峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 01日

石和の小松農園のこと

【小松遊覧農場の案内チラシ】
f0191673_17311937.jpg 小松農園は石和(現在の笛吹市)のJRAの場所にあった遊覧農場であり、その正式名称は小松遊覧農場であった。

 明治40年の大水害により笛吹川の本流が現在の流れに変わり、かつての笛吹川は廃河川となり、荒廃した土地を開拓した後に開設された施設が小松遊覧農場であり、山梨県内においては通称「小松農園」として親しまれていた。
 石和温泉は昭和36年1月24日の温泉噴出がその始まりであるが、先日の新聞記事(「やまなし戦後70年の軌跡 3」)によれば、小松農園では昭和31年9月に約30度の温泉が噴出しており、その温泉を約40度に加温した上で、農場内の「葡萄温泉」として利用していたという。
 チラシに写る建物は、葡萄温泉に付設された「大ローマ風呂」である。











【小松遊覧農場案内図】
f0191673_17312497.jpg 小松農園の敷地内には、案内図のとおり葡萄温泉の他にも遊園地や大食堂等の施設が設けられ、後年は動物園やイベントホールも建設されている。

 価値観の異なる現在にはそぐわない可能性もあるが、小松農園は大人も子供も楽しむことができる山梨県内の一時代における遊覧施設であった。





























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-03-01 22:17 | Comments(1)
Commented at 2015-03-05 17:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 特別展 富士山 「江戸・東京と...      旧山梨県庁舎と前庭 >>