2015年 12月 17日

都留市・仲町大神宮附近の景

【仲町大神宮附近からの市街地】
f0191673_00033104.jpg 昭和29年5月の「昭和大戦顕彰碑」建設時における様子である。
 奥に写る石組みの先には、現在「ぴゅあ富士」が建てられている。
 また、家々の奥に写る大屋根の建物は、かつのて谷村町役場であり、当時の都留市役所の庁舎である。

















【現在の同位置】
f0191673_00032186.jpg 写真の左奥が仲町大神宮である。
 国道139号の大手前交叉点の一角に建てられていた旧都留市役所庁舎も現在は取り壊され、現在は空き地となっている。
 上記の写真に写る附近の家も、現在は全て立て替えられ、道筋も整備されている。
 





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-12-17 06:30 | Comments(0)


<< 三島神社の大欅      「谷村代官の治世と文化」展 >>