峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 29日

甲府道祖神祭幕絵の流転

【峡中新聞 第四号】
f0191673_21151137.jpg  明治壬申(5年)11月発行の峡中新聞第四号に掲載されている、下記の「県庁布達写」のとおり、明治5年11月14日、山梨県令土肥實匡により、山梨県内各所で行われていた道祖神祭礼を取り締まるための「道祖神祭礼取締」が、山梨、八代、巨摩、都留各郡の正副戸長あて通達され、甲府城下町にあたる各町域の道祖神については、統合や寺社境内への移設が図られることとなった。

 このため、甲府道祖神祭も廃止され八日町、柳町、緑町、魚町、連雀町など各町内ごとに物語絵や名所絵などの画材を決め、江戸、京都の絵師により描かれた、甲府城下町全体で数百枚が存在しという飾幕絵もその役割を終え、処分、転用されていったという。



















【峡中新聞掲載の「道祖神祭礼取締」布達】
f0191673_21151493.jpg




























【「甲府道祖神幕絵 東都名所 目黒不動之瀧」(部分)】
f0191673_21152047.jpg 現在知られている甲府道祖神幕絵は、甲府緑町1丁目で飾られた山梨県立博物館所蔵の2代歌川広重筆の「東都名所 洲崎潮干狩」(山梨県指定文化財)、甲府柳町4丁目で飾られた県外個人所蔵の歌川芳年筆「太閤記 佐久間盛政 羽柴秀吉を狙ふ」及び「東都名所 目黒不動瀧」の3枚である。

 写真は「東都名所 洲崎潮干狩」と同様に山梨県指定文化財として山梨県立博物館が所蔵する「東都名所 目黒不動瀧」の飾幕絵である。

 甲府緑町1丁目の甲府道祖神祭幕絵は江戸名所を題材としたものであり、「東都名所 目黒不動瀧」も甲府緑町1丁目で飾られた飾幕絵の1枚であり、明治5年の「道祖神祭礼取締」による道祖神祭の廃止後、少なからぬ流転を経て平成17年度に県外の個人所蔵者から山梨県立博物館が購入し、山梨県指定文化財として同館が所蔵、現在に至っている。


【甲府市緑町の地籍図】
f0191673_21295582.jpg  甲府緑町1丁目の飾幕絵は明治5年の道祖神祭礼廃止後、町内の何軒かに分けられ、その内の「東都名所 目黒不動瀧」は甲府緑町15番地の米穀肥料卸商の平原家(甲府市緑町地籍図の赤書で囲んだ位置)が譲り受けることとなった。

 同家では祭礼の幕絵であり日常の使い道もないため、同家の屋敷神の祭りの際に使用していたが、後年、それを見た甲州財閥の若尾家三代目である若尾謹之助が、大正3~4年頃に浮世絵の研究資料にしたいとの意向から、平原家から譲り渡されたという。

 その後、昭和恐慌による若尾家の没落により、昭和5年に同家の整理がなされた際に人手に渡った後、東山梨郡塩山町(現在の甲州市)の某旧家が所蔵、その後、昭和11年の春頃に東京市の浮世絵商が所蔵することとなった。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-29 23:19 | Comments(0)


<< 柳町の勧工場と祖師堂      甲府道祖神祭礼幕と目黒不動 >>