2015年 04月 19日

昭和30年代の甲府市観光略図

【甲府市略図】
f0191673_12335742.jpg 昭和30年代前期に、「国鉄推薦旅館甲府地区組合」が発行した甲府温泉郷案内チラシに記載された甲府の観光市街略図である。

 「山都甲府は今や湯けむり匂う温泉郷である」の標題を掲げ、甲府温泉郷の案内が記しており、石和温泉の形成以前における甲府温泉を広くアピールするチラシの内容となっている。

 甲府の名所として「舞鶴公園、酒折の宮、武田神社、信玄墓所、要害山、法泉寺、愛宕山、千代田湖、動物園、善光寺、甲府葡萄郷、昇仙峡」を挙げており、歓楽郷として銀座仲町、特殊歓楽郷として穴切町、その他に映画館、デパート、ダンスホールなども記されている。



















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-04-19 18:34 | 観光案内 | Comments(0)


<< 【富士登山勝地漫画】 5 「三合目」      日蓮上人草庵跡 >>