2015年 06月 07日

平成27年 山梨桜桃忌

【御坂峠 五曲坂】
f0191673_16480569.jpg「 私は、甲府市からバスにゆられて一時間。御坂峠へたどりつく。  
御坂峠、海抜千三百米。この峠の頂上に、天下茶屋という、小さい茶店があって、井伏鱒二氏が初夏のころから、ここの二階に、こもって仕事をして居られる。私は、それを知ってここへ来た。」
 『富嶽百景』の一節である。

 昭和13年当時、御坂峠を経由して甲府と吉田は、御坂国道バス株式会社のバスで結ばれていた。
 当時の発車時刻表によれば、一日8往復、甲府を朝7:00に発車したバスは石和、十郎橋を経て、御坂峠の頂上に8:10、三つ峠入口、船津を経て、終点の吉田には8:50に到着していた。
 写真の五曲坂(イマガリザカ)は御坂峠に向かう峠道の坂であり、当時の御坂国道バスの案内には「地勢急峻のため道路雛段の如く五段にて自動車の交錯する時など一種変わった眺めなり。五曲坂と呼ぶ。」と記されている。



【平成27年 山梨桜桃忌の案内】
f0191673_16355957.jpg 本年も、太宰治ゆかりの天下茶屋において、6月14日に山梨桜桃忌が開催される。

























【御坂峠の太宰治文学碑】
f0191673_16361078.jpg 昭和28年10月31日に除幕式が開催された、御坂峠の太宰治文学碑である。(写真は昨年の山梨桜桃忌における文学碑)
 
 山梨桜桃忌は、この文学碑前での献花の後、天下茶屋における講演会と参加者による意見交換が行われている。



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-06-07 17:38 | Comments(0)


<< 熊本市 玉龍山 禅定寺      戦時期の山梨 17「国民貯蓄目... >>