峡陽文庫

kaz794889.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 26日

太宰治と甲府 4 【御崎町の太宰治碑】

【御崎町の太宰治碑】
f0191673_14414816.jpg 昭和14年1月6日に太宰治は甲府市竪町93番地の寿館から、石原美知子との結婚後の新居となった同市御崎町56番地の建築請負業、穐山浅次郎の貸家に転居し、同年9月1日に東京府北多摩郡三鷹村下連雀113番地(現在の東京都三鷹市)の借家に転居するまでの8か月居住している。
 御崎町の太宰治記念碑(甲府市朝日5-8-11)は御崎町56番地の一角に平成元年6月11日に建立されている。
















【太宰治碑建立記念冊子】
f0191673_14421960.jpg 「太宰治僑居跡」と刻まれた御崎町の太宰治碑は、約400名からの募金によって集められた資金により建立され、平成元年6月11日に除幕式が行われている。
 写真の冊子は記念碑建立を記念して序幕式当日に配布されたものである。



























【昭和10年代の甲府市御崎町の地籍図】
f0191673_14423385.jpg 御崎町56番地(青字で囲んだ位置)は、旧制甲府中学校(現在の山梨県立甲府第一高等学校)に通ずる道に面しており、同番地右側の交叉点を北上すると甲府陸軍病院、歩兵第49連隊など陸軍の施設が置かれていた。




















【現在の御崎町56番地】
f0191673_14415826.jpg 記念碑後方の一画が御崎町56番地であり、写真に写るレンガ敷を進んだ奥に太宰が居住した借家が建てられていた。























にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山梨情報へ ブログをご覧いただきありがとうございます。峡陽文庫のブログ運営の励みとなります、ご覧の都度1日一回、左の『「山梨情報』をクリックいただけますようお願いいたします。

by kaz794889 | 2014-10-26 15:39 | 太宰治と甲府 | Comments(0)


<< 「忘るな、北杜の災害記憶」展      吉田初三郎の描く 夜の(甲府)... >>