2015年 07月 26日

山梨県甲府測候所発行の「気象信号要覧」

【気象信号要覧】
f0191673_12114450.jpg 明治39年9月に山梨県甲府測候所が発行した「気象信号要覧」である。
 山梨県甲府測候所は「気象台測候所条例(明治20年勅令第41号)」に基づき、明治27年8月1日に甲府市西青沼に山梨県の機関として開設され、一日6回の気象観測と気象通報を行っていた。また、午前9時から午後4時までの間、測候所の参観が許されており、参観希望者は自己の住所、氏名、職業を記した書面の提出が求められていた。

 大正9年に甲府測候所は甲府市伊勢町1242番地に移転。
 その後、気象業務の一元化と敏速化の要請などから「気象官署官制(昭和14年勅令第740号)」が公布され、昭和14年11月1日に全国の気象機関は文部省の機関として国営移管となり、山梨県甲府測候所は「甲府測候所」となった。

 昭和20年の甲府空襲による庁舎の焼失後、昭和26年11月に甲府市飯田町に移転し、昭和32年11月には甲府地方気象台となり現在に至っている。


 














【明治40年の甲府市街図】
f0191673_12115304.jpg 青い線で囲んだ位置(現在の甲府市丸の内2丁目、山梨県ボランティアセンター附近と考えられる。)が山梨県甲府測候所の置かれた場所である。
 




















【「気象信号要覧」掲載の気象信号標識】
f0191673_12114732.jpg 「気象信号要覧」に記載された気象信号標識である。
 甲府測候所の観測に基づく天気の情報については、当時、甲府市内巡査派出所、山梨県庁前、甲府停車場、山梨県内各警察署前に掲示されていた。

 














【甲府城跡天守台の信号柱】
f0191673_12115730.jpg 中央気象台の指示により、甲府測候所は構内の敷地に天気予報の信号標柱を建設し、明治28年7月1日から中央気象台から入電する予報と自所が観測した風向きや気温を示す旗を掲げて市民に知らせていたが、測候所のある西青沼では人目に触れにくい等の理由から、甲府城跡の天守台に警報信号標柱を建て、明治33年10月6日から甲府測候所発表の天気予報に合わせた旗の掲揚を開始している。

 










にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-07-26 13:32 | Comments(0)


<< 進徳社      甲府 龍華山 永慶寺跡 >>