峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 30日

濁川の庄塚

【甲府市西高橋町 濁川左岸の庄塚】
f0191673_14115177.jpg 甲府宰相徳川綱豊が甲府藩主であった元禄7年に代官触頭として着任した桜井政能(孫兵衛)は、濁川の水害に悩まされ、大雨の際は舟でなければ身動きが出来ないばかりではなく、一帯に池沼が多いため、穀物が不作で住民の苦しみが絶えなかったという、現在は甲府市となっている、蓬沢村、西高橋村など諸村住民の哀訴を聞き入れ、山口勘兵衛(素堂)の協力を得て、元禄9年に西高橋村から落合村までの凡そ2100余間の堤防を築き、濁川の流れを笛吹川に合流させるなどの改修工事を完成させている。

 当該地域の住民は桜井と山口の徳を称え、桜井霊神、山口霊神の生祠を堤上に併祠し、同地が一条庄と油川庄との境界にあたることから庄塚と云われている。



 






【桜井政能の生祠】
f0191673_14115836.jpg 

元禄9年の改修工事完成後119年が経過した文化11年12月に完成した、『甲斐国志』巻之四十三古跡部第六「庄塚碑」には「「桜井霊神」と称する生祠を塚上に建て、側に「山口霊神」と称する石塔もあり、後年に祠の前に地鎮碑が建てられた。」旨が記されているが、現在は「桜井霊神」である桜井政能の生祠のみが残され、「山口霊神」の石塔は失われている。
 

現在残されている桜井政能の生祠には、その正面に「桜井社」、祠の裏に「享保十八癸丑十二月十四日建之 山梨郡 願主 蓬沢村 西高橋村」の文字が刻まれている。(桜井政能は享保16年に逝去しているため、現在残る生祠は、当初建立されたものとは異なり、後年再建された石祠と思われる。)
 










【濁川改修地鎮碑】
f0191673_14112821.jpg 桜井政能は享保16年1月14日に83歳で逝去している。
 桜井の逝去後、将来その由緒が忘れ去られることを恐れ、この石碑が建立されている。
 石碑には建立年月として「元文戌午七月」、建立者として「齊藤六左衛門藤正辰立」の文字が刻まれている。 
 戌午の歳は元文3年にあたり、桜井の逝去後5年目の年にあたる。
 また、建立者の齊藤六左衛門正辰は、桜井政能の兄政蕃の孫に当たり、当時は幕府勘定方であった。























【庄塚碑全景】
f0191673_14113675.jpg 庄塚碑が当初建てられていた位置は、濁川の大改修に伴い川筋となったため、昭和15年頃に東側の畑地に移されていたが、埋立処分地整備事業に伴い平成15年に現在の場所に移されている。
 





















にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。



by kaz794889 | 2014-11-30 16:26 | Comments(0)


<< 大塚邑水路新造碑と中井清太夫生祠      明治天皇円野御小休所跡 >>