峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 06日

戦時期の山梨 17「国民貯蓄目標 二百七十億円」

【「山梨日日新聞」 平成27年6月5日】
f0191673_21402236.jpg
 山梨日日新聞に掲載された、板橋区立美術館で開催中(4月11日~6月7日)の『近代日本の社会と絵画 戦争の表像』展を先月末に観覧した。
 随分以前から、同美術館が所蔵する新海覚雄の『貯蓄報国』を観覧したいと思っていたが、現在開催中の館蔵品展に展示されていることを知り訪れたものである。
 
 貯蓄報国は、「皇軍将兵の活躍と労苦を美術を通じて銃後に伝へ以て前線将兵に感謝の誠を捧げると共に一億国民の士気高揚に資すべく」を目的として昭和18年に開催された第2回大東亜戦争美術展に出品され日本美術報国会賞を得た作品であり、写実的な郵便局の日常業務の光景が描かれた作品である。
 



















【新海覚雄 『貯蓄報国』】
f0191673_21402537.jpg 『貯蓄報国』は、同展の作品リストによれば、112.4×163.0の油彩・キャンバスによる作品である。
 
 盧溝橋事件以降、飛躍的に増加した戦費の一部に郵便局や銀行に預入された預貯金を充てることが計画され、「国民貯蓄奨励ニ関スル件」が 昭和13年4月19日に閣議申合されるなど、昭和13年から政府主導の国民貯蓄奨励運動が展開され、昭和13年度は80億円の国民貯蓄目標が制定されることとなった。

 上記の掲載記事にある「カウンターの内側で銃後の女性が働く。左奥の壁をよく見ると、戦闘機とみられるイラストに「270億」と記されたポスター。数字は、貯金の目標額とみられる。」の270億は、まさに『貯蓄報国』が描かれた昭和18年度の国民貯蓄目標の目標金額である。

 また、そこに描かれているのは、貯蓄の手段の一つとして当時発行されていた国庫債券や報国債券などの債券の発行日に、それを求めて郵便局の為替貯金窓口に並ぶ市井の人々と、それに対応する郵便局職員を描いているのだろう。

 昭和13年度以降、毎年度ごとに戦争の進展と比例した国民貯蓄目標が示され、昭和16年には国民貯蓄奨励運動を更に組織的に展開するため、国民は居住地域の市町村や勤務先、通学先などに結成された国民貯蓄組合の構成員となり、それらの組合で貯金を行うことを定める「国民貯蓄組合法」が公布され、同年6月20日から施行されるなど、終戦までの数年間、まさに貯蓄報国のスローガンのもとで貯蓄運動が展開されていった。
 


【挙県一体 二百七十億貯蓄 総攻撃に参加せん】
f0191673_16221999.jpg 昭和18年11月21日発行の『山梨常会資料 第48号』に掲載された、昭和18年度の国民貯蓄目標270億円の目標達成のため、全国的に実施される12月一か月の「270億貯蓄総攻撃」特別計画期間に呼応し、山梨県においても「仇敵撃滅」の決意による、山梨県目標額の完全攻略を求める記事である。
 




















【昭和十八年度本県貯蓄目標額 一億二千万円と決定す】
f0191673_16220020.jpg 昭和18年3月21日発行の『山梨常会資料 第40号』に掲載された、昭和18年度国民貯蓄目標270億円の内、山梨県における貯蓄目標額が1億2000万円と決定したことを伝える記事である。
 国民貯蓄目標については、毎年各都道府県ごとの目標額が示され、それを基に、更に市町村や職域などに目標金額が示されていた。
 
なお、昭和17年度の国民貯蓄目標は230億円、山梨県の貯蓄目標額は1億円であった。
 昭和13年度以降の各年度に示される国民貯蓄目標額は毎年度増加しており、昭和19年度は410億円、昭和20年度は600億円と、毎年度増加の一途をたどっていた。

 常会資料には、「1億2000万円に増加した国民貯蓄を確実に積あげるためには、今まで以上に私生活の緊縮が必要である。与えられた目標額をまず貯蓄して、余ったものを以て生活するという生活態度が絶対に必要になってきた」と、昭和18年度の山梨県貯蓄目標額達成に向けて記されている。

















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2015-06-06 23:31 | 戦時期の山梨 | Comments(0)


<< 平成27年 山梨桜桃忌      高尾のお会式は 櫛形町小笠原から >>