2015年 04月 29日

商店の包装紙21 『岡島百貨店』

【岡島百貨店の包装紙】
f0191673_14122985.jpg 岡島百貨店が甲府市柳町から店舗を新築移転し、昭和13年10月1日に現在の位置(甲府市丸の内1丁目)で開業した当時の包装紙である。

 昭和28年11月に店舗の北側にセルフサービス、スーパーマーケット形式による別館完成に合わせ、ローマ字の「OKAJIMA」を赤色と青色であしらった現在の包装紙が使用されるまで使われていた。(現在も、弔事などの場合に用いられる包装紙には、この包装紙のデザインを基本としたと思われるものが使われている。)

 









【岡島百貨店 包装紙の封緘シール】
f0191673_14123600.jpg 本包装紙が使用されていた頃に用いられていた、戦前期における包装紙の封緘シールである。
 岡島百貨店のみならず、昭和30年代頃までは包装紙の封緘シールが一般的に使用されていた。

 終戦後に使用された岡島百貨店の封緘シールは、戦前期と同様に終戦後における店舗の姿を中心に、「甲府岡島」の文字も左書きとしたデザインによるものである。
 












にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-04-29 14:47 | 商店の包装紙 | Comments(0)


<< 甲府城追手門の遺構      戦時期の山梨 16「恩賜財団 ... >>