2015年 12月 23日

明治天皇大橋御召換所趾

【明治天皇大橋御召換所趾】
f0191673_14072394.jpg 明治13年6月18日午前11時30分、明治天皇は北都留郡富浜村鳥沢(現在の大月市富浜町鳥沢)の旧上鳥沢宿の旧本陣であった井上家において御昼食、その後旧猿橋宿に至り、同地の猿橋警察署において御小休の後、板輿から馬車に乗り換えられ旧大橋宿(現在の大月市大月)に進まれ、甲州街道沿いの旧本陣であった、溝口家において御小休の後、ここから再度板輿に乗り換えられるため、御召換をされている。

 当時の旧本陣溝口家の位置が写真の場所である。












【「明治天皇御召換所趾」碑と副碑】
f0191673_14082473.jpg 御召換所とされた当時の建物は明治44年8月7日に火災により焼失しており、現在は、昭和9年に山梨県聖蹟として指定され、昭和12年6月18日建立された「明治天皇御召換所趾」碑と、「明治13年6月18日に大月町字大月(副碑建立当時の所在地)の先々代溝口五左衛門宅に明治天皇が御駐輦された由緒深き遺跡である」旨が刻まれた副碑(御召換所趾碑の左側)が残されている。

 
 













にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-12-23 15:00 | 明治天皇旧蹟 | Comments(0)


<< 100年前の謹賀新年      三島神社の大欅 >>