2015年 02月 28日

旧山梨県庁舎と前庭

【旧山梨県庁舎(現在の県庁別館)】
f0191673_14374662.jpg 昭和5年に竣工した旧山梨県庁舎(現在の県庁別館)の耐震改修工事がほぼ終了したとの報道があった。
 本年4月の[山梨近代人物館」開館に合わせ、同館として使用公開される庁舎2階の旧知事室、3階の旧正庁などは、調度品も含め竣工当時の姿に復原改修されるという。

 写真は昭和30年代初め頃の旧山梨県庁舎である。
 庁舎の右端2階が旧知事室、庁舎正面3階が旧正庁である。
 元山梨県庁職員による、『回想「県庁歳時記」』吉田三郎著(昭和51年刊)には、正庁について次のよう記している。
 「正庁とは何か、知っている者は今県庁内でも数少ないと思う。旧館の三階にある農地課が現在使用している部屋がそれである。知事が司宰するすべての儀式、訓示、それに貴賓の接遇などに使用し、平素は開かずの扉を持つ県庁内で最も神聖な所だ。だから部屋の構造や扉なども、他の事務室などとは趣を異にしている。確かシャンデリア風の照明灯を配し、周囲の壁なども音響効果を考えて作られていたように覚えている。四大節には、会計課の金庫から恭しく御真影を頭上に捧げて運び、中央北側の一段と高い処に安置する。知事は胸部を金モールに飾られた大礼服に羽をあしらったナポレオン帽、ほんとうに偉い人に見えた。」



【昭和10年代の旧山梨県庁舎】
f0191673_14375344.jpg 県庁別館は竣工以来、その外観はほぼ旧観を保っているが、別館庁舎前に前庭が建設されたため、庁舎前の空間は現在とその趣が異なっている。
 前庭は昭和39年4月に、昭和29年から10数年の歳月をかけた野呂川流域総合開発事業を記念し、野呂川渓谷をイメージした「白鳳の庭」として建設されたものであり、石は全て白鳳渓谷の広河原から運搬し、樹木は県内外から移植したものだという。

 










 

【旧山梨県庁舎と前庭】
f0191673_14375906.jpg 写真左側の植栽が、県庁別館前の前庭である。
 今後の県庁整備の中で、前庭は撤去され広場化が図られるようである。

























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-02-28 15:54 | Comments(0)


<< 石和の小松農園のこと      明治期における種痘と種痘済証 >>