同位置附近】
f0191673_17583181.jpg 現在の同位置である。
 「昭和通り」という通りの通称も、現在は「城東通り」となっている。
 左側手前は昭和44年11月17日に竣工した山梨中央銀行の本店。その後方は岡島百貨店である。
 通りに面した建物は新築され、通りも整備されているが、道路幅は当時のまま現在に至っている。
















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。


by kaz794889 | 2016-02-28 13:27 | 甲府市街点描 | Comments(0)


<< 森島弥十郎の墓      甲府城址 遊亀橋前 >>