峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 31日

穂坂国民学校 奉安殿

【穂坂国民学校の奉安殿】
f0191673_22070968.jpg 穂坂国民学校(現在の韮崎市立穂坂小学校)の奉安殿として使用されていた、「朝穂堰水配役人詰所文庫」である。

 朝穂堰は享保3年7月に完成した、総延長約15㎞キロメートルの堰である。
 堰の取水口と流末には幕府からの役人が駐在し、ここ三ツ沢に詰所が設置されている。
 写真の高石垣の文庫は、関係4ヵ村の夫役の提供により、その詰所屋敷の一角に建てられたものである。

 維新後の明治6年には山梨県布達により朝穂堰に関する官費支弁が廃止となり、その運営が民営となったことから、三ツ沢の詰所は不要になり、その後は穂坂尋常小学校、穂坂国民学校の奉安殿に転用され、終戦後の御真影奉還まで奉安殿とされていた。






【奉安殿正面】
f0191673_22071719.jpg この建物は、昭和46年7月10日に「朝穂堰水配役人詰所文庫」として韮崎市指定の文化財に指定されている。





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2015-01-31 22:46 | 奉安殿 | Comments(0)


<< 中央本線 日野春駅      十日市場公会堂 >>