峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 13日

熊本市 玉龍山 禅定寺

【禅定寺参道】
f0191673_12073672.jpg 熊本市中央区横手の玉龍山 禅定寺(ぜんじょうじ)は、JR鹿児島本線と九州新幹線が並行する高架の西側に建つ、16世紀に創建された曹洞宗寺院である。
 
 熊本県の調査によると、禅定寺境内にある1137基の墓の内、489基は江戸期に建立されているものであり、加藤家や細川家の家臣団の墓が建立時のまま現存している姿は全国でも例がなく、文化的、歴史的に貴重な状態で残されているという。
















【禅定寺本堂前】
f0191673_12080331.jpg かつて、この位置には山門が建てられていたが、老朽化のため何年か前に取り壊されている。






















【禅定寺本堂と庫裏】
f0191673_12175811.jpg























【藤村紫朗墓所前】
f0191673_12082160.jpg 禅定寺は細川家の家臣でもあった藤村紫朗の菩提寺でもある。
 過日、数年ぶりに訪ねたが当日は熊本地方が大雨であったため、夕方墓参した際、写真のとおり墓所の入口前が10㎝程度の水たまりとなり、墓所にたどり着くことができなかった。




















【藤村紫朗の墓石背面】
f0191673_12084151.jpg 背面から見た藤村紫朗の墓石である。























【藤村紫朗墓所(西側側面)】
f0191673_12095484.jpg 西側側面から見た藤村紫朗の墓所と墓石である。
 過日が三回目の墓参であったが、地元熊本の男爵、貴族院議員の藤村紫朗としてよりも、県令、知事として赴任した山梨県の明治近代史における治績や評伝が知られるためか、時間ととも墓所は荒れている感がある。

















[藤村紫朗の墓所再訪]
http://kaz794889.exblog.jp/16476052/




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-06-13 13:09 | 藤村紫朗 | Comments(0)


<< 津島家寄託 太宰治資料展      平成27年 山梨桜桃忌 >>