2015年 05月 03日

甲府駅構内売店のパン販売

【甲府駅構内売店のパン販売用の袋】
f0191673_21400797.jpg 昭和初期頃の甲府駅構内の売店におけるパンの販売に使用された紙袋
である。
 この紙袋に販売用のパンを入れ、袋の表面に表示されているとおり、一個10銭で販売していたようである。

 甲府商工会議所が発行した『甲府商工案内 昭和十年版』によれば、当時の甲府市内におけるパン製造業者として、常盤町「芙蓉軒」、桜町「吟月堂」、泉町「万年堂」、佐渡町「木村屋」、上連雀町「鈴木」、太田町「伊勢屋」、橘町「山梨製パン株式会社」の名が記されている。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-05-03 21:53 | Comments(0)


<< 弥栄 かしわ餅      【富士登山勝地漫画】 6 「五合目」 >>