2014年 11月 16日

甲府葡萄郷 愛宕園

【甲府葡萄郷 愛宕園の案内パンフレット】
f0191673_15581691.jpg 
甲府葡萄郷において営業を続ける観光遊覧葡萄園の一つである「愛宕園」の昭和30年代の案内パンフレットである。
 
 パンフレットには愛宕園について、「愛宕園は身延線金手駅前にあり甲府駅より東へ数町、最も近く、甲府市の自然公園と云われて居る愛宕山山麓にあり、眺望よく、棚下のベンチで、宝石のように美しく熟した葡萄を賞味しながら、足下に展開する復興なった山都 大甲府市を始め・・・」と記されている。

 善光寺町、東光寺町を中心とした甲府葡萄郷における最初の観光遊覧葡萄園は、昭和7年に自家経営の葡萄園を一般に開放した「甲葡園」(現在も「こうぶえん」として営業)と云われ、終戦後観光が盛んになると、地域の事業者により昭和26年に「甲府ぶどう郷観光協会」が組織され、現在に至っている。
 最盛期には「愛宕園」や「甲葡園」など20件ほどの葡萄園業者が加盟していたが、現在は7件の業者が加盟していたという。
 























【パンフレット記載の案内図】
f0191673_14483882.jpg 愛宕園への案内図である。愛宕山山麓に位置する愛宕園には、甲府駅から徒歩か身延線金手駅で下車すぐである。
























【現在の愛宕園入口】
f0191673_14473870.jpg 現在の愛宕園の入口である。
 写真のガードレール下はJR中央本線及び身延線の線路である。






















【愛宕園附近からのJR身延線 金手駅】
f0191673_14560217.jpg 愛宕園附近から見た、最寄駅のJR身延線金手駅である。

























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-11-16 15:34 | Comments(0)


<< 甲府愛宕町 精乳舎      明治天皇菅原行在所跡 >>