2015年 09月 21日

山梨県結核予防協議会

【「山梨県結核予防協議会」発行の結核予防チラシ】
f0191673_17560627.jpg 1882年(明治15年)にドイツのコッホによる結核菌の発見は、それまでの結核菌病遺伝説を覆し、予防や治療の道が医界において開かれた
ものの、一般社会においては結核遺伝節が根強く、結核そのものが無関心に放って置かれていたという。
 
 山梨県内においては、いわゆる地方病が古くから研究対象としてその研究や対策が進められつつあったものの、結核についてはその病が重患となるまで殆ど表面に現れなかったこと。また、当時の衛生統計が不完全であり、その死亡率が完全に出せなかったことによると云われており、結核の対策について注目されてきたのは明治34年頃であったといわれている。(明治34年の山梨県統計書によれば、当該年における山梨県内の疾病による死亡者8,799人の内、肺病による者は559人である旨が記されている。)

 こうした状況を経て、大正2年5月19日に山梨県から山梨県医師会に対し「梨衛発第85号」を以て「肺結核患者発見ノ便法如何」との諮問案が回送されたことから、同医師会は同年5月24日に県会議事堂において開会された第七回定期総会において「委員ニ附託スル事ニ決シ之レヲ会長ニ一任ス、依テ会長ハ左之通リ指名ス」とし、山梨県医師会長、各郡医師会からの8名(雨宮文亮[甲府市・西山梨]、飯島松次郎[東山梨]、若尾真次郎[東八代]、島田正巳[南巨摩・西八代]、杉浦建造[中巨摩]、古屋晴[北巨摩]、梶原垣太郎[南都留]、富田市五郎[北都留])の委員及び特別議員3名(喜多島豊三、吉岡順作、長沢)の12名による審議がなされ、同年7月16日に当該諮問に対する同医師会の意見を加藤寅輔会長名により答申するとともに早急に結核予防協議会を設立すべきとの意見がなされている。

 結核予防協議会については、大正3年2月に山梨県警察部衛生課に事務所を置いた「山梨県結核予防協議会」として、「恩賜財団済生会山梨県」「日本赤十字社山梨支部」「山梨県医師会」「日本薬剤師会山梨支部」「私立山梨県衛生会」「山梨県教育会」が推薦する各団体2名の代表者を会員とし、会長は山梨県知事、幹事長は山梨県警察部長として発足している。





【結核予防チラシ[部分]「肺病に罹らぬ心得」】
f0191673_17562652.jpg 「肺病ら罹らぬ心得」と題する結核予防チラシは、数回に及ぶ審議を経て図案等が決定され、山梨県結核予防協議会がその印刷を日本赤十字社山梨支部に託して10万枚を印刷し、大正4年に各家庭に配布されている。
 また、当該チラシは、中巨摩郡小井川村(現在の中央市)出身の最後の浮世絵画家と云われる中澤年章(元治元年~大正10年)により描かれている。






【結核予防チラシ[部分]】

f0191673_17563023.jpg 

























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-09-21 22:15 | Comments(0)


<< 山梨県教育復興宝くじ      三同社 >>