2015年 09月 26日

山梨県教育復興宝くじ

【山梨県教育復興宝くじ(表面)】
f0191673_11284183.jpg 
「山梨県教育復興宝くじ」は、山梨大学の創設と山梨県立教育研修所新築に係る資金確保のために山梨県が発行した宝くじ(抽選日:昭和23年12月17日)である。

 GHQによる終戦後の教育制度改革のため、「教育刷新委員会官制(昭和21年勅令第373号)」に基づき昭和21年8月10日に「教育刷新委員会」が設置され、教育の民主化を理想としたいわゆる「6・3・3・4制」が制定されている。
 こうした新制度の中、山梨工業専門学校、山梨師範学校、山梨青年師範学校を母体とした新制大学である山梨大学の設立にあたり、山梨大学の創設に多大の関心を寄せてきた山梨県は、昭和23年2月に吉江勝保知事を委員長とする「山梨大学創設期成委員会」を設立し、前述の三校が設立した連絡会議との間で大学創設経費の問題が議論され、同委員会が県負担分の財源捻出について協議を行うための「大学創設財政委員会」が設置され、昭和23年8月25日に同委員会は第一年度工事費予算を一千万円と決定し、同年8月30日には経費の総額を「山梨県教育復興宝くじ」の発売により賄うこととし、当該宝くじの発売総額を三千万円(「発行総数60万枚」×「販売金額一枚50円」)とし、その売上げ額を山梨大学及び山梨県立教育研修所(昭和23年5月15日に、旧六三部隊機関銃中隊旧庁舎の一室に設立されていた。)の費用に充てることとなった。

【山梨県教育復興宝くじ(裏面)】
f0191673_11290419.jpg 「山梨県教育復興宝くじ」の発行にあたり、発行事務を行う組織として「山梨県教育復興宝くじ発行協力会」を設立し、昭和23年11月10日から発売を開始した。

 発売にあたり山梨大学関係学校の教官、生徒は発売に全力を集中し、各戸の歴訪や街頭に立って売却に努めたが、売り上げ総額は予定額の三千万円には達することができず、山梨県立教育研修所の割当額と雑費を差し引いた、6,879,656円が寄付されている。

 なお、予定額に達しなかったことなどから、昭和24年には「山梨県教育振興宝くじ」が発行されている。




【山梨工業専門学校並立時代の山梨大学工学部正門と校舎】
f0191673_11290959.jpg 「国立学校設置法(昭和24年法律第150号)」に基づき、山梨工業専門学校、山梨師範学校、山梨青年師範学校を母体とした、学芸学部と工学部の二学部からなる山梨大学は、昭和24年5月31日に開設されている。

 写真は山梨大学開設後の数年間、山梨工業専門学校と並立していた当時の工学部正門である。















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-09-26 19:02 | Comments(0)


<< 新笹子隧道の開通と急行甲斐号      山梨県結核予防協議会 >>